千葉大学自動車部活動日誌

ここは、自動車部の日々の活動を部員が自由に投稿するblogです。
旧公式サイトは → こちら
メールはこちらまで → cumcmail(at)yahoo.co.jp
     ※ (at)を@に変えて下さい

January 2009

旧知の友人から突如電話が掛かってきて、成人式(青森)に行かなかったことを激しく後悔している赤インプです。土曜日のうちだったら、高速乗って帰っていたかもしれないのに・・・。

さて、Part1からだいぶ時間がたってしまいました。1.5の公開からもだいぶ・・・。
というわけで、そろそろPart2をば。


8時30分から42分に掛けて、5チーム9名のラリーストたちがガレージを出発。オフィシャルはそれを見送った後、ガレージを出発いたしました。途中オフィシャルその2である旧部長32宅に寄り道をしましたが、それ以外はSS1のTCまで直接向かいました。なぜなら、SS1の時間設定は、各チームの見送り後、ほぼ直接向かってもちょうど良いぐらいで設定していたからでした。


さて、TCに到着したオフィシャルは、一号車の到着を待つことに。指定時刻まで10分少々。・・・トラブルは常に起こる物です。特にあの方が係わると・・・。CR-Xが10分以上の早着で。・・・さすがにかわいそうなので、一度は見逃してあげましたが、その後やはり大早着でまた登場。ちゃんと時間を言ったにもかかわらずです。二度目、いや初回も入れれば三度目なので、きっちり減点させていただきました。

その後はおおむね定刻どおりに各車到着しましたが、FCはPart1.5にあるとおり、オフィシャルのトラップに引っかかって武石へ向かったために、遅着減点。
自動車部員のバイト先といったら、やはり武石のGSとなるわけですけど、TCとは逆方向の上、大学往復でも時と場合によっては1時間近く必要になります。そこで働いている人間ならわかるわけですけれど、FCには武石勤務が居ない為、引っかかってしまったようです。ある意味必然だったようですね。残念でした〜。


さて、ラリーはメインのSS2へと進みます。お題はこれです。

「カントリーサインを激写せよ」(千葉〜大網白里以南限定)
※カントリーサインとは、市町村境にある各市町村名を記した看板です。本来は北海道などのように装飾された物なら良かったのですが、千葉にそれは無いので、単なる看板の撮影としました。

TCとなる鹿野山まで、どのルートを取るかが勝負の分かれ目です。そして、ここでのポイントが勝負を決すること間違いなしです。さて、各チームはどのようにお題をクリアしていくのでしょうか? 次回更新・・・未定

はい皆様こんばんは?おはようございます?
J○M○バイトないんあーるです

赤いインプに続いてラリーレポートを書いてみようと思います
決して暇なわけではありません

「ロンリースタートSS1」
スタートがなぜか1番.が噂によるとCR−Xは0番スタートだったらしい
1人寂しく飛び出し,自宅に帰りたくなる衝動を抑え
アストロ→JOMO(廃業)→AOIと三ヶ所制覇
アストロナイトセールやってたんだね
あそこのナイトセールは結構価値あるよー
アホトロ






本当は今バイトしてるJOMOも行きたかったが時間的に断念
アストロ撮影を終え絶対武石はトラップだろって思ってた矢先
FCがその方向に走って行ったのにすれ違ったが・・・
ゴール地点のセブンに到着.確か±1分だった気がする
そこで暖房レスであまりの寒さにCR−X組がみらげを占領
ドライバーが見当たらなくなったのをいいことにコドラ拉致
セブンに返却に行った時には既にCR−Xは出発したとか

そんなわけでコドラ見付かりました

「迷走暴走SS2」
ひょんなことからコドラを搭載したみらげ
がもちろん「L4 R5 その先クレスト」
とか言うわけもなくCR−Xの運転手のアホさについて延々語る
途中某公園でヤンキーがいた.おー怖い怖い.
ヤンキー






どーせ途中離脱だしってことで時間が経つにつれてどーでもよくなってくる
チェックポイントまで残り1時間
飯食うかとか言って暢気に穴子丼を食す
がどーやらここの穴子丼は車部的穴子丼とは違ったらしい
うまかったから許す.大好物海苔の汁物も付いてたし
穴子






意外と時間的によかったらしくマザー牧場を撮影して
母なる牧場






よしあとちょっとだしMIVEC走りすれば間に合うか
とかおもってたら直前の直前でロスト
謎の左折
1人でラリーしてました.結構おもろかった.
帰り道もラリーして帰ったのはここだけの秘密です
一番最初に着くはずの車が一番最後に着きました
オフィシャルをはじめとして皆様ごめんなさい


なのに5台中3位はおかしいと思う
SS2超遅着&SS3不参加だぜ
下位二台のAHONDA組は反省文を掲載するように

このページのトップヘ