頭がふらふらしたりもやもや感があったりすると、脳の問題か?

と心配するものですよね!

そのため、脳神経外科や神経内科で検査を受けることがあります。

しかし、検査結果では、「異常なし!」と、なることが多く、長期的に薬を
飲んでも、効果が出ないことがあります。

こうなると、


さらに心配が強くなりますよね!

今回は、そんな方からの悩み相談です。

相談内容は、


━━━━━━  ここから  ━━━━━━

家内のふらつきで相談があります。

3年前からふらつきと頭のもやもや感の症状で神経内科など通院していますが
改善しません。

夜間の睡眠も十分かと思いますが昼も眠気が襲ってくるようです。

海外旅行もできなくなりなんとかすっきりさせてあげたいのですが治療方法は
ありますでしょうか。

年齢は59歳です。

━━━━━━  ここまで  ━━━━━━

悩み相談をいただき感謝しています。

さて、今回は奥様のふらつきと頭のもやもや感に対するお悩みということです。

この症状は、実はすごく多いものなんです。

そして、そのほぼ全ての原因が睡眠不足によるものなんです。

ただ、今回の件では、睡眠の問題は全くないとあります。

本当でしょうか?

夜間の睡眠が十分にとれていて、昼間に眠くなることはまずありません。

今一度、睡眠のチェックをお願いします。
  1. 夜10時には眠っている。
  2. 寝つきは非常に良い。
  3. 睡眠中に一度も目が覚めない。
  4. 毎朝、起床後か朝食後に必ず排便がある。
  5. 排便の状態は、必ずバナナ一本分の状態で出せている。
  6. 起床時には、スッキリした感覚で目が覚める。
  7. 起床時の状態は、必ず就寝時の体勢や布団の位置が変わっている。
  8. 薬は一切飲んでいない。
この中の一項目でも、当てはまらないものがあれば、睡眠不足です。

早速その状態を改善する必要があります。

生活改善できない場合は、お灸治療が効果的です。

キュアハウスの場合は、頭と手足、お腹と背中の上部を、重視してお灸を
行います。

もし、生活改善の方法がわからなければ、再度ご連絡をお願いします。


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



 コメント一覧 (4)

    • 4. キュアハウス
    • 2011年06月15日 12:20
    • Ricomamさんへ

      はい。

      頑張ってくださいね!

      また、ご報告待ってます。
    • 3. Ricomam
    • 2011年06月14日 23:06
    • 5 なるほど。
      貴重なコメントありがとうございます。
      では、今月の課題は、背中の筋肉の強化と、股のうらの筋肉と、お尻のキン肉強化!
      あとは、呼吸を深く、逆立ちですね。
      ぶら下がりにいきたいとおもいます。
    • 2. キュアハウス
    • 2011年06月14日 17:03
    • Ricomamさんへ

      いつもコメントありがとうございます。

      さて、しゃがんだ瞬間のめまいですが、これは、立ちくらみと何ら変わりのないものです。

      背骨のグラグラ感もしくは、背骨の周りで支えている筋肉の低下により、血流障害が起きている場合に発症する症状です。

      そして、急激な体位変化(姿勢を変える)によって起ったんです。

      しかも、朝シャンの後であったということ。

      シャワーを浴びると、身体の表面の血流は良くなり、身体の深部は冷えたまま。

      従って、ただでさえ、血流のバランスが悪くなっています。

      そこに、姿勢を急激に変えたことで、さらなる血流障害が起きた。

      これが全体像です。

      この瞬間に、一番大きく動いた筋肉は、骨盤についている筋肉群です。

      この筋肉の力が弱かったといえるでしょう。
    • 1. Ricomam
    • 2011年06月14日 14:50
    • 5 こんにちは。
      また一つ質問です。
      今日、朝シャワーを浴びてあがって、子供に靴下はかせようとしゃがんだら、くらぁと、平行感覚がなくなり、めまいがおこりました。
      しゃがむとは、かかともつけた状態で座った形です。
      立ちくらみの間逆なのに。
      なぜ、でたんでしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。