千葉大学自動車部活動日誌

ここは、自動車部の日々の活動を部員が自由に投稿するblogです。
旧公式サイトは → こちら
メールはこちらまで → cumcmail(at)yahoo.co.jp
     ※ (at)を@に変えて下さい

カテゴリ: えーけーびー

さて,「あおEG」君に続いて,自分もここに思い出でも書いてみようかと思います.

自動車部という存在を知ったのは,大学入学前にサークル一覧を見ていたとき.
「大学生だし?免許ほしいし??せっかくなら綺麗なかっこいい車とか運転したいよねー」くらいな気持ちで気になってはいたのですが,どうも特殊なサークルなイメージがあり,なかなか足を運べずにいました.

そんななか学科(というか飛び級プログラム)の新歓で自動車部の先輩に出会い,ガレージの大学らしからぬ雰囲気に一抹の不安をもったまま迎えた5月のドリフト祭.下道を延々走り続けること6時間とすこしでエビスサーキットに到着.

あたり一面見渡す限り改造車,改造車,改造車...
それこそ雑誌に出ているようなスゴそうな車から,ボロッボロのわけのわからない車までいろんな車がテンコ盛り.

でも共通してるのはみんな本当に,本当に楽しそうに走ること.
そしてそれは先輩達の助手席に乗る自分も同じです.最初に感じていた不安なんてものは微塵も残っていません.
自分の中にあるのは「絶対に車買う.絶対に次の年のドリ祭で走る!」っていう思いだけ. 

そんなこんなで免許を取り,運よく別の先輩からロードスターを譲ってもらえることになり,自分のドリフト人生(笑)が幕を開けるわけです.

SA340054
071208_1537~01001

31071605_3850966388


さて,このブログを読んでいるあなたは数年前の自分と同じように自動車部が気になりつつも足が運べずにいるのでしょうか?
なんとなく入りづらいように感じて一歩を踏み出せずにいるのでしょうか?

もし迷っているならその一歩を踏み出してみてください.
「車が好き」と思えるのなら,絶対に後悔することはありません.

自分は一生一度の大学生活を自動車部ですごせて本当に幸せに思います.
別のサークルに入ったなら,それはそれで楽しく過ごすことができたのかもしれませんが,きっとここまで夢中になることはなかったでしょう.

部員のみんなと,いつも支えてくださったOB/OGのみなさま.
本当にありがとうございました!

そしてまだ見ぬ後輩達.
ぜひ自動車部に入って,大学生活を精一杯楽しんでください.
そして良かったら誰かの横に乗せてもらって,昔自分が味わった感動を体験してみてください.

-------------------------------------
サークルの日etcの情報はこちらです↓
http://blog.livedoor.jp/cumc/archives/51320223.html

みなさんこんばんは。毎度おなじみAKBです。

さて、自分の車はR32ですし、得意分野はドリフトなわけですが(とかいいつつ全然走ってない・・・)、今回はダートに初挑戦してみました。
もちろんサンニーでは走れないので、先日譲っていただいたランサーでの挑戦です。

ランサーについてはhttp://blog.livedoor.jp/cumc_diary/archives/1520059.htmlを見ていただくと詳しく紹介してあります。
素敵な車両を譲ってくださったH様。この場をお借り致しまして再度お礼をさせていただきます。ありがとうございました。 

ということで、ダートの模様をば。。。

・前日夜〜
4046871_1396917784_175large
いったいこの積載車がブログに登場するのはいったい何度目なのでしょう・・・
ということで、毎度おなじみKicsさんから積載車を貸していただきました。
お世話になっております。
もちろん運転も例のごとく自分です。32より積載車運転してる時間のほうが長いぜ/(^○^)\ 
ランサーは事前にオイル類交換etcをしていたので、車載カメラのステーや4点式ベルトの取り付け、タイヤのエア圧チェックetcをしておしまいです。
翌日の朝はまぁまぁ早くに出発なので、実家生な自分は友人の家に泊めてもらいました。
が、結局友人宅でビールのんだりしてたら若干寝不足気味に・・・
まぁこれもお約束ですかね笑 

・当日
車を譲っていただいたHさんにも来ていただいて、部員3人とHさんの4人で参加しました。
天気は時々雨がパラつく微妙な感じ。が、そもそもダート事態がほぼ初だし(昔軽耐久でちょっと走っただけ)、路面状況なんて比較するものがなさすぎてわからないから別にいーや。
とりあえずすべてが初体験の四駆ですし、「カウンターを当てない」 ということだけを意識して走るようにしてみました。

てことでぐだぐだ言っててもしゃーないので、車載カメラの映像です。 
・午前
Hさん




・午後 
Hさん





二村


岡崎
 
といった感じです。車載を撮りだしたのが途中からですし、午後の途中でカメラの電池が切れてしまったので全部ではないのですが、雰囲気は伝わるでしょうか?
外の景色が白飛びしてしまっているので、なかなか伝わらないかもしれませんが・・・
次回はもうちょっと対策を考えて、さらにいい車載が取れるようにしようと思います。

