今回は、キュアハウスの患者さんからの悩み相談です。

女性であれば、生理の時に何らかの症状で苦しんでいる人が多いと思います。

この患者さんも、生理時の問題で苦しんでいる中の相談となります。

相談内容は、

━━━━━━  ここから  ━━━━━━

今日生理になったんですけど、ここ4,5日ぐらいすごく具合が悪くて、上半身と足先だけすごく 寒くて、これは血が足りないんだということで、以前先生に教えていただいた、箱の中のビー玉とかを足の指で持ち上げたりする運動を最近ぜんぜんやってな かった事を思い出して、慌てて復活したりしてました。

頭はすごい暑くて、 時々人と話しも中断してしまうようなひどい咳が出てて、上半身と足先が冷えてて、 便秘気味で、腰が痛くて、体がすごくだるい感じです。

思い当たることと言えば、暫く間食はほとんどしてなかったんですけど、ここ2週間ぐらい家にいることが多くて、スナック菓子なんかを食べるようになってしまったこと。

あとなぜか最近納豆が食べたくて、毎日食べていたり、あとは運動と睡眠不足でしょうか。

━━━━━━  ここまで  ━━━━━━

この方は、生理になると、頭が熱くなり、上半身と足先が冷える。

という症状に悩まれているようです。


便秘で出そうで出ない理由はストレスが原因?


生理の時に、冷えと熱を感じている場合、
  • 冷えているところは、血が足りない(必要としている)ところ
  • 熱を感じているところは、使いすぎているところ
このような違いがあります。

生理の時には、本来生理という子宮内の大掃除に集中すべき時期なんです。


けれど、生理の時にも、頑張って仕事をしたり、勉強したりしていると、子宮以外に血液が集中すべきところができてしまいます。

頭を使って、ものを考えていたり悩んでいたりすれば、頭に血液が集中します。

子宮にも同じように集中できる血液が余っていれば、何も問題はありません。

けれど、女性は、筋肉量が少ないという特徴があります。

筋肉量が多く、その筋肉を十分に働かせることができる状態が血気盛んという状態です。

要は、筋肉量で血液量が決まってしまうということになるわけです。

筋肉が少なく、動く機会も少なければ、血液を作る機会も流す機会も少ないといえます。

そのような状態で、生理に突入すれば、子宮以外に働いているところがあっては、とても生理という機能を果たすほどの血液量が足りない人が多いのです。

そのため、生理の時に、痛みが出たり、さまざまな症状が起きたりするわけです。

生理時の問題にはどんな原因が?

生理時に問題が起きるときに、何が問題となるのか?

それは、
  1. 血液量不足
  2. 血液成分不足
  3. 血流不足
  4. 筋力不足
  5. 運動不足
  6. 睡眠不足
  7. 栄養不足
などが考えられます。

1.血液量不足による月経異常?

血液量が少なければ、当然子宮内清掃をうまくこなせません。

例えば、東京スカイツリーを100人で清掃するのと1人で清掃するのと、どちらが早く、きれいにできるでしょうか?

誰でもわかる答えですね!

2.血液成分不足による月経異常?

血液成分不足というのは、本来あるものがないというものです。

例えば、野球の試合を18人のチームと3人のチームで対戦した場合、どっちが勝つ確率が高いでしょうか?

これも誰もがわかることですね!

3.血流不足による月経異常?

血流不足というものは、何かを達成させるために必要な時間が、理解できる指標になります。

要は、血流がいい状態であれば、生理を速やかに終わらせることができ、血流が悪ければ、だらだらと続いてしまう。

というものです。

4.筋力不足による月経異常?

筋力というのは、血液を流す力を意味します。

筋肉量が多いから血液を流す力があるとは言えません。

筋肉は、どれだけ伸び、伸びたところから素早く縮むことができるのか?

この筋肉が伸びたところから縮むまでの距離が長い及び、早い速度で縮むことができる。

これが、筋力があるという状態です。

従って、筋力があれば、血液を流す力を持っているということになります。

5.運動不足による月経異常?

運動不足ということは、筋肉を伸び縮みさせる機会が足りないという状態です。

筋肉を伸び縮みさせなければ、血液は流れません。

血液が流れないところは、栄養不足になり機能が低下します。

特に、骨盤周辺が運動不足の場合、当然のごとく、子宮周辺に血液を流しにくい状態になっているわけです。

6.睡眠不足による月経異常?

睡眠による栄養は吸収されます。

また、日常の疲労が回復するわけです。

栄養を吸収できなければ、どのような器官も活性化しにくい状態になります。

疲労が溜まっていれば、いずれ動きにくくなるものです。

7.栄養不足による月経異常?

女性の場合、ダイエット志向が強い方が多く見られます。

その中でも、食事を減らすことによるダイエットをしている人が多いと思います。

本当に必要な栄養を減らしてしまっている場合もあります。

または、ジャンクフードやスナック菓子ばかり取っていて、ちゃんとした栄養素を取り込んでいない場合にも、栄養不足になります。

栄養が足りなければ、活性化はできません。


このように、日常に行っているほんの少しのことで、身体に変化をもたらしているものです。

あなたの月経に何らかの異常がありましたら、上記の7つを見直して、月経異常を改善してみませんか?


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。