20170717_203936


先日、本屋さんに寄ったら、ある本が目に飛び込んできました。

作者はヴィットリーノ・アンドレオーリ。タイトルは『Le Forme della Bellezza』。
ふだんなら、「美の形成」なんてベタなタイトルは手にも取らない(というより、そんな観念的なテーマは読み込めない)私、しかし作者の名前には聞き覚えがある。
どこかで聞いたことあるけど誰だっけ?と、ラインで夫に連絡。
「精神医学の大家」と、即返事が来ました。
そういえば、夫がよく買ってくる雑誌『MENTE』に寄稿してるあの人か、とはっと思いだした次第。
以前に、ロレンツォ・ロットについて書いたアンドレオーリ氏の記事をいくつか読んだことがありました。
「Bendessere」という言葉を、作り出した人でもあります。「最良の生き方をするための教義」みたいな意味だと思いますが、私のイタリア語力では訳は文字通り役不足。

本屋さんの一角にある読書コーナーに座りその本を手にとって、パラパラとページをめくっていたら、もう手放せなくなってしまいました。
図版たくさん(これ大事)、読みやすい文章、美しい装丁、ダメだ、この本は欲しい。読めなくて欲しい、と思ってしまいました。
以前、なにかのエッセイで「本当の読書家は蔵書家ではない」と読んだことがありました。
本の装丁に惚れて欲しがるなんて、本当にただの浪費家でしかないのでしょう。
しかし、いいわけとしては「夫へのプレゼントにすればいいんだ」と言うことになり、当の本人からも「アンドレオーリの本ならば買っておけば?」とラインでメッセージがやってきて、これ幸い、大枚25ユーロを払ったのでした。
以前、夫に勧められて読もうと(一応努力は)したウンベルト・ガリンベルティのイタリア語の著書は、まるっきり歯が立ちませんでした。しかし、アンドレオーリ氏の文体は、この本が初心者向きということもあるのでしょうが、非常に簡潔なのです。だからこそ、ロットの記事も読めたのですが。

子供の頃、なにかを買ってもらってうれしくてたまらないと、
「お母さん、これ、枕元において寝てもいい?」
とよくたずねたものです。
あのころ、私は枕元になにをおいていたのでしょう。ぬいぐるみ、おもちゃ、本、漠然としか思い出せないけれど、人の親になって一人前に年齢を重ねても、このウキウキ気分はそのままなのでした。
本当に久しぶりに、手に入れて嬉しくてたまらないものを、文字通り枕元において寝ました。
電子書籍でどんなにステキな本を買っても、やはり味気なさはいなめないものです。

撫でたりさすったり、中を開いたり、じっと眺めたり、まったく娘が新しいおもちゃを買ってもらったときと変わらない自分に苦笑してしまいますが。

もう一つ、最近嬉しかったのはルーサー・ブリセット作『Q』の翻訳本を手に入れたことです。
まだブログを書始めた頃、夫にしきりに「読め」と薦められ、彼本人は「読み終わるのが惜しいくらい楽しい内容」と絶賛していたこの本、長らく私も忘れていたのですが、アマゾンで検索していて日本語の翻訳本を発見。
上巻下巻のうち、どちらかはもうストックがなく、新品同様ですが古本で購入しました。
「さとうななこさん」という方の訳です。この大作を翻訳してくださったことに、心からの敬意と感謝を捧げます。
感謝を捧げたいのはもう一人、いつもスターをくださるかたに。チェーホフを薦めてくださったブログのお仲間です。かれの「朗らかな読了感」という美しい言葉に誘われて、生まれて初めてチェーホフを読みました。ロシア人とは思えないほど軽快な文章が美しく、敷居の高かったロシア文学の壁を越えさせてくださったかれに、心から感謝!

同じ本を何度も読んでばかりいる私に「あれ読め」「これ読め」とうるさい夫が最近読んでいるのは、ユヴァル・ノア・ハラリという若き歴史学者の『サピエンス全史』。
いきなり「ジョーモン」時代のことを尋ねてきたので、なにごとかと思ったら、この本が原因でした。ヘブライ大学に出張で赴き、ぜんぜん分野は違うのに ( 歴史学部と物理学部 ) 、刺激を受けて読み始めたそうです。
アマゾンで見ると、電子書籍でも読めることが判明。

しかし私はまず、『Q』から制覇します。




こちらもよろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン ジモモ ローマ