そして、車載カメラを乗っけた車で走るのは初めてだったのですが、これ後から色々と復習できていいですね!!
ちなみに自分のベストラップは多分午後の2本目だと思います。(最後スラロームで土手に左フロント乗り上げちゃってますけど笑)
「サイドブレーキの利きづらいランサーでどうやったらリアを流せるか」ということが結局最後まで分からなかったので、リアを意図的に流すことをあきらめて、おとなしめに走ったら意外と好タイム(あくまで自分の中では・・・笑)

そんな感じで自分は苦戦したのに対してHさんはさすがオーナー。いとも簡単にリアを流しながらラインをトレースしていきます。やっぱり岡崎も含めてダートラ経験者組は土の上で車動かすのうまいなぁ・・・

カメラの電池が切れた後も5本程度走れましたが、最後まで狙ったラインに車をのせるのはわかりませんでした。どう頑張っても立ち上がりでアンダー、アンダー、ドアンダー・・・
横向けてなんとかイン向かせようとクラッチ蹴ってみてもアンダー・・・

くっそー、舗装路で車を横に向けるのなら、俺だって負けないんだからね!!!← 

そして二村が前回横に乗せてもらったときからめちゃめちゃうまくなっててビックリ。さすがに負けられねーぜ!!

というわけで初めて挑んだダートラでしたが、「車を動かす」という面で新たな課題や発見もありましたし、いままで課題としていた「どんな状況でもステアから手を離さない」ということについての確認もできたので、とても有意義なものとなりました。
オートランド千葉は平日でも休日でも全日フリー走行1人7000円だそうなので、3人か4人集めてもう何回か行きたいなぁと思いました。7000円って聞いたら高く感じるかもしれないけど、別に1日バイトすればいいだけだよ??1日バイトして、1日がっつり車で遊べるって思えば十分だとは思わないかい???

新入生とか車持ってない人とか連れてみんなで走りにいきたいなぁ・・・
今回はフェス前だからかちょっと混んでたけど、普段はガラガラで下手したら自分達しかいないくらいのレベルの空きかたのこもとあるそうな。つまりは「走・り・放・題」!!
いやー、これは行くしかないっしょー、走るしかないっしょー、「格付けしあう自動車部部員」やるしかないっしょー笑

最後に、車両を提供してくださったHさんには重ねて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。 また機会があればお声をかけさせていただきますので是非よろしくお願いいたします。


dirt


・おまけ
-before-
DSC_0036
 
-after-
4046871_1399988705_70large

てことで、誰かに襲撃された自分の32の板金もここまで直りました。あとは板金中にはがれたパテを盛りなおせば、少なくともぱっと見ではわからない程度には直るはず。

さて,前回の活動日誌からだいぶ開いてしまいましたが,当自動車部ではわりと毎日元気に活動しています.

毎週月曜日のPM6時頃からを活動日として,特に用事がない人はきましょう!的な日にしてます.
って感じで興味のある方はそんくらいにガレージを覗いてみると面白いかもしれません

ってことで宣伝はここまででおしまい.

さて,以下作業日誌. 

1.グラインダータトゥー続き
前回の活動日誌で製作したことをお伝えしたカムカバーのグラインダータトゥーですが,仕上がりに納得がいかなかったので作り直しました.

クリアを贅沢にもボディの塗装用の2液ウレタン塗料という,塗料と硬化剤の2種類の液体を混ぜることで化学反応によってプラスチック?になる塗料を使いました.
耐熱性はちょっとわからないですが,エンジンルームの塗装もこの塗料でやるので多分大丈夫でしょう. 

で,やった結果はこちら!
06
これは仕上げの磨きをする前だからちょっと曇ってるけどなかなか綺麗にできたっぽい雰囲気ありません??

ただの写真だと角度によって見え方が変わるのがわからないので,動画もとってみました!

やっぱ綺麗っしょ!?

 他の部員にも割と好評でしたよ〜
久しぶりに成功な作業をした気がする!


2.ボンネットの塗装
てかんじで他の部員が走行会に向けて車のお色直しってことでボンネットを塗装するのを手伝いました!
彼の車も自分と同じくR32スカイライン.

なんとボンネットをラメラメにしてやろーじゃないかってことで,一緒にラメ塗装を行いました.

一時はオートサロンとかでよく見かけたラメ塗装ですが,コレはもちろん特殊塗装です.
正直めんどいですが,個人でもちょっと頑張ればできちゃいます.

作業の手順としては,

好みの下色を塗る
→クリアにラメを適量混ぜて,ラメごとクリアを吹く(この時点でツヤがでる必要はなし.塗装のガンの動きを早めに,出る塗料の量を少なめにして,ムラにならないように注意!)
→ラメの入っていない普通のクリアを吹く
→2回目のクリアで埋まりきれずに飛び出ているラメの粒をサンドペーパーで落とす
→もう一度仕上げにクリアを吹く

って順番です. 

で,できあがったのがこちら!
40

 ベースは普通の黒で,その上にグリーン&ゴールド&ブルー少々のフレーク&ラメを吹いています.
直射日光の下だとものすごいギラギラしてて綺麗!!

