高齢者になると肺炎で亡くなることが多くなります。

実は、癌なんかよりも致死率は高いのがこの肺炎。

肺炎は怖いけど、肺炎になるパターンを踏まえて老後をコントロールする人は少ないと思います。

インフルエンザや、SARSやMERSも、結局のところ最も恐ろしいのは肺炎になってなくなってしまうという病気。

インフルエンザはワクチンができたから一安心と感じている人は多いと思いますが、ワクチンができても、ここの予防はできてないんだろうななんて、私なんかは横目に見ちゃっています。

あなたは、ここの予防はできているでしょうか?




血液とリンパと水分のお話をしましたが、中医学では、最も重要な体の要素として、

気・血・水
き・けつ・すい 

というものを重視します。

血は血液やリンパ液。

水は体液のことを言います。

血と水は、単体では流れる能力を持っていません。

従って、血と水を流すためには、何か動力源が必要になります。

そこで必要な要素となるのが、空気や電気などで皆さんご存知のというものになるわけです。

これ非常に面白いなと思うのが、空気や電気だけでなく、気持ちとか気合いとか気分とか、勝手に自由自在に気というものを、言葉で使い、「空気が読めない」とか「寒気がする」などと気を感じてたりもする。

ところが、「気」となると、怪しいとか、信用ならないまやかしのようなものと捉えてしまう。

だから、身体のコントロールすら誰もができないのですが、まあ、仕方ありません。

知りたくないものを知れと言ったところで、私も怪しい部類に含まれるだけなので…?

まあ、十分に怪しい存在なので、どう思われようが構いやしないのですが、気というものが、中医学だけでなく、私の理論には、本当にキーポイントになってきます。

そもそも、鍼灸や漢方は、気をコントロールする医学なのですから、気が怪しいと思うのであれば、西洋医学のような科学的な医学を受けていくしかないわけです。

数値や画像で示せるものだけを信じるようになってしまったかわいそうな民族には、気という人間本来持っていなければ生きてさえいけないものを、コントロールすることなどできません。

ということは、自分の身体をコントロールすることはできない。

すなわち健康になどなれるわけはないのです。

そもそも、病気や怪我に気付くことができるのは、気のおかげなのですから。

 

★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
していま す。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。