お久しぶりです、よっしーですヽ(・∀・)ノ
こないだの連休、関西は天気が怪しかったのでロード積んで車で東へ!


image

image

サービスエリアで深夜に浜松ギョーザ食べながらー


image

Oh!!FUJIYAーーーMA!!!!!

ということで、富士北麓駐車場に到着!
1日1000円で駐車できました( ・∇・)
ここから富士スバルライン料金所を目指します!

駐車場から4㎞ちょっとで料金所なんですが……


ずーーーーーっと上り!!!

勾配は6%前後ぐらい…………やと思うんですが、4㎞っていえば峠一個分ぐらいありますからね。
何がまずかったって、スバルライン入ってないのにへばるわけにはいかんと思い、序盤アウターで踏んでしまったこと。
結果的に料金所で思いっきり休憩することに( ;∀;)
ちなみにこの料金所までの坂の途中、走行音が音楽に聞こえるメロディーロードがあります!
50㎞/hで走行すると音楽が聞こえるそう!
帰りに試そうヽ(・∀・)ノ


image


さあいよいよやってきました、富士スバルライン!
料金所からゴールの5合目まで24㎞、平均勾配5.2%、標高差は1255m。
最大勾配は7.8%(もっとあった気がする)と、勾配だけ見ればなんてことないですが、問題は24㎞とかいうバカみたいな距離
まあタイムうんぬんよりも完走が目標なんで、ゆっくりゆっくり上がっていきます。


image

image

image

image

いやー、なんていいとこなんだ!!!
道の方向によっては眼前に富士山がそびえ立ちます!

道のそばの草むらには5合目までの残り距離数を示すポールが100mおきに建っていますが……


全然数字減らねえなおい!!!!!

また、1㎞おきにでっかいポールが建っていて、側面に勾配が書いてます。


image

image

image

2合目と3合目の間、樹海台駐車場やったかな?
ここで休憩!
青木ヶ原樹海を望むことができるらしいのですが、この日は代わりに見事な雲海が( ・∇・)
だらーっと休憩して、再び出発!


image

もうここらへんで写真を撮る元気がなくなってきてます( ・∇・)笑
長い…………
途中、チェーン落ちしてたローディーさんを手伝ったりしながら…………


image

image

4合目の手前、大沢駐車場に到着!
ここでまたもや大休憩( ・∇・)笑
先ほどお手伝いさせていただいたローディーさんやパナチタンに乗った渋いおじさんとしばしご歓談\(^o^)/
しーーーっかり休憩してから出発!


image

image

image

こっからがとにかくきつかった!
かなりきつい勾配が続く…………んですが、1㎞ごとに出てくるデカイポールによると、6%とか4%しかないって書いてるんですよねー(;・ω・)
序盤は逆に「これで6%?楽勝やん!」とか言いながら上がってたのに…………

しばらく登っていくと、突然平坦になります!
私の足でも25㎞/hで巡航できるぐらい\(^o^)/
しばらくいくと、残り500mのポール…………
そして!!!


ハンパじゃねえ激坂!!!
多分8%ないけど

そしてその激坂を越えれば………………


image

ゴーーーーール!!!!!

いやー、嬉しい!
無事辿り着けました!!!
所要時間?
えー………………



4時間。

まあ時間はなんでもいいんだよ!笑


image

image

image

人が多過ぎて多分、てっぺんが一番滞在時間短かった( ・∇・)笑

あとは楽しい楽しいダウンヒル……なんですが。


なげえ!!!!!笑

24㎞下りっぱなし、おまけに登りの時は大して思わなかったですが、道が悪いしバスも通りまくる!
無理せず休憩を挟みながら下りましょう!