写真はありませんが,余ったラメをちょこっとだけヘッドライトのハウジング内にも吹いてオシャレにしてみました.
THE・ドリ車ですね!


3.リアメンバーの溶接リジット加工
今度は自分の車の作業です.
さて,車のサスペンションアームはボディから直接生えているのではなく,ボディについている「メンバー」という部品から生えています.
純正状態では,このメンバーとボディの間にゴムを入れることで,サスペンションアームの動く音や,デフのうなり音などが室内に入ってこないようにしているわけですが,スポーツ走行においては,ここのゴムがたわむことで駆動力が逃げてしまいます.
そこで,ここを鉄板を溶接して固定してしまうことで力を逃げないようにする改造が行いました.

33

写真がありませんが,この状態から溶接ででっぱった部分を平らにならしてサビ止めのために塗装するなんていうなかなか気長な作業ですが,きっと効果はあるハズです.

無題
また,上の図のように.純正状態ではメンバーはブッシュの中にある金属製のカラー(メンバーを止めているボルトの通る筒.図の赤い部分)のせいで,若干ボディから浮いて取り付けられています.
これを切り取ってボディに密着させることで,同じ車高でもアームの角度を適正化して,トラクションをかせぐこともできます.
実はまだ作業途中で,完成していないのですが,リジットになる効果よりもこっちのほうが楽しみだったり・・・

てか,現状でメンバーのゴムブッシュの間に金属をはさむことでゴムを動きづらくしてリジット状態にはなってるしね! 

また,せっかくメンバーとボディをしっかりつけても,アームの付け根が動いてしまっては意味がないので,数箇所補強もいれました
58

これでアームの動きにも,メンバーの動きにも無駄がなくなったハズなので,エンジンから出力されるパワーを最大限地面に伝えてくれることでしょう.


4.ホイールの塗装
これも自分の作業です.
最近やっと走りを意識して,バネ下重量の低減を真面目に考え始めたので,いままで使っていたメッキホイールをやめてスポーツホイールに変えようかと考え始めました.

とはいってもホイールだってタダではありません.そこで以前塗装を失敗して,ただのドリケツホイールと化していたENKEIのRP01というホイールを綺麗に塗りなおして使うことにしました.
ってことで塗装後.

05

ホームセンターに売っていた安いゴールドの缶スプレーを塗った後で,先のカムカバーの塗装でも使用したウレタンクリアを吹きました.

 ただ色を塗っただけだと,飛び石などですぐに塗装がはがれてしまいますが,2液ウレタンクリアは塗膜の強度が強いため,飛び石などで傷がつきにくいのです.

色がもうちょっと濃くて,ブロンズに近いゴールドだったら完璧だったんだけどなぁ・・・
ちょっと明るすぎるかな??(実はスプレーを買うとき,最初はブロンズを探してたけど,なかったからゴールドになった.) 

ま,最初に比べればだいぶ綺麗になったのでとりあえず良しとしましょう.
スプレー缶は安いし,気に食わなかったらまた塗りなおそう!

5.DJ
さて,最近部員の1人がなぜかDJ機材を購入してしまいました.
定価だと余裕の10万円オーバーらしいですが,ヤフオクの中古で2万円くらいで購入できたらしいです.
恐るべしヤフオク・・・

ってことで最近なぜかガレージがスタジオとなることが多いです笑

32 (1)

 これを使って曲と曲をつなぐ練習をしてます.
うん,自動車部とはなんのカンケーのないね!笑 

でも,自分もやらせてもらったら,これがなかなか面白い!
ちょっと欲しいかも...←





さて,まぁそんな感じで梅雨ということで雨の多い季節ですが,自動車部は元気に活動しております.
最初にも書いたけど,ちょっと興味があったら気軽にガレージまできてねー

みなさんこんにちは.AKBです.
さて.作業記事に入る前にひとつお知らせを.
今年の新歓の写真をフォト蔵にUPしました!(http://photozou.jp/photo/album/297679)

良かったら見てってくださいね!!

てかんじで,以下作業日誌...

--------------------------------------------------------
・作業その1

さて,新歓もおわったということで,タービンブロー疑惑の部員(同じR32乗り)にタービンを売るべく,自分の車についているエキマニ&タービンを外してみました.

そのままだとエンジンルームがガラガラで寂しいので,前に買っていたTD06用(次につけるタービン)のエキマニを仮付けしてみま・・・・・あれ???エアコンのパイプが干渉して入らないだと・・・

よーーーし,とりあえずパイプぶったたいて曲げてエキマニいれてみよう!!
ガンガンガン・・・ふぅ,そろそろ入るかな???

お!!はいッ・・・・・らねぇ・・・


しゃーなしだ!エアコン外してやる!!グスングスン・・・

ってことで俺の32もついにエアコンレス,アンダーコートレスになってしまいました.

