頭がぼーっとすると集中できないですよね!

そのうち、めまいやあくびが出たり、何となく吐き気が出たりと、
どんどん症状があふれ出てくるよう。

しかし、病院へ行っても、はっきりと診断名を言ってくれない。

「何の病気なんだろう?」


と気になり、執拗に医師に聞いていると、

「うつ症状が出ていますね!」

と、抗うつ剤を処方。

なんてことになりかねませんね!


しかし、これは、うつ病でしょうか?

うつ病で、頭がぼーっとしていたんでしょうか?

この辺り、結構勘違いで悩んでいる人が多いんです。

勘違いというよりも、「医師の言葉を信頼したがために。」と、
言った方が正しいかもしれません。

はじめに起ったのは、頭がぼーっとする症状だけですよね!

他には何もなかった、しかし、その後、徐々に症状が増えて
いった。

となると、一番初めの頭がぼーっとし始めた原因を探す必要が
あります。

頭がぼーっとする原因には、
  1. 頭部の血流不足
  2. 睡眠不足
  3. 発熱
  4. のぼせ
これらが考えられます。

頭部への血流が悪くなれば、頭の回転も鈍くなります。

睡眠不足が続くと、起きていても、頭の中はまだ眠っている状態に
なることがあります。

発熱やのぼせは、頭部内に熱がこもってしまうことがあります。

これらすべてが、頭がぼーっとする原因になります。

従って、これらを改善することが、頭がぼーっとする症状を改善
させるポイントとなるわけです。


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。