ぎっくり腰って突然発症するので
予防が難しいと感じる人は多いものです。


けれど、予防は、前兆となる症状が
見えている場合、それほど難しい事
ではなかったりします。


『前兆?』

『予防?』

『ぎっくり腰を?』


という疑問が出てくるとは思いますが、
こちらの内容に目を通してみてください。


その後に解説していこうと思います。

━━━━━━  頂いた相談内容  ━━━━━━


去年の4月にぎっくり腰になってから
気になるようになる。


ぎっくり腰になった後、
腰に疲れがたまると
ピリピリ不安な痛みを感じる。

  
そもそも6年位前から
左足の親指にしびれが時々発生する。
(一応病院で調べると脊椎の4と5の間が
 狭くなっていると指摘を受けた。)
  
 1.ひどい時にはコルセット 
 2.たまにポールストレッチ 
 3.ゆっくりお風呂

などで痛み緩和を図っています。


原因としては、
姿勢の悪い状態で仮眠をとるのが
常態だった 
(9-6年前に1日20分職場の
 トイレで寝ていた ) 


ぎっくり腰は育児時期によるもの
10キロの娘の上げ下ろしで発症
などがあります。


不安感なく体を動かせるように
なりたいので、何かアドバイスを
頂けたら嬉しいです。


━━━━━━  ここまで  ━━━━━━


この相談内容には、
こちらのページで解説していますので
参照してください。


ぎっくり腰に対する誤った3つの対策と
 完全回復させるためのたった1つの運動







今すぐ解決策が欲しいあなたは
こちらをクリック
↓↓↓

症状別改善ポイント集






あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。