ちなみに干渉してるパイプはエバポレーター(室内にあるフロンを気化させて気化熱で熱をうばう部品)からエンジンルームに生えてるパイプなので,気合と技術が伴えば,そのうちエバポをちょっとだけずらして,パイプの一を変えてエキマニに干渉しないように作り直してやろうと思います.さすがにエアコンレスとかクールじゃなさすぎるぜ!!←当たり前

でもエアコンを外したお陰でエキマニはしっかりと仮付けすることができました
32mani
う〜ん,うねっててかっこいいねぇ〜
いい音しそうだぜ!!

「プワァァァアアァァァウフェアァァァァアァ」ってならないかな.
            ↑ゲート開いたところ笑


・作業その2
さて,86乗りの部員がカムカバーのグラインダータトゥーをしたのに触発されて,自分もやってみました.
彼はボディー色(黄色)にあわせてキャンディーゴールドにしていましたが,自分はエンジンルームをボディーとは別の世界にしたかった(←謎w)ので,キャンディーレッドにしてみました.

さて,「グラインダータトゥー」って何??って人がほとんどだと思うのでちょっと説明しますね.
塗装はもちろん鉄板やアルミの上にしてあるわけですが,基本的には鉄やアルミの地肌から順番に
下地→色→クリア
という風に塗ってあります.

この塗装の応用で
下地→色→ラメ入りクリア→クリア でラメ塗装ができたり
下地→下地シルバー→色つきクリア→クリア でキャンディー塗装ができるわけです.

ラメ塗装は入れるラメの色や大きさ,量などで塗装の質感?を変えることができますし,キャンディー塗装は下地のシルバーの粒の大きさや色,色つきクリアの色で様々な表現をすることができます.
下地をメッキにしたらカラーメッキ調になるし,下地をシルバーじゃなくて別の色にしたりすることもできますね!

このキャンディー塗装を応用したのがグラインダータトゥーです.
下地のシルバーの代わりに,金属表面にグラインダーで傷をつけて模様として,そのうえから直接カラークリアを塗るっていう手法です.
傷によって金属表面で光が様々な方向に反射するようになるので,見る角度によって浮き出る模様が変わる不思議な塗装ができるんです.

てことで,自分が前に使っていたエンジンのカムカバーの塗装をはがして,アルミの地肌にして,テキトーーーにグラインダーで傷をつけまくり,上から数回キャンディーレッドを塗って,ある程度かわいたところでクリアを塗りました.

できあがったのはこんなかんじ...
comcover2

camcover1

やっぱり初めてこの塗装にチャレンジしてヘタクソだし,写真じゃうまいこと雰囲気が伝わらないのですが,カバーについてるウネウネした模様が地肌にグラインダーでつけた傷です.
見る角度によって浮き出てくる傷の模様がちょっと変わるって思ってください.

写真よりも実物のほうが綺麗かな??(っていってももちろんプロの塗装の足元にも及びませんが・・・)

まぁ個人的にはわりと成功したかな??って程度には塗れたので,次につかう予定のRB25エンジンはこのカムカバーでいこうかと思います.

まぁ色的に34RのRB26のカムカバーの色とちょっと似てて,「RB26のパクリ」みたいに見られそうなのはちょっといやだけど,まぁなんだかんだであの色かっこいいしね!問題ない!

ちなみにカムカバーがこれで,間にはいるプラグカバーをアルミのポリッシュしたものにしてみたらクソかっこよかった!
ポリッシュしてから時間がたってて色がくすんじゃってるから,はやいとこポリッシュしなおそう!

こういうやってても速くならないけど,遅くもならないみたいなサ行って余裕をもってできるから本当に大好き!

みんなもカムカバー塗ろうぜ.グラインダータトゥーしようぜ!!笑

「自動車部ってちょっと気になるな〜」とか思っちゃってる新入生のみんなー,こんちわー。
とりあえずは新歓のお知らせからだよー
※参加希望の方はb1-anc.ch-at_25@auまで事前にメールを送ってください


・新歓第1弾(4月17日):イチゴ狩りドライブ
・出発時間
 午前10時半ガレージ集合,11時出発
・到着時間
 午後4時〜5時にガレージ着
・やること
 木更津でイチゴ狩り&富津岬で穴子丼を食べてくるドライブ!

・新歓第2弾(4月24日):南千葉サーキット同乗体験
・出発時間
 午前8時集合,8時半出発。(6時半出発で行く部員もいるので,早起きできる人は6時半前にガレージにきてくれてもかまいません)
・到着時間
 夕飯を食べて帰るので到着時刻は夜になってしまうと思います。時間が遅くなると厳しい人は途中で抜けて学校まで送りますので,別途相談してください。できる限り対応させていただきます。
・やること
 千葉工大自動車部さんと合同でサーキット走行の同乗体験会を行います。(新入生のみなさんは助手席でスポーツ走行を体験することができます)


さてさて,そんな感じで自動車部Q&Aのはじまりはじまり〜
「車とか敷居が高いなー」と思わないで,ちょこっとだけ聞いてちょーだいな。


Q.自動車部って何やってるの??

