腰痛の整体治療

歩くと腰が痛くなるため、前かがみで歩くようになる。

この腰痛の原因に対して、老化と考えていた女性。

しかし、腰痛の原因は・・・?

このような症状を早く取りたい方はコチラ


腰痛の症状

60代 女性

半年位前から、歩くと腰が痛くなるため、前かがみになって
歩くようになった。

痛いのはつらいが、病院に行くのは怖く、今まで我慢していた。

そんな中、知人の強い勧めにより当院へ来院することになった。


腰痛の診断

この患者さん、他人に身体を触られることが、ほぼ未経験だと
いうことを踏まえ、身体を診ていくことにした。

うつ伏せで、背中を触ると、かなりむくんでいる。

脚を動かすと、お尻や太ももの筋肉がかなり落ちていることが
すぐにわかった。

そして、まったく連動性がなくなっている。


腰痛の治療

うつ伏せ→横向き→仰向けの順に、むくみを流しながら、
主要な関節の連動性を付けるよう、軽めの整体を行った。

当院での、軽めの整体は、身体は動かされるが、感覚的に
触れられているだけで、何をしているのか分からない感じと
言われることが多い。


この患者さんも、「もう終わったんですか?」と驚いた表情。

しかし、時間はしっかりと1時間経過している。


そして、立ってもらい、少し院内を歩いてもらうと、「あ、痛くない。」と、
なぜ?という目でこちらを見た。


腰痛の原因

今回のケースは、筋肉をしっかり動かしていないために、
筋肉量が減り、連動性もなくなったことで痛みが出ていたようだ。

筋肉が減ったところには、むくみが現れる。

むくみについて詳しく知りたい方はコチラ

この患者さんのむくみは、特に、腰、骨盤、太もも周辺が強かった。


これは、普段歩く量が少なく、座っている時間が長すぎるという
身体である事が多い。


そこで、むくみを流し、筋肉が本来の形で働ける状態にしてから、
関節を動かし連動性を付けた。


これにより、歩いた時の痛みが消失したのだ。


しかし、これだけではまだ不十分。


腰痛の対処法

問題は、歩き続けた時に、体重を支え続けられる筋肉量が
ないということ。


そこで、

★連動性を維持するために、大股歩行とラジオ体操を行うこと。

★大股で歩くときに、後ろ脚に体重を乗せるのが難しいため、
太ももの筋力アップを行う意味で、片足立ちを行う。


以上を実行してもらうことにした。


また、下記のような、説明も行った。

★実行したら、歩くのがどんどん楽になり、日々元気になっていく。
しかし、やりすぎたら、翌朝につらさが出たり、筋肉痛が
出たりするので、そういう症状が出たら、運動量を減らすこと。

★実行しなかったら、今のような痛みが、年々強くなり、
近い将来歩くのが怖くなり、車椅子生活になってしまうかもしれません。


筋肉の炎症を止めたり、筋肉をほぐしたり、固い関節を
動かしたりすることは、我々施術者ができる。

しかし、筋肉量を増やすことは、本人がやらなければ、
まず増やす方法はない。


老化とは?

よく、筋肉がないのは年のせいと言うが、本当だろうか?

食欲がなくなるのも、睡眠時間が短くなるのも、年のせいだと言っている。

年ってなんだろう?

小さい頃は、よく遊び、よく食べ、よく寝る。

これが、元気に育つポイントだ。

年とともに減るのは、運動量である。

運動量が減れば、筋肉量も減る。

筋肉量が減れば、栄養もそれほどいらないので、食欲も減る。

しかし、年を取っても、身体を動かしている人は、食欲もある。

そして、年齢よりも若く見える。


年のせいと言うのは、老人になりたい人が言う言葉。

若くい続けたければ、身体を動かすことである。

身体を動かし、筋肉を使えば、体内に残っている余分な
脂肪は燃焼される。

そうすれば、食欲もわく。

しっかり食事を取れば、後は消化吸収し、体力回復するために
睡眠をとるようになる。


こういう生活を続け、最終的に脳も内臓も筋肉も関節も使い切り、
機能が果たせなくなった時に、「年のせい」だと言おう。


★★★ メルマガ登録のおすすめ ★★★
  • 痛みや症状の原因が知りたい
  • もう病院へは行きたくない
  • 薬やサプリメントを早く止めたい
  • 医療に頼らず自ら痛みや症状を改善できるようになりたい
  • 一体何をすればいいのかがわからない
  • やりたいことをやりたいだけできるようになりたい
そんなあなたの悩みや不安を解消するためのナビゲートを
しています。
 
メルマガへは無料で登録可能です。 
 
早速メルマガの登録をする 
 
あなたの悩みが記事になり、改善へと導きます。
↓↓↓
オリジナルのフィードバックアンケートを作りましょう



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 



この記事をもう一度後でじっくり読みたい場合には、こちらが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote




  • 今すぐ、気になる症状の記事を読みたい場合には、下記のご利用がおすすめです。