突如として起こる、めまい。

めまいに特化した記事はこちら

そして、立ち上がった時のくらっと来る感覚が、立ち上がったわけではないのに起きたりする。

さらに、急に心臓がバクバクと動悸を打ったり、

吐き気を感じたりと・・・。

このような現象が、20代〜40代前半の方に多く出ていますね!

いわゆる不定愁訴はこちら

病院で診てもらうとしても何科に行けばいいのか?

そして、行ったところで、

「原因不明」

疲れからくるめまいの7つの原因

と言われるか

「ストレスのせいでしょう」

ということになり、安定剤や抗うつ剤を出されるのが落ち。

3種類の背中の寒気と自己改善できる5つの原因

キュアハウスにも、1か月に何人も同じような悩みで、診えています。

そのほとんどが、ストレスが原因。

しかし、実際は、何らかの病気を考えてしまう人が多い。

従って、病院で検査を受けることになるのですが、病気ではないから、

「特に異常なし!!」

と、言われてしまうんです。

さて、ここで、ストレスに関してなのですが、

「特にストレスを感じることはないんですが・・・?」

という人が意外に多い。

けれど、本当にストレスはないのでしょうか?

ストレスを知るためには

それでよく生きてられますね!

要は、重力も感じないということですよね!

食べることも動くこともない。

こんな生活では、身体は何年も持ちません。

おそらく、成人まで生きていられる人はいないでしょう。

通常、ストレスのない生活では、1年持ちません。

けれど、ストレスはないという人がいる。

ストレスに関する認識不足なのですが、

●食欲があるのに仕事で食べることができない
●トイレへ行きたいが、今は席を離れられない
●満腹状態なのにおいしいものが目の前にあるからついつい食べてしまう
●疲れているのに、疲れを抜かずに眠ってしまう
●冷えているのに湯船に入らない
●コーヒーやアルコールを毎日飲んでいる
●何年も7時間以上眠ったことがない
●平日と休日の睡眠時間がかなり違う
●食事を急いでとることが多い
●強モミマッサージが大好き
●背骨をボキボキ鳴らすことが多い
●運動をしているが運動の前後以外ストレッチをしない
●じっとしている時間が長い
●目や指を酷使している

などなど、これらすべてストレスです。

あなたはすべて当てはまらないですか?

当てはまっているものがあって、しっかりとそのストレスを抜くことができていますか?

ストレスは、交感神経が優位になってしまう刺激です。

ストレスを受け続けていると、どうしても交感神経が高まった時に現れる症状が出てきます。

これは、興奮状態なのですが、その結果

●吐き気
●胃痛
●頭痛
●めまい
●立ちくらみ
●目の充血
●抜け毛
●動悸
●耳鳴り
●鼻炎
●不眠
●イライラ
●緊張感
●手汗足汗

などなど、たくさんの症状が起きてしまいます。

ストレスは受けなければ生きていけませんし、成長もしません。

しかし、ストレスのままでは、どこからか緊急信号が発令されます。

そのため、日々、ストレスを抜く作業が必要になります。

ストレスは精神的なものだけではないということが理解できたでしょうか?




このようにストレスの影響で様々な症状が起きることが、実はとてもとても普通の事なのです。

そして、たくさんのストレスに打ち勝つための方法として、いろいろな考え方が必要になります。

 
めまいについてもっと詳しく知りたい場合にはこちら

不定愁訴(自律神経失調症)についてもっと詳しく知りたい場合にはこちら

原因不明の痛みや症状についてもっと詳しく知りたい場合にはこちら

薬による様々な影響についてもっと詳しく知りたい場合にはこちら

ストレスについてもっと詳しく知りたい場合にはこちら




 

★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
していま す。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。