A.授業後にガレージで車の整備をしたり,車のDVDを見たり,グランツーリスモをやったりなど好きなことをやりながらだべってます。からの,みんなで晩飯を食いにいく!!ってのが一番多い活動内容です(笑)
肝心な「車」に関係する活動内容としては,月1を目安にみんなでドライブ(4月:内房でイチゴ狩り 5月:横浜中華街を予定)にいったりします。
また,車を持っている先輩がサーキットに走りに行くときに,他の部員も一緒に着いていってサーキットでもわいわいやる感じです。(助手席に乗ることができます)
毎年9月には合宿を行い,ジムカーナ(駐車場に三角コーンでコースを作って,速さを競う競技)の練習を行います。

Q.実はサークル!?

A.そーなんです。自動車”部”って名前ですが,タダのサークルです。ぜんぜん部じゃないです。いい意味でぬるい雰囲気で誰でもこれますよー

Q.免許っていらないの??

A.はい。別にいりません。ってゆーか例年新入生で持っている人はまずいません。みんな部に入ってから免許を取ってます。免許を持っていない間でも,みんなでドライブにいったり,サーキットで横に乗せてもらったりなどで楽しめますよ!

Q.車買うお金なんてないんだけど・・・

A.ぜんっぜん問題ないっす。部の特色的に,車を持っている部員のほうが多いですが,車を持っていない部員も全然います。車を持っていない人は特にガレージの工具類を使わないと思うので,部費(という名前のサークル費)も割引されます。(車持つ人1500円/月,持たない人500円/月) 月500円のサークル費だけで,サーキットを体験したり,千葉県内だけでなくいろいろなところにドライブに行くことができますよ!
また「スポーツ走行」という面では,部でGA2シティとS14シルビア(ただいま製作中・・・)を所有しているので,自分の車がなくてもこれらの車で楽しむことができます。

Q.でも自分の車あったほうが楽しめるんでしょ??

A.もちろんそーですね。
ところで車っていくらくらいのものだと思ってます??
ボロッボロのよくわからない中古車で50万円とか??
スポーツカー買おうとすると100万円とか200万円とか??
・・・いやいや,考えが甘いっすよ。そんなに高くないです
少し古い車にはなってしまいますが,先輩やOBが手放す車を激安(0円〜20万円くらい?)で譲ってもらったり,「もう古くなったから乗らないやー」っていって手放したノーマルの車を激安(3万円とか笑)で買ってきて,先輩に手伝ってもらいながら自分の好きなようにカスタムしていったりetc・・・
「車を持つ」という意味では多少のお金はかかりますが,たとえば「テニスサークルに入ってラケットetcを買った」とか「弓道部に入って自分の弓と矢を買った」とかそんな感じで捉えてもらえればいいかと思います。

Q.ちょっと興味があるかも。どこに連絡すればいいの??

A.いーねいーね。そんな人はcumcmail@yahoo.co.jpか部長のアドレス(b1-anc.ch-at_25@au)にメールください。
文章じゃ伝わりきらないこともあるので,実際にガレージを見て,部の雰囲気を感じてください。
だいたいの時間を教えてくれれば,その時間に部員がガレージにいるようにします。

さて、某14乗りがめっちゃ詳しく作業日誌かいてたので、俺も作業日誌書いてみる!!

てかんじで、こないだRB25のヘッドの加工(燃焼室、ポートetc)などを作業日誌に書きましたが、今度は腰下の作業と測定のお話です。

最初にいっとくけど、ちょっとややこしいよ??笑


さて、そんなかんじでまずはオーバーホールの基本。「洗浄」から18 。

ガレージの近くの工具やさん「アストロプロダクツ」で購入した「サンエスK-1」という白い粉をお湯にとかし、ピストン、コンロッドetcを入れてすばらくすると、あら不思議!!

カーボンだらけだったハズのピストンがこんなに綺麗に!!


ってなる予定だったんだけど、どうやら薄めすぎたらしい&放置する時間短すぎたっぽい感じで、あんまり綺麗になりませんでした・・・
残念。

03でもコンロッドは綺麗になったので、今回はとりあえずコンロッドの重量あわせっていう作業をしました。

ガソリンの爆発力によって上下運動するピストンをクランクシャフトの回転運動に変えてるのがエンジンだっていうのはなんとなく分かると思いますが(わかんなくって、興味があったらググって)、このピストンとクランクシャフトをつないでいるのがコンロッドってやつです。

ちなみにRB25は6気筒のエンジンなのでピストンもコンロッドも6本あるわけです。

44もちろんエンジンなんてただの量産品なんで、この6本の重量の間には数gグラムの違いがあります。

「たった数グラムでしょ?」って思うかもしれませんが、このコンロッドって部品はエンジン内を1秒に133往復もします(8000rpmのとき)

こんだけの速さともなれば「たった数グラム、されど数グラム」だってことが理解できるかな。

数グラムの違いがエンジンに余分な振動を起こし、起こした振動の分だけエンジンの出力は落ちるってわけです。

ちなみにレース用のエンジンでは1gどころか、0.1gの世界で重さをあわせるそうです。

噂によると、完全にバランス取りされたエンジンは回したときのフィーリングが量産エンジンと全然違うとか・・・

06さて、肝心な作業なほうは、本当に地味〜な作業。
事前に計ったコンロッドの重量(今回は最大で2グラムの誤差。ちなみに多分すくないほう。)があったので、重たいコンロッドの無駄な出っ張りをひたすら削っていきます。
鋳物のバリや、部品の識別番号の文字などをひたすら削っていきます。
20サイド部分にも強度のはあまり関係のない出っ張りがあるので、どんどん削っていきます。

