a2162d2cf03d85649cfdfe187bebf1f4_s-compressor



子供の頃から


 ●胃腸が弱く
 ●何かあると体重減少し
 ●疲労しやすく
 ●なかなか太れませんでした


50才過ぎると、仕事柄食事も急いで
済ませる事が多く、それが癖になっていました。

奈落の底に落ちるような強い倦怠感があっても
数値では異常無し。


胃カメラでは、たまに慢性的な胃炎
言われていました。


その内、睡眠障害も起きる様になり
ボーッとした頭で、ラッシュの電車に揺られて
出勤の日々。


気力だけで動いていたら逆流性食道炎になり
いつも不安と隣り合わせでした。


 ●漢方 
 ●伝承医学 
 ●韓国鍼 
 ●ニュースキャン 
 ●サプリメント 
 ●半身浴  
 ●カイロ


いろいろ体験しました。


その時の症状に関しては理解して貰えても
何故そんな症状が出るのか原因の話をしては
貰えなかった気がします。


ある時キュアハウスの講座を知り、
いろんな事を学び、気付かせて貰いました。


まずは、自分の思い込みを脇に置いて
聞いてみて下さい。


胃腸と睡眠は、深い関係がある事を知りました。


充分な睡眠をとらないと、


 ●疲労回復も
 ●消化吸収も
 ●成長も


出来ない。


起床、就寝の時間が、大巾にずれると
自律神経失調症になりやすい


太陽の出ている間は、縦のサイクルなので
横にならない方が自然 。


そんな事知りませんでした。


やせているのに、食べ過ぎしていました。


食欲あるのが良いことと、勘違いして、、


偽の食欲に気付けませんでした。


 ●噛まなかったり 
 ●過食したり 
 ●食後動き回れば胃酸を多く出さざるを
 得ない
 ●胃腸は、熱を持ち、食道という煙突を
 通って上がらざるを得なくなる


逆流性食道炎に、なるべくしてなった事が
解ります。


胃カメラを通す噴門口は、入れても
出してはいけない構造になっている。


検査後の写真を思い返せば、
一目瞭然でした。


今、納得しました。


不安になれば、呼吸も浅くなる、という事は
横隔膜や大腰筋も動かない。

 
ますます内臓は動きにくくなる流れが
良く解ります。


 ●深い呼吸 
 ●お腹から唄う 
 ●風船を膨らませる
 ●階段を上がる 
 ●サッカーのゴールの様に蹴りあげる


など、自分で横隔膜や大腰筋を動かせる事が
出来、改善できるようになるとは。


自信に繋がります。


胃炎を繰り返して来ました。


修復を繰り返す度に、胃壁は厚みを増す。


当然、重くなり下垂する。


これが、胃下垂


なるほど、頷ける事ばかりです。


サプリメントも今気付けば、他力本願でした。


自分で作れる物を、外から入れるのは
他の臓器にも負担だったでしょう。


自らの調節の邪魔をしていたと思います。


自己改善が遠のき、やがて弱って行くとは、、


少しでも栄養のある物をと、
五分づきや雑穀米を優先していました。


消化吸収出来ない状態なら、本末転倒です。


吸収出来ないと言う事は、飢餓状態になり
過食しやすい。


しかも、それは、宿便になる場合も
あるそうです。


知ると、笑い話のようです。


体重増やそうと、たんぱく質を主に取りがち
でしたが、その分筋肉を動かさないと、
固くなり 栄養も運べないそうです。


過食した時は、その見合う運動量が必要と
聞けば本当にそうだなと、今更ながら
納得しました。


半身浴も、頭寒足熱の理に叶っていると思い、
やっていました。
 

すすめてくれたDrに、体調悪くなると 


『一時的な好転反応』


だと言われ、


『熱があればより長く』、、と、


体温が上がれば脈も早くなる。


自ら心臓に、負担をかけていたことに
気付けました。


冷静になれば、ちゃんと繋がります。


医者はプロだからといって
正しいとは限りません。


大多数の声だからといって 
正しいとは限りません。


著者が有名人だから
大手の出版社の本だから 


といっても間違っていないとは限りません。


情報をどう受けとるかは、自分次第です。


無知だから、余計鵜呑みにしないように
しましょう。


判断力を養いたいと心から思います。


中村先生の言われる


『あなたの生活は、あなたにしか解らない』


言われてみれば、当然の事です。


『自分が作り上げた自分がここにいる!』


と、言う事を、どんな時も忘れないように
したいと思います。


自分自身と向き合う大切さに、改めて
気付かせて貰えました。


気持ちにゆとりが出来て嬉しくなります。


自分への制限を、知らず知らず
かけていた事で、


『ゆとりがなかったなぁ』


と、かわいそうになりました。


それは、家族にも影響を与えていたと、
気付けました。


押し込めていた欲が、少しずつ増えそうです。


感謝です。 



 

あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。