今回は、久し振りに新規の悩み相談に対して書いていきましょう。

小さい頃から症状が発症して10年間。

かなり苦しんでいる様子が伺えます。


相談内容は、


━━━  ここから  ━━━

こんにちは。

24歳女性です。

14歳からパニック障害をわずらっています。

そのほかに、生理の周期が長く(30−40日)不規則、 生理前の
冷えや生理通

下腹部がガスがたまったように張る

冷え

繰り返すぎっくり腰

毎朝起きた時の背中の痛み

繰り返しできるにきび

イライラ、憂鬱感など

いろいろなところに不調が現れています。

西洋医学によく見られる対処療法的なアプローチではなく、 根本的な
解決方法を探しています。

先生のアドバイス、お待ちしています。

━━━  ここまで  ━━━

悩み相談を、ご利用いただきありがとうございます。

さて、今回もさまざまな症状で悩んでいる方からの悩み相談です。

14歳で、パニック障害というのは、何か原因があったのでしょうか?

原因がなければ、

生まれた時から体力がない

という状態だったはずですが、いかがですか?

もし、違っているのだとすれば、母胎内にいた時の問題か、
妊娠する前のご両親の疲れ具合に問題がある場合があります。

この場合、なかなか改善するのが難しいですが、少しずつ疲れを
抜きながら、体力を上げていく方法がベストだと思います。

注意すべき点は、
  1. タバコ、コーヒー、アルコール、味付けの濃い飲食などを極力取らないようにする。
  2. なるべく階段の上り下りを積極的に行う。
  3. いくら食欲があっても、食べ過ぎない事。
  4. よく噛んで食べる事。
  5. 朝晩には、必ずラジオ体操を行う事。
これで、血液循環が改善していくはずです。

少し時間はかかるかもしれませんが、血液が流れない事には、
どこも改善できませんので、地道にトライしてみてください。


長くパニック障害に苦しんでいた人たちが、
こちらで続々と回復しています。


姓のみ(ハンドルネーム可):
メールアドレス:




 

キュアハウス・メソッドの考え方


遺伝⇒体格⇒性格⇒生活習慣⇒体質⇒生活習慣⇒症状⇒病気


体格以降の問題は、ほぼ原因さえ突き止められれば改善できるもの。


詳しくはこちら

【1】病気や症状の根本原因を探る方法

【2】病気や症状を確実に改善する方法

【3】誰もが諦めてしまう体質改善法





あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメント一覧

    • 2. キュアハウス
    • 2016年02月05日 22:49
    • 石村さん、コメントありがとうございます。
      内容からすると、疑うは、

       1.砂糖
       2.糖質

      どちらかの量が多くないですか?
    • 1. 石村
    • 2016年02月05日 21:54
    • こんにちは。突然ですが、質問させてください。
      もう、何ヶ月も、左側の脇に突っ張り感があり、時々、みぞおちが、きゅーと痛くなったり、左側だけなのですが、腕がだるく、痛く(運動もしていないのに、筋肉痛みたいな感じ)、背中が痛くて
      心配です。あまりに心配なので、血液検査、心電図、血圧をみてもらったのですが、まったく以上なしです。10年前に、パニック障害と診断されてから、投薬治療を1年ほどしましたが、症状は緩和されても、投薬で体の中に異物を入れることに、違和感を感じ、その後は、サポートグループ、カウンセリング、軽い運動(ストレッチでもヨガでもなく、自力整体というものです。)、ポジティブシンキングなど、いろいろ頑張って、5,6年ほどは、パニックになっていたことが不思議なくらい、元気になったのですが、またこの数年前から、どこからともなく襲ってくる、不安や、以前にも増して、いろんな恐怖感が襲ってくるようになってきて、パニック障害を克服した!と思っていたのに、前よりひどくなって来たような気がします。薬にも、ドクターにも、頼らす、自分の体が本来備えている、治癒力でがんばって改善したいと思っているのですが、なにせ、素人ですから、助言をして頂きたく思い、メールしてみました。長文ですみません。宜しくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。