千葉大学自動車部活動日誌

ここは、自動車部の日々の活動を部員が自由に投稿するblogです。
旧公式サイトは → こちら
メールはこちらまで → cumcmail(at)yahoo.co.jp
     ※ (at)を@に変えて下さい

June 2008

はいどーも.毎度の泥組です.7月の予定です.

7月6日  全日本ダートラ@丸和

千葉大OBの長谷川さんが出走されます
RS未来のダンディーな社長が“負けらんねーなー”ってライバル心むき出しでした

観戦希望者は,一応締め切りましたがどーしても行きたいかたは要相談です


7月9日(水)  オートランド練習会@2コース

7月13日(日) オートランド練習会@1コース


7月20日(日) 千葉県戦@オートランド1コース

おそらく大舘さんが出走されます.
この前,瀕死のドラシャを交換されていた模様です.


7月21日(月)  オートランド練習会@2コース

7月26日(土)  オートランド練習会@1コース


とてんこ盛りです.

何が何でも,7月中にはみらげを泥の上で走らせます.決意表明.

21日の練習会にはいけるかな??と思っております

出る時はメーリスでも流します.同乗は無料.

なんなら,いくらか(オイル代とか)わしに払ってくれたら乗せてもいいっすよ.

ちなみに練習会料金は8000円でお昼代込み.

1コース外周の鬼突っ込みで叫んでみませんか??


そんな感じです

つっきーさんそろそろチャリ耐ネタでもいーから更新しよーぜ

インプです。
下の記事で、どれかは出るとなっていますが、別な用事のほうで、ICPC国内予選模の擬予選が日曜日にあるため、オッパッピーに出れないということに先日気づきました。走りたかっただけに残念です。

ということで、土曜日こそ・・・なわけですけれど、金曜日の遅くまで用事があり、さらに日曜日の模擬予選、月曜日の恒例微分方程式の宿題というそろい踏みのため、あんまり余裕がないのです。さて、どうしたものか・・・練習会が28日ないし29日だったらいいのに。



そうそう、このブログ、相変わらず泥組みしか書いてないわけですけれども、他の方々もぜひ書いてくださいね。設置理由を思い出してくださいまし。

どーも.ないんあーるです.

れびん改みらげとも言います.

それでは遅くなりましたが今月の予定です


6月15日 練習会@オートランド1コース
6月21日 練習会@オートランド2コース
6月22日 オッパッピーシリーズ@オートランド1コース



となっております.たぶん赤いインプレッサはどれかに出ます.
ゴミのよーなミラージュ2世は思いの他重症なため
いつ動けるかって感じです.



先日の軽耐久で泥を走ってしまったがために
目覚めてしまったそこのあなた!!
ピット作業だけでは物足りないそこのあなた!!大歓迎!!
ミラと比べてミラージュやインプの走りは異次元ですよ??
バカじゃねーのって勢いで裏ストレートは突っ走ります
横転しそーな勢いで島周りはインを攻めます
そのまま突き刺さっても愛嬌愛嬌.
ロールバーや4点は飾りじゃない!!!


泥組一同はいつでも皆さんをお待ちしております




ついでにゴミのよーなミラージュの現状です
・LSD粉砕
・クロスミッション3速欠け
・アウトプットシャフト粉砕
・ミッションケース削れ
鉄屑ツリー
ダメだこりゃ
もはやゴミ.鉄屑.ミラージュ鉄屑伝説は終わらない

日曜日、千葉大自動車部としては2年ぶりに軽耐久に参加してきました。
やはり、このブログは泥ネタしか書かれないようですw

当日はあいにくの雨かと思われましたが、それほど強くは降らず、むしろほこりが立たない程度のちょうどいい感じでした。もちろん、外周は木が生い茂っているので乾いていないポイントもありましたが・・・。

午前、第1ヒートは、オルタネーターのベルトが緩み、バッテリーの電圧が不足。コーナーで道を譲ろうとして出してしまったアンダーのため、土手に乗り上げエンストとなり、そこから復帰できずに中断。修復中にエンジンオイルの入れすぎとバッテリー端子の緩み、ウォッシャータンクの漏れも発覚。何とか修理するも、午前のチェッカーを受けることを忘れてしまい、一瞬リタイア扱いではと言う不安のなか昼休みへ。結局5人中3人目で午前が終了。
午後第2ヒート。フロントタイヤの溝が減ってしまったので、前後でローテーション。さらに空気圧調整。これでいけるかと思ったところで、午後1人目のドライバーの走行中、右フロントタイヤがパンク。タイヤ交換をし、5人目にバトンタッチするものの、予備はスタッドレスではなくラジアルのために厳しい状態。赤旗中断時に、前後入れ替えを含め、溝の減ったスタッドレスをフロント、予備のラジアルをリアの状態にして走ることにし、なんとか2ヒート目は完走。5人のドライバーを二週と2人目までまわし、述べ7人。週回数は午前35周の午後42周、計77周となりました。これは、

第1ヒートクラス10位/10台総合22位/24台
第2ヒートクラス9位/9台総合18位/21台
総合クラス9位/10台総合21位/24台

と言うことになります。成績としては褒められたものではありませんが、耐久レースですから完走しなければ意味がないです。今までと異なり、まだ走らせようとすればぜんぜん走れる状態で帰ってこれたことこそ重要ではないでしょうか。

もし、より良い成績をと言うのであれば、もっとちゃんとした練習と整備が必要でしょう。運転はぶっつけ本番、車作りは安全装備と軽量化だけではこんなものだと思いますから、もしその方向で進むならきっちりと計画を練って、実施することを望みます。オートランドのフリー走行は高くはないですし、改造禁止を破って違反部品をつけようと考えずとも、調整と整備で新車時のスペックを目指すことは許されるはずです。



あ、あと、車が跳ねて前転しそうな状況とか、滑る下り進入のS字コーナーに耐える精神力も必要だと思いますw
それでは今日はこの辺で。

このページのトップヘ