昨日に引き続き、頭がくらっとする症状が、
中途覚醒(寝ている途中で何度か目が覚めてしまう)と、
どのように関係があるのか?

について、書いていこうと思います。


昨日は、


寝ている途中で何度も目が覚めてしまう状態を、
詳しく書いてきました。

今日は、その続きとして、

睡眠をしっかり取っていないと、どういうことが起きるのか?

ということについて書いていきます。


このブログを何度も読まれている方は、しつこいくらい出てくる
言葉だと思いますが、

人間の身体は、陰気と陽気のバランスで保たれています。

そして、
  • 活動するパワーが陽気
  • その疲労を取るパワーが陰気
ということになります。

そして、陰気は、もう一つ重要な

身体や精神の成長にもかかわるパワーを持っている。

ということも書いてきました。


しかし、社会を見渡してみると、ほとんどの方が、

睡眠よりも行動する時間を重要視しています。

これは、活動するだけで、何も身についていないことを意味するのです。

「いや、俺は十分頭が良いぜ!」

とか、

「やりたい事がいっぱいあるから、寝る時間がもったいない!」

などと言う人もいるでしょう。


しかし、頭が良ければ病気してもいいということでもないし、
やりたいことをやっているだけで、長生きできるということでも
ないですよね!

活動したら疲れはたまる。

疲れが溜まったら取り除く必要があります。

そのためには、睡眠が必要です。

食事を取ったら、消化吸収しなければいけません。

消化吸収を最も活動的に行なうのも睡眠です。

体力アップを目指して筋トレをしても、睡眠を取らなければ、
十分な栄養が筋肉に配給できず、目標通りの筋肉はつくられません。


このように、睡眠というのは、かなり重要な行動なんですね!

そして、一番肝腎な、

陰気の活動する場

でもあるんです。


身体の中を巡る気は、身体の隅々をくまなく巡ります。

気は、身体の内部にあるだけでなく、外部からも取り込みます。
  • 足の裏からは、地面から受ける陰の気
  • 頭のてっぺんからは、太陽から受ける陽の気
日中は、太陽が頭の上にありますから、立ったり坐ったりして、
頭が上で足が下というバランスが、この両方の気を
うまく取り入れる姿勢なんです。


しかし、太陽が沈んでしまうと、太陽からの気を受けることができません。

そのため、電池切れとなり倒れた状態を作り、あまり陽気を
消費しないように充電しなければいけません。

そのため、活動することで頑張っていた陽気の代わりに、
陰気が活動する番となります。

従って、陰気が最も活動しやすい”睡眠”を取るということが、
一番自然な形なんです。


しかし、この大事な睡眠中に、目が覚めてしまうと、
何かを見てしまいますね!

この目で何かを見るという活動は、陽気をかなり使ってしまいます。

そのため、夜中に目を使っていると、日中の活動するための
パワーが足りなくなってしまうことがあるんです。

これが、めまいや、今回の頭がくらっとする症状の原因となります。


さらに、この状態も、我慢しつつ頑張って活動し続けると、大事な気が
頭の中を巡る事ができなくなり、意識が遠のいてしまったり、
頭痛が起きる事もあるんです。

さらっと書いてしまいましたが、理解できたでしょうか?

分からないことがあったら、何度も相談してくださいね!


身体や心の悩み相談はこちらから
悩み相談フォーム


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。