トップ>むち打ち・寝違い

むち打ち・寝違い

整形外科や接骨院で1カ月以上も改善しない幼児の寝違い

5歳 女児

一ヶ月前に首を寝違え、整形外科や接骨院に通うも何も変化なく、お母さんの友人紹介で来院。

確かに、頭が右に傾き、左を向くことができないため、寝違いとして、

続きを読む

小学生の頃鉄棒から転落し尾骨を強打したことが原因となった首や肩の痛み

20代 女性

いつも、左の肩甲骨内側に痛みを感じているのに、2〜3日前から急に右首も痛くなり、首を動かせない。

うつ伏せで診てみると、かなり首の歪みがある。

さらに、


続きを読む

むち打ち改善講座

むち打ちを自己解決するための記事を集めています。

一般論はとりあえず頭から外して、上から一つずつ読み込んでみてください。

あなたが見えていなかったむち打ちの世界が広がってきます。

そして、あなたのむち打ちの根本原因が理解され、改善策が手に入るようになります。


続きを読む

寝違い改善講座

寝違いを自己解決するための記事を集めています。

一般論はとりあえず頭から外して、上から一つずつ読み込んでみてください。

あなたが見えていなかった寝違いの世界が広がってきます。

そして、あなたの寝違いの根本原因が理解され、改善策が手に入るようになります。


続きを読む

首の寝違いによる原因や対処法,治療法

朝起きてみたら、突然首が動かなくなる 寝違い 。

あなたも経験ありませんか?


私は、小さい頃から何度も経験しています。

しかも、頸椎のすべり症を受傷してからは、首の手入れをしていないと、すぐ動かなくなってしまいます。


通常、寝違いの症状は、

1.朝起きたら、首が痛くて動かせない。
2.首の片側が痛む。
3.首が動かせる方向と動かせない方向がある。

などがある。


しかし、臨床を重ねていくと、意外や意外、寝違いではない首の痛みを寝違いと言って治したいと来院される方が多い。(寝違いや首の痛みの症例はこちら


そして、このような患者さんの首に出ている痛みの原因はさまざまである。

◎虫歯
◎胃痛
◎顎関節症
◎眼精疲労
◎自分で首を鳴らして自爆
◎マッサージを受けて



最後の2項目は、その場で発症せず、後日出てきた場合に、寝違いと勘違いしてしまう。

本来の寝違いの原因は、寝ている間に首の筋肉が冷えて発症したもの。

当然、冷えるだけでは発症するものではない。

冷えた筋肉は固くなり、筋肉の周りは血液循環が悪くなる。

血液循環が悪い筋肉はもろくなるため、急激な動きで痛めてしまうもの。

従って、寝違いはゆっくりと目が覚めた時より、急にパッと目が覚めた時に発症することが多い。


そんな寝違いの対処法は、まずは冷やすこと。

「首の筋肉が冷えて痛めたものに対して、また冷やしたら悪化するんじゃないの?」

という、疑問が起きそうなので、補足をしよう。

急激に動き出して痛めたものは、100%炎症である。

炎症は、筋肉や血管が裂けてしまったもの。

要は傷である。

傷口は、すぐにでも塞がなければ悪化する可能性が高くなる。

傷口を塞ぐには、冷やすのが手っ取り早い。

従って冷やす必要があるのだ。


しかし、この場合の冷やすとは、クーラーや扇風機などの風邪で冷やすのではなく、 冷湿布 などで冷やすのでもない。

できれば、 アイスパック か、氷で冷やせると良い。

ただし、5分から15分の短時間である。

その後は、 温湿布 などで温めることが必要となる。


私が考える一番ベストな寝違い対処法は、

受傷直後に、冷湿布を貼り、その上からアイスパックで15分間冷やす。

その後、温湿布に貼り替える。


という、流れがおすすめである。


また、寝違いの治療方法に関しては、病院や治療院によってもさまざまであるが、当院では、

寝違いの反応が、手足のツボに出ていれば、鍼を行い、出ていなければ次にむくみを探す。

首がむくんでいれば、直接お灸を行う。

首の筋肉がパンパンで、背中や腰がむくんでいれば、背中や腰へお灸を行うようにしている。

お灸を行っている間に、手足のツボに反応が出てくれば、手足に鍼を刺し、鍼を行っている間にむくみが出てくればお灸を行う。

このように、その場その場で治し方は違ってくる。


また、寝違い時に、自力でストレッチを行おうとする人が、スポーツ経験者に多く見られるが、あまりおすすめな方法ではない。

なぜなら、寝違いを起こして、動かすと痛む間は炎症があるからだ。

炎症がある間に無理やりストレッチを行うと、傷口が裂けてしまう恐れがある。

傷口が広がれば痛みも強くなり、完治するまでにも時間がかかってしまうだろう。

ストレッチを行うのにも、まずはアイシングを行い、動かしてもあまり痛くならなくなってから行ってほしい。

このような事を覚えていれば、急な痛みにも動ずることなく自力で対処できるのではないだろうか?




院長のプロフィール

キュアハウス院長 中村幸生

原因不明の皮膚疾患
全身性じんましん
アレルギー性鼻炎
頚椎すべり症
腰椎すべり症
頚椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア
右鎖骨骨折
右橈骨骨折
左足小指基節骨骨折
両足首捻挫
両脚シンスプリント
両足親指化膿性爪囲炎(ひょうそう)
両膝内外半月板損傷
両膝内外側側副靭帯損傷
左股関節脱臼
左手小指脱臼
左手薬指剥離骨折
熱中症からの熱痙攣
過労
上顎洞炎など、
様々な痛みや症状を経験してきました。
しかし、これらは、単なる私が経験してきた疾患の極わずかです。
そして、この経験は、私が治療家を目指した一つの理由でもあります。
詳しい私の半生はこちら。
院長のプロフィール

身体や心の悩みを相談したい人もしくは記事内容に関する質問はこちらから

悩み相談&質問
悩み相談の詳しい内容はこちら

キュアハウス鍼灸治療院
病院や治療院を何軒も回って様々な検査や治療を受けていながら、未だに症状が改善できない。

もういい加減、病気や症状の原因を知りたい。

病気や症状に不安を抱えることなく、普通に生活できるようになりたい。

この様な願いを叶える専門治療院です。

とにかく病院での処置に不満を感じているのであれば、
今すぐご予約を!!


TEL03-5641-6656
東京都中央区日本橋兜町16−2
         MICビル4階
↓↓↓
キュアハウスの記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
QRコード
QRコード
腰痛や痛みなどの悩みを改善したいならキュアハウス>むち打ち・寝違い