胃痛は胃の症状、下痢は腸の症状。

それぞれ違う臓器でありながら、胃痛と下痢は、同時に発症することが多いですね!


胃痛や下痢などを引き起こす食中毒の原因となるものは?


なぜ、このような事が起きるのでしょうか?



胃について

東洋医学では、胃を狭義の胃と広義の胃と、二つに分類して考えています。

狭義の胃とは、西洋医学で言われる、皆さんご存知の胃の事です。

広義の胃とは、口から肛門まで、

口⇒食道⇒胃⇒小腸⇒大腸⇒肛門
         ↑
    肝臓・胆のう・膵臓

この流れをまとめて、胃もしくは脾と呼んでいます。

従って、胃と腸の症状は、まとめると胃の症状という事になるんですね。

口から肛門の流れは、外部から飲食物が通る道で、つながっている一本の管と捉えるので、これをまとめてとするんです。

さらに、胃から小腸に食べ物を流す過程で、消化酵素を肝臓や胆のう、膵臓などから、流し込むことで、消化を促進させる働きがあるため、これらをまとめて消化器系とみて、その機能をまとめてと呼んでいるんです。

この広義の胃、もしくは脾の働きが、元気の源となる栄養素を作り上げ、全身に分配することで、生命を維持する事が出来るんですね!

そのため、東洋医学では、この脾胃を、治療において最も重視した診方をするんです。



胃痛と下痢の原因

話は戻りまして、胃痛と下痢が同時に発生する原因としては、最も多いのが、冷飲食ではないでしょうか?

冷たいアイスや氷水などを、ガバガバ取っていると、胃は、冷えきってたまったものではありません。

人間もそうですが、身体が冷え切ったら全身ガチガチに固まってしまいます。

胃も同じように、冷えきったら固まってしまうんです。

冷えきって固まった状態といえども、生命を維持するためには、働かなければなりません。

筋肉がガチガチに固まっているのを無理やり動かせば、肉離れのような状態となり痛みが出ますね!

その状態が胃痛です。


胃が冷えきっていれば、冷たいものは、そのまま腸まで冷えを運んでしまいます。

そして、腸が冷えると下痢を起こすんです。


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



 コメント一覧 (1)

    • 1. cheap tattoo needles
    • 2012年09月04日 00:51
    • そして、腸が冷えると下痢を起こすんです?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。