2007年10月23日

秋味ちらし寿司5

〆鯖のちらし寿司こんにちは。

今日は秋らしさをいっぱい感じさせるちらし寿司を作ってみました。
おもてなしにぴったりの一品ですよ。是非お試しあーれ








レシピ(3人前)

基本のすしめしを作ろう。

 白米 2合
 昆布 3cm×3cm
 すし酢 60cc

1)米はといで、ざるにあげてしっかりと水切りをします。
2)昆布はぬれ布巾で軽く拭きます。
3)1)と2)と2カップ弱の水を入れて炊きます。
4)炊き上がったら、米をバットに移しさまします。
5)十分に醒めたらすし酢を加えて、横に切るように混ぜ合わせておきます。

万能だしを準備!

出汁 500cc
薄口醤油 大さじ1/2
塩小さじ 1/2


〆鯖 半身(市販のものでもOK!)
にんじん 50g
干ししいたけ 2枚
春菊 50g
れんこん 50g
もって菊 紫色 10コ
     黄色 6コ
白胡麻 大さじ1 

☆ 作り方

1)にんじんは、せん切りにして、出汁200ccと一緒に鍋に入れて柔らかくなるまで弱火で煮ます。

2)水でもどしたしいたけは、せん切りにして、出汁汁100cc・砂糖大さじ1/2・醤油大さじ1/2と一緒に鍋に入れて、味がしみこむまで弱火で煮つめていきます。

3)春菊は沸騰した鍋で茹で、水気をよく切り1cm幅に切ります。

4)沸騰した鍋に酢と塩少々を加え、ガクから撮った菊の花びらを黄色・紫色別々に軽く湯通しして、水気をよくきっておきます。

5)れんこんは、食べやすい大きさにして薄切りにしてしばらく酢水にはなち、一度水切りをします。鍋に、出汁100cc・砂糖大さじ1/2・酢大さじ1とれんこんをいれ、汁気がなくなるまで弱火で煮ます。

6)準備しておいた寿司めしに、具たねと白ごまを加え、切るように混ぜ合わせます。

7)器に盛り付け、鯖を食べやすい大きさにきって盛り付けていきます。





cuoco_cuoco at 16:38|この記事のURLComments(4)TrackBack(0) 

2007年10月17日

カッテージチーズの白合え5

洋風白和えこんにちは。

昨日の仙台は一日中温度が上がらず、寒い一日が続きました。
毎朝、仙台市内にある青葉山を走っていると、ちらほらと紅葉している木々が見ることができます。

さて、本日は、冷蔵庫にポツリと淋しく残されたカッテージチーズを使って白和えを作ってみました。

カッテージチーズにあう食材の組み合わせとして、今が旬のさつま芋を選んでみました。

白ワインにも、日本酒にも合います

是非お試しあーれ

レシピ(2人前)

カッテージチーズ大さじ4

A) 白胡麻 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
塩 一つまみ

さつま芋 200g
にんじん 50g
りんご 1/4コ
絹さや 10枚
レモン汁少々

☆ 作り方

1)すり鉢で白胡麻をよくすり、カッテージチーズ、A)を加えてさらにすります。

2)さつま芋・にんじんは1cm幅のさいの目きりにして、蒸します。

3)りんごは1cm幅の薄いひょうし切りにして、レモン汁をかけておきます。

4)絹さやは茹でて、斜めきりにします。

5)1)の白和えの元に蒸しあがった野菜・りんご・絹さやを加えて合えます。



cuoco_cuoco at 14:36|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)野菜 

2007年10月11日

雄勝産ムール貝の白ワイン蒸し4

雄勝産ムール貝こんにちは。

今日は閑上漁港の朝市へ行ったお話の続きをしましょう。

私が〆鯖を作るのを驚いた魚屋さんを後に、少し突き進んでいくと、ムール貝を発見しました。他の出店では取り扱っていませんでした。



まさか、ここで生のムール貝と出会えるとはラッキーでした

私の知識不足なのですが、日本でもムール貝がとれるということをはじめて知りました。というより、今まで魚屋で売っていた時に、産地に”目を向けていなかったのかもしれませんね。