あ、行きに見かけた料金所の先のメロディーロード、50㎞/hは怖すぎるので40㎞/hちょいで突っ込むと………………




ただの洗濯板みたいな舗装やんけ!!!!!笑

音楽が聞こえるどころか命の危険すら感じる洗濯板っぷりなんで、皆さんゆっくり突っ込みましょう( ・∇・)笑


ということで、富士スバルラインクライム終了!
実は私、何年か前に5合目からてっぺんまで富士登山したことあるんですヽ(・∀・)ノ
なんで、富士山上から下まで制覇完了!笑
まあ登山したときの感想はタイトルにある通り、富士山は登るもんじゃねえ眺めるもんや!!!ってもんやったんですが(^^;

スバルラインはほんまに面白かったです!
勾配も緩いし、休憩挟みながら行けば初心者でも問題なく行けるでしょう!
また行きたいです!

いくつか注意点を……。
大沢駐車場や5合目には自販機や売店がありますが、ゴミ箱がありません。
ポケットに入れるかバックパックを持参しましょう!
またマイカー規制中でもかなりバスが通ります!
しっかり後ろに気を配りながら走りましょう!
あと、さっきも書きましたが下りが何より危険です。
無茶をせず休憩を挟みながらゆっくり下りましょう!
私のように肉を着込んでない人は防寒具を持っていくのも忘れないように( ・∇・)笑

以上、楽しい楽しい富士スバルラインでしたーヽ(・∀・)ノ

image


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

こんばんは、よっしーです( ・∇・)
完全に放置してましたー( ;∀;)
実はこの記事の件も結構前の話なんですが、ヴィットリアホイールの検索でこのブログに訪れて下さってる人が結構いるようなので、頑張って書きました( ・∇・)笑

私が年始に購入したホイール、ヴィットリア イリュージョン。
ちょっとトラブルめいたことがあり、また半年程経過したこたもあり色々書いていこうと思います。


こないだから少し気になっていたのが後輪が振れてきたこと。
初期振れというやつでしょうか?
走ってても何も気付かないレベルやったんですが、やはり気になるので購入したショップへ。

この時初めて知ったんですが、きっちりとした精度を出すためにはホイールやスプロケは外していくべきやったんですね!
とりあえず外すのもまかせて預けてガーミンとにらめっこ( ・∇・)笑

30分ぐらいしてからでしょうか?
店員さんが、「振れとり作業自体は終了しましたが、少し気になる点が……」と言いながらやってきました。
リムテープのことだそうで、見せてもらうと…………


ボッコボコ!!!

正直よくパンクせんかったな(いや、そういや一回スローパンクしたな!?!?) ってレベルでリムホールの痕がくっきりと(^_^;)
実はこのリムテープ、元からついてたやつやったんです。
店員さん曰く、かなり薄いリムテープだそうで…………
一度調べるとのことでいったん預け、次の週に取りに行き、かなり頑丈というシュワルベの19㎜幅リムテープをセットしてもらい引き取ってきました。

ただ、同じホイールを別のとこで購入したある方はリムテープが貼っていなかったそうなんですよね(゜_゜)
なのでよくわかんないですが、このホイールを購入した時に黒いリムテープがあらかじめ貼ってあったという方は一度調べた方が良いかもしれません!
ちなみに私は空気圧7.5~8barで使用してました。


さてさて、続いてはインプレめいたものを。
とはいえ多分まだ1000㎞行くか行かないかぐらいしか走ってないこと、評価対象がwh-r501-30しかないこと、そして貧脚メタボであることをご了承ください( ・∇・)



・軽さ

持ち上げたりひっくり返したりするとはっきり軽いです!!!
走ると

「あーー……うん…………なんか軽い!」

こんな感じです( ・∇・)



・剛性

いろんなとこで剛性の塊みたいなこと書かれてるこのホイール。
走ると

「あーー……うん…………なんかキビキビする!」

こんな感じです( ・∇・)



・ラチェット音

これだけははっきりわかる。


爆音。

私は大好きです( ☆∀☆)



