痛みというのは、いろいろな所に出ます。

虫歯、腰痛、痛風、生理痛、頭痛、胃痛などなど、様々な
パターンで痛みは出ます。

そして、痛みといったら、早く止めたい。

痛みを早く止めるためには、

そう、痛み止めですね!

痛み止めといわれるものには、ボルタレン(ジクロフェナク)や
ロキソニン(ロキソプロフェン)という鎮痛剤が、代表的なところ。


親知らずなどで歯に痛みが出ても、腰痛や胃痛でも、どこに
どのような痛みが出ても、ロキソニンやボルタレン。

これに疑問を持ったことはありませんか?


痛みがあるから、痛みを止める。

一見正しいと言えば正しいような!!


けれど、これ痛みは止めても、痛みの原因はどうなんでしょう?


例えば、親知らずが虫歯になっている場合に、痛み止めを飲んだら、
痛みは一応止まりますね!

これで、虫歯は治り、親知らずはまた元通り、元気な歯に戻って
いるんでしょうか?


また、腰椎椎間板ヘルニアの痛みで、痛み止めを飲み、痛みが
治まったら、腰椎椎間板ヘルニアは治ったんでしょうか?


誰でも、わかることですね!!

そうなんです。

全く治っていないわけなんです。

なのに、なぜ、痛み止めを飲んで痛みが引いたら、みんな安心して
しまうのでしょうか?


それは、本当の痛みを出す原因が、表面から見えないからなんでは
ないでしょうか?

例えば、打撲をして、メチャメチャ腫れ、内出血もひどい場合。

鎮痛剤を飲んで、痛みが引きました。

この場合、見た目には、全然治っていません。

見た目が変わってなければ、そこをかばうように生活するかもしれません。

かばうということは、まだ治っていない自覚があるからですよね!

このように、目で見えるものには、反応するのに、なぜか痛みが止まる
だけで、治ったと思ってしまう。


ここは、真剣に考え、捉え方を変えていただきたいポイントです。

痛いから、痛み止めを飲むのではなく、なぜ痛みが出ているのか?

痛みが止まっている間に、どのようなことをしなければならないのか?

どうすれば、痛みが完全に止まり、どうなれば、完全に治ったと考えて
いいのか?

これを真剣に考えなければ、いつまで経っても、病院や治療院に通う
頻度は変わりませんよ!


逆に、ここが理解できれば、ほとんどの問題を心配せずに、自分で
対応できるようになります。

そして、自然と医療費が節約できるようになります。

日本経済がこんな状態である中、節約できるものは徹底的に節約し、
少しでも有意義な生活ができるように、心掛けましょう。

実際どのようにすればいいのかわからない人は、どんどん質問して
きてください。

そして、一日でも早く、医療に頼ることなく、生活できるようになってください。



体調不良のすべての始まりは胃腸から。
そして、胃腸を整えるには、便秘と下痢を理解するところから
こちらから無料で知識が手に入り改善できるようになります。
↓↓↓


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。