あなたは、健康をどのように考えていますか?

健康とは、病気も怪我も症状もない状態。

そして、いつも元気ハツラツ、疲れの「つ」の字もない状態。

食欲は旺盛。

快眠快便

このような状態が、

最も健康な状態

と考えていませんか?

この状態、少し分野を変えて考えてみましょう。

例えば、登山の場合、どのような状態に値しますか?

「やったぁ!!ようやく山頂だぁ!!」

頑張って頑張って、ようやくたどり着いた山頂。

こんな状態ですか?

それとも、

例えば、あなたが、イチローになったとします。

すでにメジャーの世界でも、知らない人は一人もいないほど、有名人となり、あこがれの的になっている状態。

こんな感じかもしれませんね?

この登山で山頂にいる状態や、メジャーでトップをはれる選手の状態が、ある意味成功者とするならば、健康な人というのも、このような状態と、想像していないでしょうか?

もう一度この記事の頭から、読み返してみてください。

あなたの健康感は、どのような状態を指すでしょうか?

そして、どのような世界でも、どのような姿が輝いて見えるのでしょうか?

山を登っている最中でしょうか?

トップを目指しひたすら頑張っている野球選手でしょうか?

山頂でガッツポーズしている登山者でしょうか?

メジャーのオールスターでMVPをとり、表彰されている時でしょうか?

それとも、下山している最中?それとも下山したところ?

引退に向けて、段々と衰えを見せながらコツコツと頑張っている姿?

それとも、引退式で、大勢の観客がスタンディングオベーションで、引退を惜しみながら、拍手を送られているとき?



誰もが結果を目指します。

健康状態を手に入れたら、全てが手に入ったも同然のような、感覚を連想してしまっています。

けれど、登山で山頂に上り詰めたら?

そう、後は下るだけなんです。

野球で一番輝いている時は、意外と少なく、イチローのように、長い間トップを走り続けるのは難しいもの。

光り輝いた後には、錆びついた姿を必死に隠しながら、何かと闘い続けなければなりません。

病気も怪我も症状もない。

日常生活でも悩むものなど一つもない状態。

この状態って、実は、

最も怖い状態

なんですよね!

太陽も昇ったら沈みます。

夜も必ず明けます。

人は、生を受けたら必ず死にます。

花だって、咲いたら枯れます。

同じ状態をずっと続けることなど、この自然界にはあり得ないことなのです。

もし、あなたが考える健康状態であり続けることができるとするならば、

死なない身体を手に入れた

ということになります。

けれど、実質的には、そんな可能性は、1%もありません。

必ず、死を受け入れなければならない時が来るのです。

であれば、どこかで何らかの障害が待ちうけているものなんです。

ずっと、健康状態を維持し続けていると、少しの傾きが大きな傾きに感じるものです。

普段から、何らかの異常感を感じつつ、微調整を自分自身でできている人は、大きく崩れても、前向きに改善するすべを実践するために、行動を取れるものです。

けれど、健康状態しか経験のない人であれば、ほんの些細な症状であっても、大慌てになることが多いのです。

そんなにひどい状態でもないのに、

自分はもう死んでしまうのではないか?

と、思ってしまうほど、どん底の心境になってしまうことがあるのです。

これは、苦労していない人の大半の人が感じる挫折感です。

人生は、とてつもなく長いものです。

何らかの失敗や挫折、そして病気や怪我は、何度でも経験しておくものです。

そして、それらの経験を、誰かに頼ることなく、自分自身で立て直すことができる人が、

本質的な健康人

だと、私は思いますし、信じています。

あなたは、どのような健康を手に入れたいですか?


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。