カップ酒を集めてコレクションがとうとう200ほど集まったんですが、ふと「私ってカップ酒のどういうところが好きなんだろ?」と考えた。
最近は出先で未購入のカップ酒を見つけたら何も考えず即購入でまるでノルマをこなしているような状態になっていたのでここは原点に返って、ゆっくりカップ酒のことを考えてみるべきであろう!
というわけで、今まで集めてきて感じたことや考えたことをまとめてみようと思う。


そもそもカップ酒がこの世に姿を現すようになった最初のものは大関のワンカップが最初。※ちなみにワンカップは大関の商標なので他社は使えない。
それに続けといわんばかりに他の酒蔵も製造し、今となっては全国津々浦々、その土地でしか見られないカップ酒が入手できるようになった。とても素晴らしい。
当然のことながら、たくさんのライバル製品がある以上、商品として差別化していかなくてはならない。
大吟醸を詰めたり、綺麗なビンであったり、ご当地の素敵なラベルやプリント、特産品のアピールなどと工夫がされたものがたくさんあり、地元の特産品や祭、観光地の様子などなどが伺えて非常に興味深い。
その一方で中にはとりあえずビンにつめてみましたとしか思えないものがあったりと千差万別で、割と飽きっぽい私ではあるけれども、まだまだ飽きる気配はないのでその程度には奥深い物だと思っている。

IMG_4828 (2)
ラベルからその土地の名物、お祭、観光名所などがPRされていることも多い。


~一番の魅力とは~

ご当地性が高いということが一番大きいこと。最近はご当地土産が通販や大きな駅で入手できたりしてご当地としての価値が下がっているけれども、カップ酒にはそれがまだあまりないように感じる。
通販で買うにしても売上げとしては小さいからか、酒蔵のHPに掲載されていないことがたびたびある。また、生産量がそこまでない酒蔵も多いので、地元でくらいしか出回らないというところが一番大きな理由といえる。これはカップ酒に限らず地酒、特にそこまでランクの高くないものにも言える。


~カップ酒のビンとラベル~

カップ酒はやはりラベルや綺麗なビンだとなおさら入手したときに喜びが大きい。え、中身は?と言われると、そりゃ当然好きだけれども、お酒自体のことについては詳しい人は本当に沢山いて、私の出る幕じゃないと思っている。どちらかと言うとカップ酒がビンから、ラベルから発信するご当地メッセージを受け取りたいのかもしれない。
せっかくなのでカップ酒の容器の分類を簡単にしてみた。機会があればカップ酒を見つけたときに思い出してくれるとうれしい。


1
左から

<くびれ型>
最も多く、スタンダードなタイプ。ただしビンの形や容量はよく観察するとまちまちなので、一番変化が見られる。並べて比べるとおもしろい。

<寸胴型>
二番目に多いタイプ。くびれ型と比べると口をつける部分にくぼみがない。ずっしり重たく見えて、くびれ型に比べると高級に見える気がする。

<花瓶型>
寸胴型よりも高級そう。なぜ花瓶型にしたかというと、小ぶりな花束をもらう機会があった際に、花瓶がなかったからこのタイプの空き瓶に差して飾っていたから。しかもそれなりに様になっていた。

2
左から

<ワイングラス型>
その名の通り、ワイングラスを模したもの。このタイプはワインカップのみでしか見られない。日本産ワインカップは数種類あり、どれも全部違う。唯一外国勢(イタリア)のカップ酒がある型でもある。

<缶カップ>
容器が缶もの。写真の菊水シリーズが一番良く見かける。遮光性が高く、保存性は高いといえるのだが、個人的には情緒にかけると感じる。

<紙カップ>
容器が紙製。当然あまり丈夫でないのでコレクションアイテムとしては魅力に欠ける。中身もランクとしては下の物が多い。加工が楽だからかたまに素敵な物もある。

3


<分類不可>
このタイプを見つけるとむちゃくちゃうれしい。容器に凝ると当然コストが上がるので、多くの酒蔵は既成のスタンダードなものを使う。それをあえてしないのが尊く感じる。単純にレアな物見つけたという意味でも嬉しいし。写真はお気に入りたち。



このように容器の種類だけでも意外とあるので結構面白くないでしょうか?その他にもビンに直接プリントしているかラベルシールをビンに貼うタイプか、そのラベルやプリント自体に工夫があったりなどなどといろいろな視点から眺めているととても奥深いのです。

~都内のカップ酒スポット~

せっかくなので都内の素敵なカップ酒スポットも紹介していきたい。ごく一部ではありますが・・・

<味ノマチダヤ>
IMG_3077
西武新宿線、新井薬師前駅から歩いて15分ほど。この酒屋は都内でおそらくトップの品揃えを誇る。獺祭などの今やプレミアとなった日本酒が定価で売られていたり、非常に本数の少ない日本酒の入荷を行っている。別にカップ酒に興味はなくとも酒好きなら必ず楽しめる。何気に発酵調味料(醤油や味噌など)の種類の多さも必見。
IMG_3079
こんな冷蔵庫があと三つも並んでいます。

そしてカップ酒の種類も群を抜いている。大手酒造以外のカップ酒を提供する居酒屋で、この店から仕入れていないのはまずないそうで。そういう意味でここは外せないスポットといえる。


<エチゼンヤ>
IMG_1714
都内では4台しか稼動しているのが確認できていないといえば貴重さがわかるだろうか?

もはやかなりレアになってしまったカップ酒自販機が今でも稼動している店の一つ。
個人的には地方の宿泊施設やドヤ町ではひっそりと稼動していると思われる。ぜひ見つけたら教えてほしい。廃自販機ですら見つけることは困難なので・・・・・・
なお、エチゼンヤはアクセスが渋谷から歩いて10分程という比較的アクセスがよく、入りやすい店ということで選んでみた。




・・・・・・どうでしょう?少しはカップ酒についてみる目が変わったのではないでしょうか?
正直おっさんの飲み物というイメージはまだまだあると思います。間違いではない面はある。
しかし今の時代こそカップ酒はむしろライフスタイルに合う飲み物だと考えています。
日本酒は1升ビンで販売されていることが多いですが、一人で飲みきれますか?飲みきれる能力はあったとしても正直飽きると思います。昔に比べて世帯構成人数は少なくなり、単身世帯が増えています。
だからこそ小分けになったカップ酒だと気軽に飲める。ついでに飲み比べもしやすい。昔に比べ、食の選択肢も増えているのであれこれと組み合わせを考えることもできるようになる。
そんな素敵なカップ酒で作る日常のちょっとした贅沢。私は影ながらそういうのを応援していきたいと考えているのです。



~おまけ~

今までカップ酒を収集していて、どういうところだとだと陳列されている可能性が高いかある程度法則?があると気づいた。

・大きい地方都市の駅では駅近くのデパートに結構な種類が置いてある。
・本当に田舎に行くと、コンビニが狙い目。意外に種類を置いてくれている。
・逆にダメなのが地元の酒屋。普通のビン入りのものしか置いてないことが多い。
IMG_2649
新潟駅のぽんしゅ館。味ノマチダヤが霞んでしまう取扱量。まさに天国