・転がり抵抗、回転性能

まあ自分ではわかりません!!!
ただ、淡路島走ったときに後ろ走ってたツレが「そのホイールめっちゃ回るな!」と言いながらついてきてました。
どうやらゆるい下りで私は足を止めてるにも関わらずちぎられてたみたいです。
ちなみにこちらのタイヤはヴィットリアオープンコルサCX3、ツレはwh-r501にミシュランプロ4という組み合わせでした。

え、体重の差!?!?!?
キコエナイキコエナイ………



・巡航速度

これもなんとも………
正直なところ、ホイール交換よりフィッティングを受けてサドル高をあげた時の方がてきめんに効果があったと思います。



・ヒルクライム

よく行ってる清滝峠。
自己ベストは鉄ゲタ装着時です。
まあしばらくイリュージョンで清滝行ってないので今行けばわかりませんが、逆に言えば
頑張れば鉄ゲタで抜ける程度の差しかありません。


・ロングライド

よく言われるのが硬いホイールは足にくるということ。
雑誌のインプレでも、イリュージョンでロングライドは行きたくねえ!!!とか書かれてました。
あくまで勝手な私のイメージですが、「◯◯のホイールと●●のホイール、◯◯のホイールの方が硬いからしんどいな」みたいな相対的な評価なのかなーと。

このホイール履いて1日170㎞走りましたが、「このホイール履きたくねえ!!!」とはなってません。
むしろ疲労感は少なかったような………
ですが、もし私の中の経験にもっと乗り心地が良くてもっと柔らかく足に優しいホイールがあれば、そっちの方が良い!となるのかもしれません。

もちろん私が鈍すぎる、たまたま脚質に合ってた、もしかしたらインプレ書いてる人の言うロングライドは300㎞からやから、等々あるかもしれませんが、「このホイールめっちゃカッコいいし一番欲しいけどロングライドしんどいって書いてるし止めとこ」って私のような初心者の方が思うのはもったいないと思います。

ちなみに乗り心地もラテックス+コルサのなせる技なのか全然平気です( ・∇・)



・まとめ

あれ?
ここまで書いてきたけどざっくり言うと


・よく分からん
・ホイール買ったのは時期尚早やった

ってことじゃねえ!?!?







その通りだよ( ・∇・)

というかまあ、それも真実ですが後悔はしてないし買って良かったとは思います。
あくまで私の感想ですが、

「違いはなんとなくしか分からんけど、間違いなく楽しいホイール」

軽さや剛性、回転性能などはっきりとはわかりませんが違うことは確かです!
その少しの差がとても楽しいですね( ・∇・)
それにモチベーションアップにも繋がりますしね!
ロードに乗る理由の1つに「このホイール履きたいから乗ろう」ってのが増えました。笑

ただ、巷でよく言われる「ホイール変えたら世界が変わる」とまではいかなかったですね(^_^;)
私の体感ですと、フィッティング>ホイール交換でした。

ここまで長々と書いてきましたが、これはあくまで貧脚初心者の感想ですので話し半分で聞いていただければ………
1つ言えるのは



機材の前にまずエンジン!!!

これにつきますな( ・∇・)

こんばんは、よっしーですヾ(・◇・)ノ
先日の日曜日はまたまたあげどうふさんとそのお連れさん、そして私の連れのはじめましてから一向にブログを更新してないテンパッパくんとのライド!笑

目的地はあげどうふさんが以前ブログにもあげていた奈良の美味しそうな洋食屋さん!
ありがたいことにあげどうふさんがルートを引いてくれてました\(^o^)/


image

このルートの題名にもあるように水越峠、金剛トンネル奈良側という2つのヒルクラスポットを越えるルート!
以前の私ならルートを見ただけて冷や汗が流れる状態。
でも、ここ最近の私は毎週清滝や傍示峠に練習に行っとるんですよ!

