あなたは、肋骨の下に痛みが出たことはありますか?

もし、病院で診てもらっても原因不明の痛みと言われたり、異常なしと言われているのであれば、こちらで、本当の原因を見つけることが可能です。

病院に行かなくても確実に原因を知ることができます


あなたが苦しんでいるその痛みの原因がこの方法で見えてきます。

原因が見えれば、後は行動すれば…?

さて、肋骨は、あばら骨という名前で呼ばれることもある、肺や心臓を守るとても大事な骨のことです。

肋骨の下が痛いと言っても、筋肉の場合も、骨の場合も、内臓による場合もあります。

それぞれ簡単に説明していきますので、あなたがこれまで経験した肋骨の痛みと照らし合わせて、何が原因だったのか?

少しでもヒントになれば幸いです。

筋肉や骨の問題で、ろっ骨の下に痛みが出ている場合には、外傷性の影響が強いと考えられます。

例えば、何か固いものがぶつかったり、大量に咳きこんだりしなければ、あばらの下に痛みが出ることは少ないのです。

内臓の場合には、
  1. 肝臓
  2. 胆のう
  3. 膵臓
  4. 心臓
  5. 腎臓
  6. 大腸
などが代表的なところです。

って、全部じゃんと感じてしまうかも知れませんが、肋骨に隣接している臓器というのは、これだけ多いということです。

あなたが、経験してきた肋骨の痛みは、どれに近い感じでしょうか?

詳しくはこちらでお話しています。

あばらの下が痛い時に考えられる内臓の異常について



キュアハウス・メソッドの考え方


遺伝⇒体格⇒性格⇒生活習慣⇒体質⇒生活習慣⇒症状⇒病気


体格以降の問題は、ほぼ原因さえ突き止められれば改善できるもの。


詳しくはこちら

【1】病気や症状の根本原因を探る方法

【2】病気や症状を確実に改善する方法

【3】誰もが諦めてしまう体質改善法





あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。