2011年11月09日

生きる

生きているということ

いま生きているということ

誰かを思うこと

誰かに思われていることを感じること

新しい生命の誕生

幸せを実感すること


名は

咲大(さくた)

今日

父になった
  
Posted by cui18_dai at 20:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月11日

サマーソルジャー

ベリースペシャル、B'zかー。

サマソニ行くなら最終日。たしかにスペシャルズはぜひにとは思う。だけど、あとはどうだろう。

結局いまだみれていない、CSSやthe ting tingsをめあてに…??かなり無理をして…??絶対楽しいんだろうけど、自分のなかでのブームは過ぎつつある。

マサの言う、コヤブソニック興味ある。とてもある。

京都音博にも行きたい。いろんな国の音楽をゆったりと聴きたい。石川さゆりとかどんなもんだろう。あまーぎーごおーえー。


マツダスタジアムで野球観戦がしたい。


日光をさすらいたい。

バイクの免許取ってもいいかななんてことも思う。
  
Posted by cui18_dai at 22:14Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月04日

パーティー

ちょっとした飲み会の帰り道。クラブスヌーザーに行って来た。

仲間同士、恋人同士の群れのなかに加藤、ひとりぽっち。ひとりぽっちで参戦した。孤独感たっぷりのなかパーティーははじまった。

はじまってみるとそんなのは忘れてしまった。カントリーガールやシープドッグで踊った。

レッチリも良かった。

アハードデイズナイト、フォトグラフやゼアシーゴーズの大合唱に酔いしれた。

パークライフも最高だった。

雨上がりの空にでは絶叫しながら胸が締め付けられた。そこまでの思い入れなんてないはずなのに。

夜明けの帰り道。外の明るさと生暖かい空気にすっと現実に戻された。寂しさが襲った。

腹が減った。コンビニに寄って帰った。
  
Posted by cui18_dai at 14:58Comments(2)TrackBack(0)

2009年02月14日

ゲレンデがとけるほど恋したいとか言ってみたい

こないだスノボに行ってきました。くそ忙しいなか、文字通り女先輩4人の足となってきました。でも、けっこう楽しかったです。

なんだかんだいってもはや2月。そう、今日はバレンタインデー。

世間は逆チョコとかわけのわからんことが流行っているみたい。

ふざけんなばかやろー。バレンタインは男子がドキドキする日でしょうが。ちょっと大きめのカバンできちゃったとか、バカだけどちょっとかわいらしいことをしちゃうような日でしょうが。

あー、そろそろ何かあってもいいんじゃないかとか、そんなことを思ってる時点でだめなのでしょう、わかってる。

別にどうでもいいけど。

何か、俺が知らぬ間に様々な人たちが恋をしたみたいだね。ちらっと聞きました。

何かちょっと腹立ちました、うらやましいけど。

1年目の終わりが見えてきました。

いまだボウズヘアをキープしています。
  
Posted by cui18_dai at 01:25Comments(2)TrackBack(0)

2008年12月10日

日記

世間はすっかりクリスマス気分。街へでればジングルジングルと浮かれた音楽が聞こえてくるんだろう。

松葉杖生活4日目の朝。今週3度目の病院からおはようさん。暇なので長々と書きます。

事が起こったのは土曜日の部活終了直後。極寒のなか冷えきった体を暖めるため職員室へと急ぐ加藤と加藤を呼び止める女子ソフテニ部員。

「先生テニスやろ!!」「いやいや、寒いし俺テニスやったことないし遠慮しときます」「いいから」

まんまと女子テニス部員に連れ出され、職員室外のちょっとしたスペースで打ち合うことに。

打ち合うといっても激下手くそな加藤は初球から空振りしてボールは膝丈の木々が生い茂る花壇へと消える。激下手くそとか激ダサいとか激ゴリラに似ているねとか罵声を浴びせられながらも花壇へと向かう我々。

何しろ敵は膝丈まで生い茂る木々。上からも下からも遠くから眺めただけじゃらちがあかない。

っつうことで、加藤先生は一人花壇の中へと足を踏み入れる。

ボールを発見し、女子テニス部員に渡したまでは良かったのだが、ここからがおっちょこちょい。

これ以上木々を痛めつけちゃいかんとかまあこれくらいの距離なら余裕だろうとかを考えたのか考えてないのか忘れたけど、ひょいと左足踏切りの片足ジャンプで花壇外へと出ようとした加藤は、花壇と地面(アスファルト)の高さを頭に入れず飛んだものだから、右足首付近をぐにゃんとひねってまった。

