ルネサンスのセレブたち

歴史・美術・本。ネクラな趣味に生きるローマ在住ジャッポネーゼ

シエナ アンブロージョ・ロレンツェッティ展

IMG_0155
行ってきました。アンブロージョ・ロレンツェッティ展!


シエナで開催されている「アンブロージョ・ロレンツェッティ展」に行ってきました。

昨年の秋から行われていたロレンツェッティ展、どうしても行きたいと思っていたのですが、まさにぎりぎりセーフで鑑賞できました。
私の家にある書籍のカバーには、ロレンツェッティが描いた「善政の寓意」がよく使われています。
前回シエナを訪れたときには、私は発熱をしていてせっかく見学したドゥオモの美術館もまばらにしか覚えていません。

今回はしっかり目に焼きつけよう、と勇んで行ってまいりました。

続きを読む

音楽とともに広がる情景


IMG_0392
2016年の夏に旅したロマーニャ地方のサン・ピエロ・イン・バーニョ。この辺りからアドリア海へ抜ける道々の光景が、なぜかパールジャムの曲を聴くと浮かんできます。



昨年から、イタリアのワイン業者についての説明を翻訳する仕事をしています。
下戸だからってワインの仕事をしてはいけないなんて掟はないのだしくらいに思ってはじめた仕事ですが、イタリアに星の数ほどあるワイナリーは歴史が中世から始まっていたり、名門貴族や侯爵が名を連ねていたり、とんでもないカリスマが登場したりとにかくドラマ。
説明をぼそぼそと読んで翻訳するつもりでいたのですが、まるで小説を読んでいるような気分になってきます。
というわけで、この仕事をするときのBGMはもっぱらドヴォルザークやエルガーやサン=サーンスのチェロ協奏曲です。大河ドラマ風の大仰な音楽ならば、1200年代から始まる歴史だろうが4人の侯爵が携わったワイナリーだろうが気持ちを盛り上げてくれるから助かります。それもやはり、お行儀のいい上品なロストロポーヴィチより、がつんがつんと響いてくるデュプレがいいんですね。風邪を引いて寝込んでるときは、ロストロポーヴィチの優しい旋律がありがたかったのですが。

続きを読む

病み上がりのローマ散策

20180107_171935
ローマ近郊に住みながら、最近はローマをのんびりあることもなかった怠惰な私。久々に、カラヴァッジョを見てきました。


まったく、この冬休みはひどい風邪を引いてほとんど寝込んでおりました。
11月の終わりに引いた風邪も長かったけど、まさかそれから1ヶ月もしないうちにまたこんなひどい風邪を引くとは。
12月26日の夜から引いた風邪はまだ完治せず、咳はごほごほ、鼻もずるずるといった状態ですが、いいかげん家でおとなしくしているのもイヤになりました。
冬休み最終日、天気も曇っていてはなはだ気分は盛り上がりませんでしたが、夕方からローマを散歩してきました。続きを読む

あけましておめでとうございます

DSC_0921


みなさま、あけましておめでとうございます。
2017年は、途中からブログは放棄しておりました。子供が大きくなると自分の時間がほとんど取れなくなってしまい、じっくり読んで書いてという楽しみもしばらくはお預けです。
希望を持って前に進もうとしてどん底に落ち、それでもまた新たな希望を感じて前に進んでまた行き止まりという繰り返しであった2017年でしたが、どん底に落ちてもまたはい上がれる力が自分にはまだあると実感できたことはありがたいなあと思います。
2018年も七転び八起きで頑張ります。

クリスマスも年越しも相変わらず大食地獄だったのですが、私はひどい風邪を引いて年末年始は嗅覚味覚ともに麻痺したままです。2017年の12月は、私の人生で最もたくさんのラザニアを食べた1ヶ月でした。しばらくはラザニアが頭に浮かぶだけで食欲がなくなりそう。
お正月は姑の家に梅干し入のおにぎりを持参し、ごちそうとは無縁に過ごしました。
今年のイタリアの風邪はやたらに長引くのが特徴ですが、私も治らない風邪にイライラしながら「これも厄落とし」と言いきかせているところ。

