夏の暑さに強い人、弱い人がありますが、暑さに弱い人が困るのは、

夏バテや熱中症

ですよね?

そして、夏バテや熱中症になり始めるときに人それぞれ固有の症状に悩まされることがあります。

ここでは、夏バテになると、吐き気や胃痛に悩まされるあなたに向けて詳しく説明しています。

夏バテで体力が落ちる季節になりましたね。


夏バテと吐き気の原因には二つのパターンが!!


あなたの身体は大丈夫ですか?

嫌な梅雨時を過ぎると、今度は夏バテの時期。

体調管理が難しいですね。

このようなものを使って体調管理をしっかりとしましょう。

夏バテ対策に食事を取り入れてみませんか?
夏バテ対策には、食事が大事!レシピを工夫し夏痩せ予防、そして胃痛防止に。


夏バテの種類

夏バテには、次のような種類があります。

・湿気を含んだ暑さに負けた状態。

  快適な夜を過ごせれば解消しやすいです。

・クーラーの冷えと、外気の暑さで身体がそれぞれに順応できなくなった状態。

  冷えと暑さで体調を崩した場合は、おかゆでリセットしましょう。

特に、現代では、冷えと暑さの順応が難しく、夏バテを起こしてしまう事が多いようです。


夏バテと胃

夏バテの症状で胃痛や食欲不振、吐き気などを起こす事があります。


このような状態は、ほぼ冷えが原因で起きているんです。

夏バテなのに、冷えが原因って、おかしいと思いますよね。

でも、実際、夏バテで吐き気や食欲不振になった人には、身に覚えがあるのではないでしょうか?

症状が起きる前に、冷たい飲み物をゴクゴクっといったり、かき氷やアイスをガツガツ食べたりしませんでしたか?

通常、暑い真夏の太陽の元で、汗をびっしょりとかいた状態であっても、凍っているものと同等の冷たさのものを口にするのは、胃にとっても良くない事なんです。

内臓は、全て体温に近い温度で保護されています。

これは、内臓の機能を正常に保つために必要な条件なんです。

しかし、内臓の中にあって、胃という内臓は、他の臓器と違って、直接温度に影響してしまう事が少なくないんです。

冷たいものをゴクゴクいけば、冷えてしまうし、熱いものをガンガン喉を通せば、焼けてしまいます。

気温が高い時に、体内の温度も高くなっていれば、少々冷たいものを入れても、すぐに温まります。

しかし、気温は高くても、クーラーにあたって、身体の中はそれほど温まっていない時に、冷たいものを飲んでしまえば、たちまち胃が冷えてしまいます。

内臓は、冷えるとすぐに機能が低下します。

胃が冷えてしまえば、食欲不振となります。

けれど、食べないと元気になれないと思い、一生懸命に食べようとする。

そう、胃に無理をさせるんですね。

すると、胃に炎症が起きてしまうんです。(軽い胃炎:胃の荒れ・胃痛)

炎症は、火事と一緒で、煙は上に上がるもの。

その感覚が吐き気という事になります。


胃の炎症や吐き気の原因は、他にもたくさんありますが、夏バテと吐き気や胃痛の関係に関しての、大雑把な説明をしてみました。


胃痛に悩んでいる方はこちらもどうぞ
胃痛は原因であるストレス・食事・睡眠がポイント


関連記事

体調不良 ━ 食欲不振と吐き気、夏バテ?
夏バテ対策には、食事が大事!レシピを工夫し夏痩せ予防、そして胃痛防止に。
胃痛と吐き気が、夏場に起きやすい原因って?
胃痛と頭痛が同時に起きた場合、あなたならどうしますか?
倦怠感の原因と2つのパターン、そして間違った対処法



★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
しています。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。