先週の金曜日の夜も、以前一緒にライドしたビオさんとテンパッパくんと清滝アタック!
最近追い込んで走ってないからめっちゃ遅いよと言っていたビオさんには案の定1つ目の高架までにちぎられましたけど、この日も自己ベストをわずかながら更新し何より!!!
何があっても勝てなかったテンパッパくんを打ち破るのとに成功!!!
普段あまり乗ってないとかこの日はもともと筋肉痛でボロボロやったとか序盤ビオさんについていこうとして即座に足が売り切れたとかあったみたいやけど勝ちは勝ち!!!笑
こんな時じゃないと一生勝てんのじゃい!!!笑


image

帰りしなにお約束のビオさんショット\(^o^)/笑
ビオさん、遅くに付き合っていただきありがとうございましたー!

まあそんなこんなで速く走れる自信があるとまではいかないまでもサクッと登れるんじゃないの?って思ってた訳ですよ( ・∇・)


image

ということでライドスタート!
この日からニューアイテム、パールイズミのクイックビブショーツを導入したんですが肩が気になってしょうがない(゜ロ゜;


image

程なくして水越峠の看板が!
実は関西ヒルクライムにのってる水越峠コースはこれのかなり手前(というかこの時点で半分以上終わってる?)から始まってたんです。
とりあえず水越峠のデータを関西ヒルクライムTTさんよりいただきます。

標高差 :401m   
距離 :7.0km
平均斜度:5.7%  
最高斜度:約10%?


この看板の先を右に曲がるとそれまでよりやや勾配がきつくなります。
とはいえ、6~7%程度らしいのでそこまでしんどいもんではありません。
しかし!!!

前述したようにこの日の私は訳の分からん自信をもってます。
しかもあげどうふさんとそのお連れさんと本格ヒルクライムしたのはこの日が初めて。
せめてついていこうと頑張って踏んでた(それでも遅い)こと、そして気温と日差しにやられもうヘロヘロ………………


image

命の危険を感じながらも足つき無しクリア!!!
みなさんお待たせしました………( ;∀;)


image

image

image

水越峠のゴール地点には湧水が湧いてます!
とりあえずボトルに汲んで頭から被りました( ・∇・)

というか、夏場は2ボトルで1本は被るようの水を入れとくって話いろんなとこで見たり聞いたりしてたけど、いります?って思ってたんですよね。


必需品だわあれ。

水被ったとき「今から下り!!!笑」ってつっこまれたけど、はなからダウンジャケット着てるような肉体なんで無問題。

奈良側へ下って行くんですが、これが気持ち良かった!!!
景色がめちゃくちゃ良いんですよ( ☆∀☆)
止まって撮影してる暇はなかったですが、登った甲斐がありました!

下りきったあとは平地を走りお目当ての洋食屋さん………はまだ開店前やったんで、お隣のパン屋さんへ!


image

ヤムヤムというお店です!


image

サイクルラック完備!
ありがたやありがたや<(_ _*)>
並んでるパンはどれも美味しそう………!
決めきれんけど、この後もヒルクライムあるしあんまり食ったらヤバいし1つにしよう………って思ってたんですが、みんな2つ3つ選んでたんでカレーパンとデミグラスソースがかかったホットドッグみたいなのをチョイス!


image

写真撮ってねえわ\(^o^)/笑

腹大丈夫かな?と思いつつも食べ始めると美味しすぎてサクサクいってしまいました!
美味しすぎて何とか持って帰る手段を考えるぐらい( ・∇・)笑
また来たいです!

さて、隣の洋食屋さんが開いた時間になったんですが、今にも雨が降ってきそう。
相談の結果、諦めて帰りましょうということになりました( ;∀;)
雨の中ダウンヒルは勘弁ですからね(^_^;)
残念ですが、また来るとしましょう!

さて、ヤムヤムさんから出るとすぐに金剛トンネル奈良側というヒルクラコースに入れます。
ちなみに関西ヒルクライムTTさんのデータは

標高差 :395m   
距離 :4.5㎞
平均斜度:8.7%  
最高斜度:25%


という魔界っぷりですが、これは旧道をひたすら走り途中で310号線に合流するルート。
今回は最初から310号線を上がるルートを選択。
最高斜度25%は310号線に合流する直前にあるので、このルートなら通らないことになります。
以前下見ライドをしてくださったあげどうふさんによると、水越峠より距離は短いけどしんどいそうで。

水越峠で命が燃え尽きそうになったので、今回は己のペースを死守することを優先します!


image

image

これ、確かスタート直後の写真ですが早くもちぎれかけてます( ・∇・)笑
でも気にしない!