皆様にとっても、どうかご健康で幸多い2018年になりますように。



にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ジモモ ローマ

「裸のモナリザ」のニュース

CUswRnZ8
コンデ美術館に所蔵されていた「モンナ・ヴァンナ」と呼ばれる女性像。ルーヴル美術館の研究所の調査で、レオナルドとの関わりが明らかになってきました。



2019年はレオナルド・ダ・ヴィンチの500年忌ということで、イタリアでもさまざまなイベントが政府の大々的な協力のもと始動しているようです。

レオナルドのニュースはコンスタントに新聞に登場しますが、本日はフランスからのニュースです。

世界で最も有名といってもよいレオナルド・ダ・ヴィンチ作「モナリザ」。(イタリアでは「モンナ・リーザ」と発音します)
その「モナリザ」ヌード版と思われる木炭画が、それを所蔵していたシャンティイのコンデ美術館から、絵画に関する研究機関を有するルーヴル美術館に移されました。最新技術による調査を受けるためです。

その結果は、どうだったのでしょう。続きを読む

レオナルド・ダ・ヴィンチ作「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」に隠された謎

ジネヴラ・デ・ベンチ
20代前半のレオナルドが、1475年頃に描いたといわれる「ジネヴラ・ダ・ベンチの肖像」。富裕な銀行家の娘であったジネヴラには、隠れた悲恋があったのだとか。アメリカのワシントン・ナショナル・ギャラリーが所有するこの肖像画、「アメリカのモナリザ」の別称もあります。


長い長い夏休みがようやく終わり、イタリアも学校が始まりました。
それなのに、27日まで午前中授業で帰ってきてしまう子供たち、いっこうにエンジンがかかりません。
宿題宿題と頭を抱えるのはママたちだけで、今日の宿題はなに!?と、いささかヒステリー気味のママたちのメッセージがひっきりなし、ワッツアップのメッセージ着信音がりんりん鳴りひびく日常が戻ってきました。

毎年のことながら、9月は夫は学会ばかり。
学校やお稽古ごとがはじまり、慌ただしく気ぜわしい毎日に加え、今年の9月はとにかく寒い!
昨日、ロッカ・ディ・パーパの朝の気温は6度でした。
衣替え、などと悠長なことは言っていられず、冬の衣類が入っている箱から必要なものだけ引っ張り出して着ている感じです。

芸術の秋を告げる季節にふさわしいレオナルドのニュースです。続きを読む

2017年 夏

DSC_0761
アレッツォの骨董屋さん。アレッツォは、金細工や骨董市で有名な街。



8月も終わりになり、夏の終わりのわびしさを象徴するような涼しい風が吹いています。

今年の夏、イタリアはとにかく暑かった。
幸いなことに、毎年発生する真夏の断水だけはなく、暑さしのぎに娘がお風呂で水遊びをしたりするのには問題なかったのがありがたかったです。

娘は6月は日本の私の実家で、7月はスウェーデンの義弟夫婦のもとで過ごし、夏休みを謳歌しました。
8月、夫は今年は2週間の休暇しか取らず、私の仕事の事情もあって、家族で旅行をしたのはわずかに5日間。
イタリア人には珍しく海に愛着がない夫は、今年の夏も山での休暇を計画しました。
娘の希望を入れて、「山でキャンプをする」と言われたときには青くなりました。
トレッキングシューズやトレッキングポールまで買わされたときにはいやーな予感はしたのです。普段から山の田舎町に住み、ゆえに自宅後方には広大な森が広がっているというのに、なにを好きこのんでまたアペニン山脈まで行かねばならないのか。毎年夏の私の疑問です。

昨年の夏も、カマンドリの修道院やカゼンティーノ国立公園のあっちこっちを散歩したのですが、高速をアレッツォで降りながらアレッツォの街は見ることができなかったのは千載の遺恨でした。
というわけで、望みもしないキャンプをするからには、交換条件として「アレッツォによってくれ」と私も主張したのです。
その望みは叶ったものの、まったくハードな夏休みとなりました。続きを読む

