精神的なストレスで胃を痛めたり、
早食いや刺激物を取りすぎることで、
胃を痛めることがあります。

その結果、
頚椎椎間板ヘルニアのような症状が
現れることがあります。

この様な症状がストレスから発症する
メカニズムについて 詳しく説明しています。


まずは、この様なヘルニアの症状を
発症してしまう根本原因について
説明していきましょう。


実は、
ツボの流れ道である経絡が
絡んだ結果の症状なのです。


経絡とは、地下鉄の路線のようなものです。


例えば、千代田線は、肺とつながっていて、
日比谷線は、肝臓とつながっているというように、

一本のラインに一つの臓器が絡んだものを、
経絡と中医学では呼んでいます。


その胃の流れ道である胃経が、
ストレスによる頚椎椎間板ヘルニアの
症状を出す、根本原因になっている
ことが多くあるのです。


胃薬が効かない胃痛、背中痛、肋骨の下の痛みの原因は肝臓?胆石?

疲れやストレスがかかると首や胃や背中にのたうち回るような痛み


胃が荒れていると、
首の前側の胃経ラインに、
筋肉の緊張が現れます。


胃炎や胃潰瘍のような、
胃の病気を何度か繰り返していると、

肩の上にある、
マッサージを定番的に押す場所に、
コリができてしまいます。


肩こりはあなた自身が作るもの!!

マッサージを受けている理由は本当に肩こりを改善するためですか?


この二つのパターンが、
胸郭出口症候群を作り上げ、

頚椎椎間板ヘルニアのような痛みや
しびれを発するようになるわけです。


これは、長く西洋薬やサプリメント、
コーヒーなどを取っている人も、
同じ現象が起きる可能性があります。


胃の痛みと背中の痛みを同時に発する2つのストレスとは?


首の緊張にしろ、肩の凝りにしろ、
胃が原因で固さが現れたものですので、

いくら首や肩をマッサージしても
取りきれるものではありません。


しかし、大抵の人が、

「もっと強く押して!!」

と、マッサージ師に要求してしまうのです。

そして、マッサージ師も、

「このコリは本当に強いですね!」

とか、

「この固さは鍼でも刺さないと取れませんよ!」

とか言い出すのです。



その結果、
鍼灸院へ行くことになるのですが、

鍼灸師が、
このような痛みやしびれの原因をつかめないと、
何度も肩や首に鍼を刺すようになります。

そして、いつまで経っても、

痛みやしびれは取れず、
悩みが深まっていくのです。


もっと詳しく知りたい場合にはこちら。


ヘルニアの手術をしても首から腕の痛みが取れない3つの原因




★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
していま す。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。