南三陸でとれるムール貝はぷっくりとして、ジューシーで美味しかったです

私は、仙台へ転勤してきて、いろんなと出会えたおかげで、魚捌きには腕が上がってきました。やっぱり慣れなんですね。

ムール貝も今回初めてですが、この貝は、周りについている海草やぬめりをたわしできれいに洗ってあげ、後は口に挟まっている藻を取り除くだけなので簡単です。

ムール貝といえば(欧米化)欧米のレストランでは、バケツいっぱいに出てくるそうです。人間、どの民族も考えることは同じですシンプルに酒蒸しにするんですね。日本なら、アサリの酒蒸し、貝の旨みがしっかりでて美味しいですよね〜

今回は、ブイヤベースと洒落こもうとしたのですが、東京に帰るとよく食べに行く「スペインバル」の白ワイン蒸しを思い出して、作ってみました。

ムール貝を手に入れたら、是非お試しあーれ

レシピ(2人前)

ムール貝 500g
にんにくみじん切り 2片分
白ワイン 1/2カップ
パセリ 適量
オリーブ 油適量

☆ 作り方(ってほどじゃありませんよ〜

1)ムール貝は、たわしできれいに洗い、10分程塩水につけておきます。

2)フライパンにオリーブ油をしき、にんにくを加えて弱火で香りがでるまでいためます。

3)2)にムール貝を入れて軽くにんにくをからめ、白ワインをして蓋をして、口が開くまで待ちます。

4)出来上がったら、パセリのみじん切りを散らします。

コレだけの少ないワインと、しかも塩味は???っと思われた方、塩は不用です。ムール貝から十分に塩分と水分が出てきますから安心して下さい。




cuoco_cuoco at 16:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)魚貝類 

2007年10月09日

金華さばで作った「〆鯖」5

3e15f468.JPGおはようございます。

皆さんの三連休はどうのようにすごされたのでしょうか
天気のいい日が2日も続き、行楽日和となりましたね。

我々は、絶好の天気だったので、魚の水揚げがいいだろうと思い、まだ行ったことのない「閑上」(ゆりあげ)漁港の朝市に行ってきました。

仙台には、皆さんがご存知の「広瀬川」と他にもう一つ大きな川「名取川」があります。この閑上は、名取川の河口にある小さな漁港街で、名取市にあります。仙台市内からは、車で30分程度でいけます。

この時期の仙台では、脂がしっかりとのった、秋刀魚や鯖・そしていくらを手に入れることができます。

仙台の秋刀魚は有名ですが、最近では、石巻市の牡鹿半島の先にみえる金華山沖でとれる「金華さば」というのも有名になってきています。
残念ながら市内では、ほとんどが東京へ出荷されてしまうため、なかなか高値で手が届きません

この日は、その金華さばが手に入るだろうと期待していきました。

そうです、ありました、あったんです

しかも、めっちゃくちゃに安い値段だったんです。
市内のスーパーで目にしたときは、安くても一尾1280円もしたのにですよ・・・おじさんが「一尾300円でいいと。」言うではありませんかうそのようです

もちのろん、「目は澄んで・身はキラキラ輝き・腹もしっかり張って」新鮮そのものです

むろん、迷わず買いました。

そして、家では、先週末、長岡に住んでいる友達からもらった、極上の日本酒「影虎・純米大吟醸」が冷蔵庫で、美味しい魚を持ち帰るあるじを待っています。

おじさんに「〆鯖にするから、3枚におろして下さ〜い」とお願い☆”

すると、おじさんが、「えーお嬢さん。本当に〆鯖作れるの光物の魚にあたると怖いよ〜。」っと繰り返し言い、驚かされました。

きっと、私が「こんな料理も出来そうにないお嬢さんに、格好つけだけで、試しに作るんだろう。」と思われていたに違いありません。

そうなんです・・・よくヘナチョコに見られるんですよ

ちゃんと、私が「知識がありますから大丈夫ですよ〜。」っと説明すると、少し安心はしてくれましたが、やっぱりまだ不安なのか、三枚におろした後、しっかりと塩をまぶしてからパッケージに包んでくれました。

「よし、これで安心だ!」と一言、となりで奥さんも、ニッコリと「若いのに〆鯖を作れるのね。」とようやく理解してもらえました。

朝市のおじさんが心配していた「〆鯖」もごらんの通り、美味しく出来上がりました

「生」ままで食べるのと、もう一品は、皮目をはがした後、軽く表面を焦がして、「焼き〆鯖」にして楽しみました。


 レシピ(2人前)