ちなみに当然ですが、削るとコンロッドの強度が低下して、最悪の場合エンジンブローにつながるので、尖っている部分をなだらかにし、ザラザラしている部分をツルッと仕上げることで、応力の集中を防いでコンロッドが折れることを防ぎます。

ってネットに書いてあったので、自分もそれなりにやってみました。

そんなこんなで、最終的にすべてのコンロッドの重量を誤差1g以内に収めることができました。

本来ならもっと誤差を少なくするべきなのかもしれませんが、疲れたので終了。

グランツーリスモだとボタンを押すだけで一瞬で終了する作業ですが、実際にやるとなると結構大変です。
ちょこっと後輩の作業を手伝ったりとかもありましたが、トータルで4時間はかかってます。

てか、なによりも寒すぎて作業がはかどらない!!


さて、今度はまた別の日になりますが、クランクメタルとコンロッドメタルのクリアランス測定なんてものも行いました。19
右の画像にうつっている長いのがクランクシャフトなわけです。

これを支持するのがメインメタル、コンロッドを支持するのがコンロッドメタルです。親メタル、子メタルなんていわれることもありますね。

このメタルってのとクランクシャフトやコンロッドの間には極僅かな隙間があって、その隙間にオイルが入り込むことで、抵抗を少なくし、いわばベアリングのような働きをしてるわけです。

で、メタルクリアランスってのはこのメタルの隙間がどのくらいあるかってこと。

クリアランスが狭すぎると抵抗が大きくなってしまうし、広すぎるとメタルがクランクやらコンロッドやらをしっかり支持できない(ガタがでてしまう)ってわけですね。(すごい大雑把な説明だけどねw)

で、整備書を見てみると、メタルクリアランスには基準値と限度値ってのがあるみたいで、限度値を超えていたら交換しろとのことでした。

ちなみに気になる測定結果は、コンロッドメタルはぎりぎり基準値(広め)、コンロッドメタルは基準値をちょっとオーバー(やっぱり広め)でしたとさ。

41今回のエンジンは純正エンジンのように「10年10万キロは絶対に壊れない」ようなエンジンは全く目指していないので、クリアランスが広めなのは抵抗が減るし!!ってことで別にいいんだけど、コンロッドメタルが基準値を超えているのは気になるなぁ・・・
目視でもメタルにそれなりにダメージがあるのはわかるんだよなぁ〜

クランクメタルは無交換でいくのは決定なんだけど、コンロッドメタルは交換しようか、交換しないで様子をみるかちょっと悩み中。

まぁ、無交換で使ってみて、不具合があるようならまたエンジンあければいいんだけどね!!笑

もちろん財布に余裕があれば交換したいところだけど、余裕なんて全くないしなぁ〜

しかも余裕ないのにハイカムを衝動買いしちゃったし、しかも排気側だけしか買ってないから、吸気側のカムも買わなきゃバランス取れないしなぁ〜

そんなかんじで、結局行き着くところは「金ねぇ!!」って感じなAKBさんでしたー

おしまーーーい。読んでくれたひとあざーーーっす!! 

みなさんこんばんは。
気がついたらもう12月31日,大晦日ですね。

そんな感じで部員のほとんどが帰省しているなか,29日夜からガレージにいってきて,しばらく放置してたRB25の作業の続きをしてきましたよー。

RB25前に取り外しておいたエンジンヘッドを作業台(決してビールケースではない。)の上にのっけて,ひたすら吸気側のポートを削ってました。








サージタンク,インマニからポートを通って,燃焼室に向かっていく空気の流れを考えながら「流速が速いとき,遅いとき,それぞれどのように空気は流れていくのか」・ 「どこを削ればより効率よく混合気が燃焼室に入っていくのか」を考えながら削っていきます。







って感じのことがインターネットに書いてありました。 

あと「良くわかっていない素人は手を出さないほうが得策です」とも。



・・・・・・・・・・・ぇ???


まぁ,そんなこと言われて引き下がる俺じゃねぇ!!

ってことでしっかりとポート削り取ってやりましたとも!!
RB25-port 
ポートの形状はあんまり変えないで,左右の仕切りをとんがらせてスムーズに空気が分断されるようにして,インジェクターから噴射されるガソリンがスムーズに燃焼室に入るようにポートの上部をちょこっと削りました。 




って言ってみるけど,実際はネットに転がってたRB26のチューニングヘッドのポートのパクり。
Googleイメージ検索って便利だね。

一緒に作業(ウォーターポンプ交換とエンジンマウントの制振)をしていた某EK9乗りのOB曰く,「ホンダのB系エンジンのポートみたい」とのこと。

恐れ多くもB系エンジンと形が似てるとかもしかして超結果オーライ??