ヒルクライムは己との戦いですヾ(・◇・)ノ


image

image

たまに良い景色が望めます!
このルート、バイクがメチャクチャ通りますね………

しばらくのぼって行くと、3人が止まってました。
どうやら旧道との合流ポイントのようで………
つまり。


眼下に25%の激坂が(゜_゜)

これは誰か上ってもらって写真撮らねばならんでしょー!みたいな話になったんですが何故か私が下って行きます


image

激坂写ってねえじゃん!!!笑

スタート出来る気がしなさすぎてあげどうふさんに押してもらいましたが、なんとか上りきった!!!
まあ20mぐらいだけですけどね(^_^;)

せっかくなんでもう一人チャレンジしてもらいましょう( ・∇・)


image

よく一人でスタート出来たな(゜_゜)

ということでテンパッパくんも登坂成功!!!
あげどうふさんとお連れさんは棄権(゜ロ゜;笑

なんか無駄に足を使った気がしますがヒルクライム再開!笑


image

image

image

なぜか私が先頭で再スタートを切りましたが、もちろんすぐにちぎれます( ・∇・)笑

しかしここ、十分長い!!!
「牧野小学校前」という交差点からスタートしたんですが、ゴールまで7㎞ほどありました(^_^;)
ちなみにヤバイ程の激坂はなく、6~10%ぐらいの坂が延々続く感じです。
安全マージンをとりすぎるほどとった結果、水越峠よりはるかに楽にゴール出来ました!


image

image

image

みなさんお待たせ!
ゴール地点はなかなか景色が良い………ですが金網が邪魔(;_;)

さああとは下るだけ!
なんですが………………


image

金剛トンネルを越えて大阪側に少し下った先に………これ何屋さんなんやろ?
なんかあります( ・∇・)笑
ここではー………


image

とても美味しい煮込みこんにゃくをいただくことが出来ます!
結構ピリ辛なんで、辛いの苦手な人は注意!
テンパッパくんは悶え苦しんでました\(^o^)/笑
ちなみにあげどうふさんは前来たときカラシつけすぎて面白いぐらいむせたらしいんでそれも注意!!!笑

とてもフレンドリーなお店のおばちゃんにお礼を言ってダウンヒル再開( ・∇・)

しかし大阪側、長い!!!
10㎞はゆうに越えて下り続けます。
大阪側は長い分斜度が緩く、景色の良い道が続くのでこちら側も面白いかも!
あとは少し平坦を走りスタート地点まで帰還( ☆∀☆)
目的の洋食屋さんには行けなかったですが、ゴール直前で雨が降ってきたのでむしろ正解でした。

走行距離は57㎞と短かったですが、大半が山道やったので密度の濃い楽しいライドができました(゜▽゜*)
洋食屋さんも気になるけど、何よりあのパン屋にもう一度行きたい!

それにしても己のヒルクラスキルの低さに改めて脱帽ヾ(・◇・)ノ笑
しかし、帰りの金剛トンネル奈良側は遅いながらも足を使いきることなく上ることが出来たので、ペース配分という意味ではスキルアップしてる………のか?笑

なかなか皆さんを待たせるライドとなりましたが、もはやどうしようもないことが判明したのでこれからも開き直ってグループライドに参加していきたいと思います!笑
あげどうふさん、お連れさん、ついでにテンパッパくんもありがとうございました\(^o^)/
とくにあげどうふさんにはルートを引いてもらったうえに結構な割合で先頭を任せてしまいました(;_;)
ホンマにありがとうございます!
またみなさん行きましょい!!!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