鯖  一尾
昆布 鯖の大きさにあったもの二枚
塩  適量

★三杯酢の作り方

 純米酢 100cc
 砂糖 大さじ3
 薄口醤油 小さじ1
 だし汁 大さじ1強

作り方をのせたいところですが、この後は、皆さんご自身で本をお手本に作ってみてください。 絶対に新鮮な鯖が手に入ったときにつくってください。

あたると怖〜いですよ・・・。






cuoco_cuoco at 12:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)魚貝類 

2007年10月02日

グヤーシュ5

グヤーシュこんにちは。

どうでもいいこですが、本日10月2日は、わが夫婦は結婚4年目を迎えます。

あっという間に、一年一年が過ぎてきました。まだまだ夫婦新参者ですが、また今年も、平穏無事に迎えることができたということに、改めて感謝です。

ということで、今晩のディナーでは、私がウィーン旅行から帰国してから、旦那がずーと食べたがっていた「グヤーシュ」とやらを作ってみることにしました

私にとって、グヤーシュといえば、ウィーン旅日記でご紹介した、カフェ・オーバーラのランチで食べたものが、一番印象に残っています。

ちょっと豆知識です

グヤーシュとはハンガリー語・ドイツ語での呼びかたで、英語のメニューでは
「goulash」グラッシュと書いてあります。一緒なんですよ。

あのスープのきれいな真っ赤な色は、パプリカパウダーを使っているんです。私も、ウィーンのスーパーでしっかり買ってきました。

パプリカ







ハンガリー産パプリカ(缶のデザインがかわいいので買ってしまった。)

そして、現地では、このグヤーシュにパスタが添えられてたり、ヂュラムセモリナ粉を練ってちぎったものが添えられていました。

そこで、私は、お米代わり、「リッソ」という「デュラムセモリナ粉で作られたお米」を発見したので、添えてみることにします。

これってつまるところ、ご存知の「黄金伝説」でよゐこのはまグッチェが、相方、有野と寝ずに作っていた「ちねり」ですね本当に存在するとは、大うけしました

ちねり







こちらが、イタリア版「ちねり」らしい・・・


これから、寒くなってくると煮込み料理が恋しくなります。
そんなに難しくないので、みなさんも是非お試しあーれ

レシピ(2人前)

牛すね肉 250g
じゃがいも 2コ
にんじん 1/2本
セロリ茎と葉 1/2本
たまねぎ 1/2コ(粗みじん切り)
パプリカ黄 1/2コ
パセリ 10g
トマト 1コ(湯むきして、ざく切りにします。)
にんにく 1片(すりおろし)
トマトペースト 大さじ1
パプリカ 大さじ1
固形ブイヨン 3コ
塩 小さじ1/2
ラード 大さじ1
キャラウェイシード 小さじ1/2
水 1300cc

サワークリーム 適量
パセリみじん切り

☆ 作り方

1)じゃがいもは一口大に、にんじん・パプリカは乱切りにします。

2)牛すじ肉は、食べやすい一口大に切り塩・こしょうで下味をつけます。

3)熱した鍋にラードを入れて溶かし、キャラウェイシード、玉ねぎを入れていためます。

4)玉ねぎがきつね色になったら、肉を加えていためます。

5)4)にパプリカ・塩・トマトペースト・トマト・セロリ茎・パセリ・水1000ccを加えて強火にかけます。沸騰したら、固形ブイヨンを加えて火を弱め、肉が柔らかくなるまで1時間30分程煮込みます。

6)1時間30分過ぎたくらいに、じゃがいも・にんじん・パプリカと残りの水を加えて、野菜に火が通るまで煮込みます。

7)お皿に盛り付け、好みでサワークリームとパセリをのせて出来上がりです。



cuoco_cuoco at 17:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0) 

2007年09月28日

まぐろ de 餃子!5

95b42ffb.JPGおはようございます。

今日は、ちょっと一風変わったレシピに挑戦してみました。
題名を見て、「どんなんと思われた方、多いのでないかと・・・

夕方のお迎えに行った車の中で、旦那に晩ご飯の献立の話をすると。「うーん・・・」と一瞬・・・顔が曇りました。

私的には、お子さんがいる家庭には、きっと大人気になると自負
肉嫌い嫌いな人にも、そして、コレストロールが気になるあなたにも満足のいく一品間違いなしです。
お父さんのビールのお供にも合います

ひき肉で作った餃子よりは、ジューシーさはかけますが、モッチリもちもちの感触を楽しんでみてください

スーパーで売っている「安いマグロのぶつ」で十分です。
もったいないので、高い「さくのマグロ」は買わないでくださいね。

今晩のおかずに、あなたのお宅でもお試しあーれ!