まぁ細かいコト言うと(ことエンジンに関して言えば細かいことじゃないかもしれないけどね。),気筒によってポートの形で微妙に変わってたりするけど,まぁ仕方ないということで!!さすがに壊れはしないっしょ?? 



101017_2235~01ちなみにこっちはこないだちょっと削った排気ポート 

どうやらこっちは仕切りをとんがらせると排気熱で溶けちゃうらしいよー
ってことで,ポート右下のスタッドボルトの補強?のためのでっぱりを削りとっただけ。 
良く見るとアルミの地肌が出てるのがわかるっしょ??
ちなみにこの裏にウォーターラインが通ってるので,調子のって削りすぎるとウォーターラインとコンニチハができます。 


他にも燃焼室にマル秘加工(って書くと響きがカッコいいよね!!)をしてみたりと,いろいろとイタズラをしまくってました。


RB25withexhaustんで,流石にそろそろ作業に疲れて,めんどくさくなってきたので,エキマニをくっつけて「完成予想図!!」

これでモチベーションも上がるハズ!

・・・ってこんな汚ねぇカムカバーでテンション上がるかコラっ!!

もともと塗り直すつもりだったけど,思った以上にボロかった・・・

その後エンジンを洗浄液につけて,ポートの削りカスを落として,ついでにヘッドガスケットのカスをオイルストーンで磨いて綺麗にしてました。

地味〜に疲れてたので,写真はとってないけれど,すげー綺麗になりました。
第一印象は「こういうヘッドの写真とか,ショップのブログとかで見たことある!!」でした。笑 

やっぱ見た目だけでも綺麗にすると,なんだかスゴイものに見えてくるもんなんだなぁ〜 

---------------------------------------------------------------------

さて,そんな感じで迎えた大晦日ですが,このブログを見てくれているみなさん。今年はどんな年だったでしょうか??

一自動車部部員として2010年度を振り返ってみると,前の日記でCISCが書いているように,諸事情によって年度終わりから年度初めにかけて活動ができなかったりなどとネガティブな面もありましたが,無事に新入生も入ってくれて(しかもなんだかんだ言って激アツ!!),なんだかんだ言いつつも順調に活動できたのではないかと思っています。

これもすべて一時はテンションがた落ちだった部の雰囲気をみんなが盛り上げてくれたおかげですね。



さて,来年度は部費のシステムも今年度の「一律1500円/月」から「入構証を持っている人(車を持っている人)は1500円/月,もっていない人は500円/月」というシステムに変わり,新入生や「車は好きだけど,自分で 持つのはちょっと・・・」っていう人に優しいシステムになりますね。

きっと新入生も今年以上にいい感じに入ってくれると信じているので,来年も,まずは「捕らぬ狸のなんとやら」にならないように,サークルの日,新歓etc...にむけてしっかりと準備しつつ,来年度も引き続き部を盛り上げていこう!!


ってことで今年はみなさん本当にお世話になりました!
来年もいろいろ迷惑かけるかもだけど,みんなよろしくね!!

まだ見ぬ新入生も来年はガレージで一緒に作業したり,飯食いに行ったり,みんなでどっかに出かけたりとかよろしくね!!!
1年生も,それ以外の学部生・院生も学年関係なしにガレージに来てねー。

てことでおしまいっ!! 

さて、みなさまこんばんは。
元WEB担で元部長なAKBでございます。

WEB担じゃないけど、調子のって部のトップページの画像を変えてしまったよ。。。
「そりゃだめだろー」ってのがあったらコメントなり直接メールなりmixiに書き込むなりしてください。


てことでブログの本題。
---------------------------------------

えー、こないだの月曜日に部の有志で南千葉サーキットへいってまいりました。
走ったのは32が2台、EG6、GC8、180SXの5台。
そして1年生1人(もうすぐハチロク乗り)が横乗りで参加。途中からFC(なんとカブリオレだよ。もうすぐ売っちゃうみたいだけど)が見にきました。

当初は午前中フリー走行にて参加の予定だったのですが、直前になって貸切予約が入ってしまって、どうなることかと思いましたが、某32乗り(俺じゃないほうw)の知り合いだったらしく、一緒に走らせていただくことが出来ました。

こんな寂れたブログを見てはいないと思いますが、この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。また機会があれば是非一緒に走りたいと思っております。


さて、そんなかんじで肝心な走行会?のほうはどうだったかというと・・・


↓ まずは自分の32から・・・






とまぁこんな感じで華麗なスピンと華麗な三角コーンサッカーをしてまいりました(汗
ま、まともにドリフトしたの久々だからさ!!
・・・って言い訳はよくないですね。

一応RB20+TD05仕様もちょっとはセッティングが出てそれなりに走れるようになってきたようです。低速トルクないのどーにかなんねぇかなぁ・・・

他にも
↓某GC8乗りが4輪スタッドレスで本領発揮して、華麗に4駆ドリをきめてみたり


↓いつのまにか走行16万キロ突破したというわんえいちー爺さんが195幅の15インチなんてタイヤを引っ張り出してノリノリで走ってたり(最近サイドターンが怪しくなってきたとは本人談w)


