健康になるためには、

食事・運動・睡眠

という健康三原則が重要になります。

そして、食事を意味あるものにするためには、
胃腸の存在が欠かせません。


その胃腸に関しては、【消化器内科】が、
専門医という認識になってしまっている
のが現状ですが、

実際問題、胃腸の問題がクリアされて
いるのは胃腸の病気だけであって

『胃下垂』『腸下垂』『膨満感』
『食欲』『胸やけ』『げっぷ』

などいろいろな問題が解決される
わけではありません。


ところが、そのような胃腸と関係性の
高い症状を放置してしまうと、病気に
なってしまう危険性が高まってしまいます。

結局のところ、胃腸を病院で処置して
もらう方向に行ってしまうのが、
現状なのではないでしょうか?

でも、そんなことでは、

好きなものを、好きな時に、
好きなタイミングで、
食べたり飲んだりできませんよね?

であれば、医療に頼らず、あなた自身で
コントロールできた方がいいと
思いませんか?


まあ、こんな提案これまで見た事も
聞いたこともないでしょうから
疑ってしまうのも無理はありません。

まずは、疑ってしまったあなたは、
こちらのページに書かれてある記事位は、
目を通してみてください。


胃痛に関する重要記事一覧
便秘に関する重要記事一覧
下痢に関する重要記事一覧


他にも胃腸関連の記事は山ほどありますが、
これらに目を通したことで、他の情報とは
違うことに気づき、

内容に興味を持っていただけたら、
下記の教材を手にしてみてください。


おそらく、あなたがこれまで得てきた
どのような情報とも違う世界が
見えてくると思います。


そして、明らかに、改善できそうな
方向性が見え、すぐさま行動に
移せるようになるでしょう。


まずは、その行動から第一歩の改善を
経験してみちゃってください。


第二歩目は、あなたの身近で同じ苦しみ
を持っている人に、ここで得た知識を
分けてあげてください。


そして、周辺にいる人から感謝される
経験をしてみちゃってください。


そんな経験が可能な知識を
手に入れてみようと思ったら、
ここから読み進めてみてください。


おすすめNo.1
便秘と下痢の不安解消セミナー


せっかく食事をとっても、便秘で詰まったり、
宿便として体内に残ってしまったり、
はたまた、下痢として出て行ってしまったりすると

つらいだけでなく、吸収できていない感じで
悲しいですよね?

せっかくおいしい料理を食べても、
精をつけようと栄養を気にしながら食べても
吸収されなければ何も意味を成しません。

しかも、一般常識で認識している
便秘や下痢の対策では、ほぼほぼ改善されないのは
経験上わかってきていると思います。

だからこそ、本質的な対策を立て、
あなたの身近な人から同じ悩みを
解消していきませんか?

そんな知識が身につくのがこちら

便秘と下痢の不安解消セミナー


 

おすすめNo.2
胃痛の不安解消セミナー
 

意外と気づかれている人が少ないのですが、
胃と腸というのは連動しているものです。

便秘や下痢になりやすい人は、
胃痛にもなりやすかったりします。

しかも、現代社会はストレス社会とも
いわれています。

そして、胃痛は、ストレスが原因であると
西洋医学では言われています。

でもストレスが原因と言っておきながら、
ストレスを治してくれる処置は
一切してくれません。

従って、ストレスがある環境では、

【胃痛は治らない】

と解釈せざる負えなかったりするものです。

でも、そんなことはありません。

胃痛はストレス以外にも原因があり、
ストレスに関しても、改善方法は
いくらでもあります。

そんな方法を手に入れられたら、
あなたの身近な人たちの手助けにも
なってしまうかもしれませんね。

どうせなら、あなたがまず改善し、
その効果を身近な人たちにも
伝染させてみてください。

そんな方法がこちらで手に入ります。

胃痛の不安解消セミナー
 




おすすめNo.3
ガス腹の原因となる8つの宿便対策法
 
 
胃痛の元は胃酸によるものがほとんどです。

胃酸は食べ過ぎや緊張などのストレスで
出やすくなります。

食べ過ぎれば宿便になる恐れがあります。

便秘も下痢も宿便になる恐れがあります。

そして、宿便とガスは密接な関係があり、
ここでは、宿便とガスのことを徹底して
学ぶことができます。

ガス腹の原因となる8つの宿便対策法



このように、便秘と下痢と胃痛と宿便とガス
と、胃腸のあらゆる症状をこの3つで
カバーできるようになっています。

けれど、胃腸はこれだけではなく、もっと
細かく知っておくべきものが山ほどあります。

興味があればこちらも覗いてみてください。


胃腸の問題教材一覧




 


あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。