レシピ(2人前)

餃子の皮 一袋(25コ分)
めばちまぐろ(ブツ) 150g
キャベツ 100g
しいたけ 大1
大葉 10枚
山芋 50g(すりおろします)

A)
しょうが汁 小さじ1
油 大さじ 1/2
ナンプラー 大さじ1/2
塩・こしょう 適量

かぼす 1/2コ
醤油・ラー油 適量

☆ 作り方

1)キャベツは細かく切り、塩少々をふりかけ、手でよくもんで水気をしぼります。

2)しいたけ、大葉はみじん切りにします。

3)マグロのブツをペースト状になるまで、よくたたきます。

4)3)にキャベツ・しいたけ・大葉・A)の調味料を加えてよく混ぜ合わせ、最後に山芋すりおろしを入れ、全体になじむように、よーく混ぜ合わせます。(手がかゆくなるのでスプーンを使うといいですよ。)

5)餃子の皮に包んで、焼きます。

★ ちょこっと一言

食す時に、絞ったかぼすと醤油をあわせた調味料を作ります。ラー油は少な目のほうが美味しいでしょう。


alt="『お料理好きさんたちが気がつけば何度も作っている定番レシピ157』発売記念!! たっぷりの良質食材と、今だけセット中っ。" border="0">







cuoco_cuoco at 10:59|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)魚貝類 

2007年09月27日

ピーマンと茗荷のおかか和え5

f379eba2.JPGこんにちは。

今日は、ピーマンをうーんと美味しく食べれる一品をご紹介します。

今も昔も一緒で、ピーマン嫌いの子供は多いですよね〜。
かつて、私も子供の頃、あの苦味が大嫌いでした。
でも、大人になると不思議と、その苦味が美味しさへと変わって、いつの間にか普通に食べれるようになっちゃったんですよ。

手っ取り早く緑黄色野菜をしっかりと摂取できちゃいます。

初夏から始まり、ピーマンと茗荷が美味しく食べれる時期までは、よく作ります。

ご飯のうえにのせて食べても美味しいです

今晩スーパーで、ピーマンを一袋100円で見かけたら、是非お試しあーれ

レシピ(2人前)

ピーマン 5〜6コ
茗荷 3コ
おかか 一袋
黒胡麻 大さじ1
醤油 大さじ1

☆ 作り方(ってほどのもんじゃないけどね)

1)ピーマンを縦半分に切って、種を取り除きます。

2)沸騰した鍋で、軽く湯がきます(10秒ほどす。)

3)ピーマンの水気を良くふき取り、細い千切りにします。

4)みょうがは縦半分にきり、せん切りにします。

5)ピーマンと茗荷に、おかか・醤油・黒胡麻を加えてよく混ぜ合わせたらできあがりです。



alt="『お料理好きさんたちが気がつけば何度も作っている定番レシピ157』発売記念!! たっぷりの良質食材と、今だけセット中っ。" border="0">






cuoco_cuoco at 16:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)野菜 

2007年09月26日

秋鮭と豆腐の野菜葛あんかけ5

b38fdae3.JPGこんにちは。

先週末、顔の見えない皆さんにご挨拶をしに、東京に帰省しました。

東京でも、お彼岸を迎えてから、すっかり気温も下がり秋らしくなっていました。

昨晩は 中秋の名月 でしたが、皆さんの暮らされている街では、きれいな お月さま の顔をみることが出来ましたでしょうか

スーパーへ行くと、実りの秋とはよくいったものです。
みずみずしさを蓄えた、美味しそうな果物が沢山ならんで、太陽をいっぱい浴びた、彩り鮮やかなお野菜くんたちも、すっかりシックな大人のお野菜さんへと顔ぶれが変わってきましたね。

さてさて、今日は、旬の  を使って、秋らしい一品をつくってみました。

魚を使った料理のレシピがなかなか思いつかなかったのですが、今秋にはいって作った「はらこめし」をヒントに作ってみました。

これから紅葉の時期を迎える、山里の絵がお皿の上に描けていますでしょうかこの料理は、そんな感じをイメージしています。

大人の上品な味にしあげてみました。お試しあーれ

 レシピ(2人前)

秋鮭 200g
豆腐 1/2丁
白菜 1枚
しめじ 1/2パック
えのき茸 少量
銀杏 1/2パック
三つ葉 適宜
いくら 適量
わさび 適量


出し汁 600cc

A) お酒 大さじ1
薄口醤油 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
柚子こしょう 小さじ1/3

