重症筋無力症であっても自力改善し
始めている人からお便りが届いています。


これまでも何人もの人が、

『キュアハウスノート』

を何冊も作りこんでいるという話を
伺っています。


知識を手に入れるための努力は非常に
うれしいものです。


ただ、せっかく手に入れた知識も
使わなければ、ただの頭でっかちに
しかなりません。


今回の記事は、そのような無駄な
知識としてではなく

『実践するための知識』

として、キュアハウス・メソッドを
取り入れて頂いている成果報告を
あなたにもご紹介したいと思います。

━━━━━━  頂いた相談内容  ━━━━━━


勇気がなくて返信やコメントを今まで
書けなかったのですが、

いつもメルマガやFacebookの先生の記事を
有り難く読ませていただいております。 


本日の記事の やり続けたことが癌と
直結する 生活や考え方を一転し、 

人生そのものの方向性を変えることで、 
末期がんから奇跡の回復。 


なんてことが起きるわけです。 


というお教えは、
なるほど本当にその通りだなと思いました。 


私は癌では無いのですが 
自己免疫性の難病で重症筋無力症と言う
病気にかかり、4年近くになります。 


自己免疫性の病気は、
本来ならばウィルスとか外敵を攻撃する
免疫が自らに向かうと言うことで、

もともと持病にある喘息にしろ、
心の動きともかなり密接な関係がある
ようです。 


なぜ自分を攻撃しなければならないのか、
そうまでしなければならないということは

何かを辞めさせるために起こっている
病気だから、先生仰せの通り生活を一変して 

やりすぎているもの、 
使いすぎているもの

を 一旦整理して改善 する と言うことが
私の病気にも本当に必要で大切なこと
なんだろうなと思って、

過ごしているうちに、
ずいぶん病状のほうも落ち着いてきたの
ですが、

先生の本日の記事を読ませていただき、
その方向で良かったのだ、と、
またその思いを新たに深めました。 


問題は何を使いすぎているのかと
言う事なのですが、

私の場合は神経の命令を筋肉がきいて
くれなくなる病気なので、
今までいらない神経を使いすぎて、

いらない命令を出しすぎたために、
これ以上つまらない命令を聞いていたら

体が持たなくなると思って
筋肉が言うことをきかなくなっている
のかなと分析したのですが、

先生はどのようにお思いになられますか? 


ほかに感想をアウトプットする場所
がありませんので、お忙しい先生に

このようなメールを差し上げてしまい
すみません。


ご迷惑かと存じますが、
もしよろしければ何か私の生活や、

病状を改善するためのアドバイスなど、
先生からいただけるようでしたら
本当にありがたいです。 


と、思わず厚かましくも先生に
質問をしてしまいましたが、

この場をお借りいたしまして 
いつも色々と他では得られない
有り難いお教えをいただいている

お礼を一言なりとも申し上げたいと
思います。 


いつも色々と本当にありがとうございます。


これからもどうかお体にお気をつけて
たくさんの人たちをお救い
いただきますように…。


━━━━━━  ここまで  ━━━━━━


ブラボー!!!!!


よくぞここまで読み込んでいただけた
と思います。


やっぱりせっぱつまった人の
試行錯誤能力ってすごいですよね。


心から嬉しく思います。


この状況で私がアドバイスするとしたら


『決して焦らないこと』です。


ある程度治ってくると、どうしても、


もっと
もっと
もっと


と欲が出てしまうものです。


この欲をググっと抑えて
今持っている自然治癒力をしっかりと
使っていくことが重要です。


焦ると過剰な欲求が生まれてしまします。


いらぬところで交感神経がたかぶります。


自己免疫疾患の場合、
ほんの少しの興奮が、


一気に元の世界へと引きずり戻す力と
なります。


そういう世界を再び見ることなく、
完全回復を目指してください。



おそらく言わなくてもできちゃうと
思いますが、


『焦りが敵』


ということは肝に命じておいてください。


情報発信していて、このような一度も
面識のない方からの、結果報告というのが
最もうれしいものなんですよね。


もちろん、結果報告ですので、
良いものばかりではありません。


『お前の言っている通りやってるのに
何も変わらねぇじゃねぇかこの野郎!!』


的な人もごく少数ではありますがいます。


特にYoutubeなどは、
便乗しやすいのでしょう。


【パニック障害になる人とならない人】
https://youtu.be/uSyrnODR_3U


こちらの動画などは最たるもので
コメント欄が面白いことになっています。


かと思うと、


【パニック障害の前兆 このサインが
出たら注意】
https://youtu.be/CUjlF1AGMSE


こちらの動画のように、70件もの
コメントがついているものもあります。


しかも、ほとんどが面識のない方からの
コメントです。


良いコメントが書かれてあると、
良いコメントを書く人が増え

悪いコメントには、悪いコメントを
書きたい人が引き寄せられていく。


日本人らしい行動ですよね。


コメントをすればよくなるということでもなく
症状が改善するということでもありません。


でも、素直に、情報を受け取り
素直に実践した結果であれば、
それを情報提供者に報告するのが

『人間としての普通』ですよね。


自分の書いた情報で人が気付きを
得られることも、傷つくこともあります。


同じ文章であってもです。


もちろん、今回の記事で、
気付きが得られた人も
傷ついてしまった人もいるでしょう。


でも、情報とはそれでいいのだと思います。


所詮は受け取り方の姿勢で、
その情報が良いものか悪いものか
に分かれるだけなのですから。


今回は、私の記事や動画によって
少しでも快方に向かっているという
報告を頂きました。


これが、私が言う

『アウトプットからのインプット』です。


要するに、
このスタンスで情報公開していけば
この方のように

医療に頼ることなく、改善傾向に
向かえる人が出てくるということ。


ならば、

もっといい情報
もっとわかりやすくためになる情報

をお届けしていこうと強く確信しました。


本当にありがとうございます。


そして、この記事を読まれた
あなたの感想もいただけると
さらに喜びが倍増します。


どんな感想でもうれしいものです。


すべての感想に返事を書けるわけでは
ありませんので、返事目的で書いている
人は

私からの返事はあきらめておいてください。


ただし、全部の感想に目を通しています。


その結果、今回のような記事になります。


こんな感じで一つ一つ確実に目を
通していますので、あなたの思いも
お待ちしています。



あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。