枕元において眠りたいもの

20170717_203936


先日、本屋さんに寄ったら、ある本が目に飛び込んできました。

作者はヴィットリーノ・アンドレオーリ。タイトルは『Le Forme della Bellezza』。
ふだんなら、「美の形成」なんてベタなタイトルは手にも取らない(というより、そんな観念的なテーマは読み込めない)私、しかし作者の名前には聞き覚えがある。
どこかで聞いたことあるけど誰だっけ?と、ラインで夫に連絡。
「精神医学の大家」と、即返事が来ました。
そういえば、夫がよく買ってくる雑誌『MENTE』に寄稿してるあの人か、とはっと思いだした次第。
以前に、ロレンツォ・ロットについて書いたアンドレオーリ氏の記事をいくつか読んだことがありました。
「Bendessere」という言葉を、作り出した人でもあります。「最良の生き方をするための教義」みたいな意味だと思いますが、私のイタリア語力では訳は文字通り役不足。

本屋さんの一角にある読書コーナーに座りその本を手にとって、パラパラとページをめくっていたら、もう手放せなくなってしまいました。
図版たくさん(これ大事)、読みやすい文章、美しい装丁、ダメだ、この本は欲しい。読めなくて欲しい、と思ってしまいました。
以前、なにかのエッセイで「本当の読書家は蔵書家ではない」と読んだことがありました。
本の装丁に惚れて欲しがるなんて、本当にただの浪費家でしかないのでしょう。
しかし、いいわけとしては「夫へのプレゼントにすればいいんだ」と言うことになり、当の本人からも「アンドレオーリの本ならば買っておけば?」とラインでメッセージがやってきて、これ幸い、大枚25ユーロを払ったのでした。
以前、夫に勧められて読もうと(一応努力は)したウンベルト・ガリンベルティのイタリア語の著書は、まるっきり歯が立ちませんでした。しかし、アンドレオーリ氏の文体は、この本が初心者向きということもあるのでしょうが、非常に簡潔なのです。だからこそ、ロットの記事も読めたのですが。

子供の頃、なにかを買ってもらってうれしくてたまらないと、
「お母さん、これ、枕元において寝てもいい?」
とよくたずねたものです。
あのころ、私は枕元になにをおいていたのでしょう。ぬいぐるみ、おもちゃ、本、漠然としか思い出せないけれど、人の親になって一人前に年齢を重ねても、このウキウキ気分はそのままなのでした。
本当に久しぶりに、手に入れて嬉しくてたまらないものを、文字通り枕元において寝ました。
電子書籍でどんなにステキな本を買っても、やはり味気なさはいなめないものです。

撫でたりさすったり、中を開いたり、じっと眺めたり、まったく娘が新しいおもちゃを買ってもらったときと変わらない自分に苦笑してしまいますが。

もう一つ、最近嬉しかったのはルーサー・ブリセット作『Q』の翻訳本を手に入れたことです。
まだブログを書始めた頃、夫にしきりに「読め」と薦められ、彼本人は「読み終わるのが惜しいくらい楽しい内容」と絶賛していたこの本、長らく私も忘れていたのですが、アマゾンで検索していて日本語の翻訳本を発見。
上巻下巻のうち、どちらかはもうストックがなく、新品同様ですが古本で購入しました。
「さとうななこさん」という方の訳です。この大作を翻訳してくださったことに、心からの敬意と感謝を捧げます。
感謝を捧げたいのはもう一人、いつもスターをくださるかたに。チェーホフを薦めてくださったブログのお仲間です。かれの「朗らかな読了感」という美しい言葉に誘われて、生まれて初めてチェーホフを読みました。ロシア人とは思えないほど軽快な文章が美しく、敷居の高かったロシア文学の壁を越えさせてくださったかれに、心から感謝!