葛 大さじ1・1/2(同量の水で溶いておきます)


☆ 作り方

1)生秋鮭の皮をはがし、刺身状の一口大にそぎ切り(スライス)にし、バットに並べて軽く塩をふり、水気を取り除き身を〆ます。

2)豆腐はキッチンペーパーにつつんで、2/3まで水気をぬきます。

3)下ごしらえした豆腐を1/8に切ります。(四角形になります。)

4)白菜は、1cm×1cmのひょうし切りにして、柔らかい葉と堅い芯の部分をわけておき、しめじは小房にわけ、えのき茸は2cmの長さに切ります。

5)出し汁にA)の調味料を加えてひと煮たちさせ、そこへ,1)の秋鮭を一枚ずついれて火を通して、別皿にひきあげておきます。

6)5)の鍋に豆腐を入れて温め、お皿に移しておきます。

7)6)の鍋に4)の野菜を白菜の芯→銀杏水煮→しめじ・えのき茸をいれて火が通るまで煮ます。

8)仕上げに水で溶いておいた葛を流しいれて、とろみをつけます。

9)お皿に豆腐と、秋鮭を盛り付け、具の上から野菜葛あんをかけ、三つ葉といくら、わさびをあしらえて出来上がりです。


今日のポイント

魚を切る時は、必ず包丁の下の部分から切り口をいれ、自分の身体のほうに向かって、すーっと引くことが、上手くきれいに切るコツです。

のこぎりを使うように、上下にぎこぎこしたら、身が崩れてしまいます。
一回で切れなくても、もう一度包丁の下の部分から引くようにしてください。
あわてないで、「ゆっくり、やさし〜く、愛情こめて」が基本で-す。
 


alt="『お料理好きさんたちが気がつけば何度も作っている定番レシピ157』発売記念!! たっぷりの良質食材と、今だけセット中っ。" border="0">







2007年09月20日

レシピが掲載されます。5

こんにちは。

このたび、9/26「レシピブログ」から出版される、レシピ本に掲載されることとなりました。名前は「ふわ」のままです。

興味のある方は、本屋さんで探してみてくださいな

recipeblog/















めんどくさい方は、ネットショッピングでもお買い求めいただけます。

■「楽天ブックス」での、当書籍掲載ページ■
http://item.rakuten.co.jp/book/4497791/ 
■「Amazon.co.jp」での、当書籍掲載ページ■
http://www.amazon.co.jp/dp/4756150063/


これからも、地道にではありますが、少しでも美味しいお料理を、皆さんのご家庭に提供できるよう、日々勉強、そして研究に励んでいきたいと思います。

ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いします。



   ご紹介


alt="『お料理好きさんたちが気がつけば何度も作っている定番レシピ157』発売記念!! たっぷりの良質食材と、今だけセット中っ。" border="0">






cuoco_cuoco at 11:09|この記事のURLComments(4)TrackBack(1)その他 

2007年09月19日

たたききゅうりの冷製中華4

こんにちは。

今日は火を使わずに簡単にできるレシピをご紹介します。

胡瓜のシーズンが終わる入る前に、美味しくぽりぽり食べちゃいましょう。
ビールのお供いかがでしょう

もう一品足りないなっと思ったあなた・・・どうです〜ぅ
お試しあーれ

レシピ(4人前)

きゅうり 3本

★ たれの作り方

 ごま油 大さじ1
 醤油 大さじ3
 酢 大さじ2
 水 大さじ2
 砂糖 小さじ1
 しょうがせん切り 1/2片
 唐辛子輪切り 小さじ1

上記した材料を、よくかき混ぜでおきます。


☆ 作り方

1)胡瓜の両端を切り落とし、包丁の背を使って、食べやすい大きさにたたき割ります。

2)厚手のビニール袋に胡瓜と、上記で作ったたれを加えて、よくもみ込みます。

3)2時間ほど冷蔵庫で寝かせれば、できあがりです。




cuoco_cuoco at 12:31|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)野菜 
Link
ランキングに参加しています。ご協力お願いします☆”

にほんブログ村 料理ブログへ

レシピブログへ


人気ブログランキングへ



Recomend Goods

キッチンがかわいく、美しく、お料理が楽しくなる「ル・クルーゼ」。私も結婚祝いにプレゼントでもらって、とっても嬉しかったです。大好きなお友達にプレゼントしてみては?