↓コソ練の成果かもう一人の32乗りが知らない間にうまくなってたり(ちなみに今回走っててオイル上がり疑惑発生!?本人曰くこうなったらエンジン使い切るつもりで走りこむらしいw)





EG6がリアにスタッドレス履いて、ノリノリでFドリをはじめたり・・・(助手席乗せてもらったけど、FFがロングサイド進入してるとかまじきめぇw)

本当だったらココで動画張りたいとこなんだけど、動画なかった・・・
自分の車は撮ってもらったのに、ちょー申し訳ない。



まぁそんな感じでみんなノリノリで走ってました。

ちなみに一緒に走らせてもらった方たちの車はめっちゃ綺麗でうまかったです。学生のボロ車たちとはさすがに格が違いすぎた・・・



さて、そんな感じで無事に午前中の走行を終えて、ガレージへ戻るとその場のノリでなぜか撮影会勃発↓
minamichiba1

ガルウイングのFCとかマジでいかちぃですよね。
いつの間にやら白32もかっこよくなっちゃって〜


他にも同じ車のハズなのに外装の方向性の相違点が多すぎてみたり↓minamichiba2




























自分の車かっけぇ とか訳分からない衝動に駆られて写真とってみたり↓
minamichiba3



























もう自作パイピングがキラリと光ってステキすぎますね。エア漏れ防止のアルミテープ的な意味で・・・笑


他にももうちょっと写真とったんだけど、ナンバー修正めんどくさかったからコレだけね。


そんなかんじで今回の南千葉サーキットは激盛り上がりーの、他の人と交流できーの、いっぱい走らせていただきーので大満足&激充実でした。


今度は自動車部で南千葉サーキット貸しきって走行会的なものをしましょう!!
意外と料金やすいよ!?


もしココ見てる千葉大生いたら、迷わず自動車部見にきましょう(一応宣伝してみる。そろそろ新歓考えなきゃいけない時期になってきたしね。)

あ、千葉大生以外でも、ぜひぜひ交流させてください。割といつでもウェルカムです。


そんな感じで本日の活動日誌しゅ〜りょ〜

さてさて、自動車部在籍年数トップとなりつつある秋葉でございます。

大学祭の間の休日を利用して、ガレージの外の掃除と、余興としてミニ四駆大会を行ってみました。

ガレージの掃除は、MT載せ変えで不要になったAT2個、トルコンetc、壊れた旧タイヤチェンジャー、いらないボンネットなどを金属屋さんに買い取ってもらって、なんと1万円オーバー!!

軽トラのレンタル代と、ガソリン代と、廃油の引き取り代を超えて、利益がでてしまった!!すばらしいです。

さてさて、その後の余興のミニ四駆は大盛況。みんな懐かしさからか、ものすごい勢いで火がついたようです。

余興その2として、次の日にいった蘇我アリオの模型店のコースでは、貸しきり状態もあってか、もう大はしゃぎ。そりゃ、芝あり、ジャンプ台ありのテクニカルコースだったら、テンションあがるっしょ??


「改造範囲は定価で3000円まで(ボディ代含)」というレギュレーションは、最早なかったこととなり、コース走らせながらみんな隣の模型店にいってパーツご購入。


みんな少年時代にもどってきゃっきゃしてました。小学生のころは手がでなかった高いパーツを普通にかえるのが、もう嬉しくて、楽しくてたまらない感じだったようです。

きっと今年一番の「きゃっきゃ度」だったね。うん。


まぁ、そんな感じ。またガレージのコースでミニ四駆やろう!!

さて、みなさまこんばんは。AKBでございます。

て感じで、最近活動日誌書いてないねーってか、俺しか書いてないんだけどね。

みんなもちゃんと書きましょう。


さてさて、話題変わりまして、タイトルの件。


最近ステージアのエンジンをノリで下ろしてしまったので、その勢いでエンジンオーバーホールを始めてしまいました。
1611730431_42








↑ヘッド取ったエンジンと1500円のオーバーホール済み33MTとゴミたちの巻 


ガレージのマスターグリップの工具+アストロの工具でもエンジンばらせ
たよ!!
1611730431_248













↑ほらほら、証拠写真!!クランクシャフトはピカールで磨くのじゃ!笑



ってのは置いといて、なかなかな珍風景だと思うから、みんなガンガン見にくればいいと思う。特に新入生ね。

「これってどんな部品??」とか「どんな働きしてんの??」みたいな質問だったら、大体答えられるとおもうよー 
 

まぁ、そんなかんじの今日この頃なわけです。


最近ガレージにいる面子がいつもどーりな感じで変わり映えしないから、あんまりガレージ来てない人も、たまには顔だしましょう。うん。

某1年生もDC2買うとか買わないとかって話がでてるみたいだしね。
某1年生も86車検とるとかとらないとかって話がでてるみたいだしね。
某4年生も86乗りたいとか乗りたくないとかって話がでてるみたいだしね。

まぁそんな感じな自動車部の近況なわけだ。

いじる車がないひとも、特に用事がない人も、とりあえずガレージきてだべろーぜ。







そしていつの間にやらガレージの住人に・・・笑 

このページのトップヘ