同じ本を何度も読んでばかりいる私に「あれ読め」「これ読め」とうるさい夫が最近読んでいるのは、ユヴァル・ノア・ハラリという若き歴史学者の『サピエンス全史』。
いきなり「ジョーモン」時代のことを尋ねてきたので、なにごとかと思ったら、この本が原因でした。ヘブライ大学に出張で赴き、ぜんぜん分野は違うのに ( 歴史学部と物理学部 ) 、刺激を受けて読み始めたそうです。
アマゾンで見ると、電子書籍でも読めることが判明。

しかし私はまず、『Q』から制覇します。




こちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ジモモ ローマ

ミケランジェロ作「河神」、3年の修復を終えて公開へ

dio fluviale
ミケランジェロが50歳前後に制作したといわれる「河神」。そのもろさのために、50年も放置されたままでした。




夕方になって登場したミケランジェロの記事です。

ミケランジェロが制作した作品の中でも、材質の特異性から脆弱なことで知られていた作品「河神( Dio Fruviale ) 」が、3年の修復を終えてこの秋にストロッツィ宮殿にお目見えするそうです。

さまざまな新聞のニュースをまとめるとこうなります。

続きを読む

年月とともに強度が高まる古代ローマのコンクリートの秘密

portus roma
グロセートの海に残る古代ローマの遺跡。海水にさらされることで、年月とともに強度が高まるという古代ローマ時代の建築物の一例。



夏休み真っ最中です。

日本からイタリアに戻り、その一週間後には娘は義弟夫婦がいるスウェーデンに姑と旅立ちました。
それまでの一週間、私と夫の検診、娘の眼科検診、歯科検診、さらに両親のいずれもともに旅行しない未成年者の為の警察への書類申請、などなど毎日とびまわってヘロヘロでした。

毎年7月は海でバカンスを過ごす姑と娘ですが、子供が生まれてスウェーデンで過ごすことが多くなった義弟夫婦のもとで7月を過ごす、と姑が言い出したのはいつごろでしょうか。
いくらなんでも海外に娘を姑と送り出すのは私も心配で、最初は反対しました。
「なにかあっても、すぐに駆けつけられないし」としぶる私に、「なにかって、なにが起こるの?大丈夫よー」と姑。
娘は、陽気な伯父(つまり私の義弟)と自転車や船遊びをするのが楽しみで、「ママ、私は行きたい」と言い出す始末。
日本から戻り、警察への申請と書類の受け取りが間に合うのか、間に合わなかったらそれまでだ、旅立てなかったらこれ幸い、くらいに思っていた私ですが、フラスカーティの警察署は、「まったく、この時期はパスポートや未成年者の旅行許可証の駆け込み申請ばっかり」と愚痴りながらも、出発の前日にはきっちり書類を揃えていました。

最高気温は24度、朝晩は15度という義弟夫婦が住む海沿いの家で過ごしている娘は、毎日スカイプで「海の水が冷たい」「今日はピクニックに行った」「補助輪なしでもうすぐ自転車に乗れる」と楽しそうで安心しました。

娘がいない合間に、普段はなかなか手がつけられない部屋の片付けや仕事をしなくてはと気は焦りますが、家の中をすうすうと抜けていく風を感じていると、ついつい手を伸ばすのは買ったまま読んでいない書籍。
このまま、2週間などあっというまに過ぎてしまうのでしょう。

話は変わって。
ここのところ、ポンペイの新たな公開場所のニュース、またメトロC線のサン・ジョヴァンニ駅が電車は開通していないのに古代ローマの遺跡が並べられて公開されたニュースなど、古代ローマ関連のニュースをよく目にしました。
今日書くニュースは、夫が「まったく、人間が作り出す文明は進歩してるのか退化してるのか」とぼやきながら教えてくれた記事からです。

数世紀を経ても崩れ落ちない古代ローマの遺跡の数々、そのコンクリートの秘密が明らかになったのだそうです。
キーワードは、「海水」。続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

最新コメント
livedoor プロフィール
メッセージ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