その後、腫れてきたもんで日曜に1度目の病院へ行くも時間外だもんで専門医がおらずあいまいな処置をされ、月曜に2度目の病院に行って専門医に見てもらうも二時間待ったわりに短時間であしらわれ、ねんざにしちゃあボンレスハムのごとく腫れ上がりしびれるこの右足への不安がつのり今日に至る。

結果は、ねんざ、靱帯損傷。そんで2週間ギプス生活。

ただでさえ足手まといだった加藤に、最近はさらに余計な迷惑をかけ続ける毎日。こんな邪魔者に優しくしてくれる周りの人々へのありがたみが痛いほど身に染みる毎日を送っています。ごめんなさいありがとう。あらためて、自分の体って自分だけの体じゃないんだなって。そんなことをつくづく思います。

しばらく松葉杖生活が続きそうです。右足のため運転はできません。もちろん遊びにも行けません。レンタルビデオ屋にさえ行けません。元気だけれどみじめでわびしい年越しになりそうです。
  
Posted by cui18_dai at 10:47Comments(2)TrackBack(0)

2008年11月30日

ジョイマンて誰だ

最近のお気に。

ジ・アロウズ『ガイダンス・フォー・ラバーズ』
ディアフーフ『オフェンド・マギー』

フレンドリー・ファイアーズもよく聴いてます。そいえば、ティンティンズが名古屋にやってくるみたい。行く気ある?ある人いる?
  
Posted by cui18_dai at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月29日

「昭和のにおいがするね、いいよ加藤君。」の巻

「サーコイ、ヘイヘイ、ウィー。」

教員野球の練習が始まりました。僕は、ドがつく素人なので、しゃかりきに元気むき出しでいくしかありません。むやみに飛んだり跳ねたりするしかないのです。

「サードコイサードー。」

僕は、今日の初練習のためにマッキーでネームやらを書いたオリジナルTシャツを着て臨みました。なにせ、第一印象が大切ですから。

「ウィー、ナイボールー、ウィー。」

明日は、ビジター用のTシャツを作って臨みます。

もう後にはひけません。

あと、さっき携帯を洗濯機で洗ってしまいました。IC何とかだけは奇跡的に無事だったので、前の携帯にそれを差し込んで今こうしてブログを書いています。

こう見えても、かなり落ち込んでいます。

もう後にはひけません。
  
Posted by cui18_dai at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2008年07月28日

頼りない天使

今日は、思い切ってノースリーブタイプのアンダーシャツを着た。

なんでって、そこの部分も日焼けしよっかなって、それだけ。

「うわー、先生ワキ毛だー。すげー、ワキ毛先生だー。」

なんて、キャッキャ騒ぐものだから、先生ちょっと恥ずかしくなっちゃった。

だからあえて、あんなポーズやこんなポーズをとってワキを強調することにした。

もう彼らは狂ったように腹を抱えて笑っていた。

もう彼らは狂ったように腹を抱えて笑っていた。

ワキ毛、ボーン!とかいうギャグって誰の持ちネタだっけね?
  
Posted by cui18_dai at 23:08Comments(1)TrackBack(0)

2008年06月21日

悪夢再び

給食の時間のことだった。

各クラスの様子をうかがうため、廊下を歩いていたその時。

急に俺の体は宙に浮いた。宙に浮いたのだ。

「うわー。降ろしてくれー。」

後ろから力自慢の男子に持ち上げられたのだった。俺は、足をばたつかせ、抵抗を試みたがかなわない。だって、力自慢な子だから。力自慢な子だからー。
  
Posted by cui18_dai at 00:21Comments(0)TrackBack(0)

2008年06月17日

日焼けの影響で湯船につかってられない

自然教室で石川県に行って来た。一足先に海を満喫。日焼けで手足はまっかっか。キャンプファイヤー良かった。

道中、高速道路から松井秀喜の豪邸を見る。抜群の威圧感。あっぱれ松井。

今日明日は代休。

ジャケットに負けてWeezerの新譜を買った。いいような、そうでもないような。

最後のメリクリすごいな。コンビニでお茶〜飲んで〜のとこは何度聴いても笑う。ヘンテコだけどなぜかちょっと心に響く。
  
Posted by cui18_dai at 20:29Comments(2)TrackBack(0)