腰痛には、さまざまな痛み方があります。

前に曲げると腰に痛みが出たり、 振り返るときだけ痛みが出たり、 座っていると段々と腰痛がひどくなる。

などなど、 たくさんある腰の痛みのパターンの中から、


立ち上がる時に腰が痛い


という腰痛の原因について説明していこうと思います。
この腰の痛みに関しては、ここ数年で最も多くの人が経験している腰痛のパターンだと思います。

そして、このタイプの腰痛になると、整形外科を筆頭に、接骨院や鍼灸院、整体院などに通ってもなかなか治らないという経験をされている人もいると思います。

さらに、治療家側としても、腰の痛みは強そうだけど、腰を触った限り、それほど悪いとは感じないと思い、悩んでいる先生もいるかもしれませんね。

それよりも、腰痛があるのだから、腰椎の動きを付ければ何とかなるだろうと、歪みが見られない腰椎を無理やり鳴らして矯正しようとする先生もいるかもしれません。

結果としては、

腰の痛みに変化は出ない。

ということになってしまいます。

もしかしたら、痛みを強めてしまった場合もあるかもしれません。


なぜ、このようなことが起きるのでしょうか?

それは、原因が、腰は腰でも、身体の後ろ側にある筋肉ではなく、前側にある腰の筋肉の問題で痛みが起きているからなんです。

このブログを読み続けている人であれば、すでに理解されているかもしれません。

けれど、ほとんどの人が知らない、腰痛の原因をこちらで解説しつつ、改善策と予防法を解説しています。

立ち上がる時の腰痛の原因と改善法

★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
していま す。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。