子宮の痛みや生理痛などを理解するうえで、西洋医学だけの理論では、とても理解しにくい痛みというものがあります。

そもそも、子宮とはどのような臓器なのか?

痛みとはなんなのか?

いろいろと細かいところを理解していかなければ、なかなかわからないもの。

けれど、その痛みを感じているのは、
他でもないあなたです。

あなたの頭の中でははっきりと痛いということを理解し、痛がっている。

ということは、痛い場所を理解し、痛みを自力で改善できると、痛みを止めてくれる病院や治療院を探す必要なんてなくなると思いませんか?

そういう意味で、理解しておくべき五行理論。

難しく感じるかもしれませんが、中医学の基礎中の基礎です。

五臓 :  肝  心(心包)  脾  肺  腎   : 陰
五腑 :胆のう 小腸(三焦) 胃 大腸 膀胱  : 陽


五臓六腑という言葉は、上記の五臓五腑からきているのですが、三焦というものを加えて六腑となっているのです。

このことを少しお話しているのがこちらの音声となります。






★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
していま す。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。