トップ>かかとの痛み

かかとの痛み

アキレス腱やかかと周辺の痛みは足首の捻挫?

アキレス腱やかかと周辺に痛みが出れば『捻挫かな?』と、思うのが普通だと思います。


けれど、捻挫には、捻挫になるような状況がなければ、捻挫になることはありません。


アキレス腱やかかとの周辺であれば、捻挫以外にも、意外と大きな要素が含まれています。


しかも、この手の痛みは、多くの医師や治療家が苦手な痛みに分類されます。


ところが、キュアハウス・メソッドを知っていると、自力で改善できてしまうことがあります。


そんな方からの相談が来ていますので、ご紹介していきましょう。


そして、ここでは、アキレス腱やかかとの痛みに対して、捻挫以外に何が考えられ、どのようにすれば予防改善できるのかについてお話しています。

続きを読む

尾骨とかかとの痛みは、骨盤と腎の問題?

今回は、キュアハウスの患者さんが、ある日の治療後
に経過報告をしてくれました。

その内容をご紹介します。

内容はこちら、



続きを読む

腰痛 歩くと腰とかかとに痛みが同時に起きる、改善できるか?5

腰痛の後に、かかとが痛み始め、歩くたびに同時に痛みが!!

痛みが強く、体重も載せることができないという女性


50代 女性

1週間前から左のかかとが痛く体重をかけられなくなる。

その1ヶ月ほど前から、左の腰が歩く時に響くような痛みが出ていた。

そして、かかとが痛くなってからは、歩くたびに、腰とかかとが
同時に痛みを感じるようになった。


うつ伏せで、全体をチェックすると、左の骨盤が固まっていた。

かかとは、足首にくい込んだ感じで熱感もある。

腰の形からは、ハイヒールを履いていることで歪みが
出ているように診られる。

そこで、最近ハイヒールを履かなかったか聞いてみると、
ちょうど1週間ほど前に、一日慣れないハイヒールで歩き回っていた
とのこと。


その時は、別段痛みを感じなかったので、気にしていなかったという。

とりあえず、腰と脚を全体的に連動できるよう整体で改善していく。

腰の方は、完全に歪みも固さも取れたが、かかとの炎症は
残ったままなので、湿布を貼り終了。

1週間後の来院時には、かかとの痛みも違和感もなくなっていた。


ハイヒールは、身体のバランスを保ちづらい履物です。


常に、下り坂で立っているようなもの。

そのため、身体が前に突っ込まないように、身体の後ろ側にある筋肉が
緊張し続けなければなりません。

そして、その緊張した筋肉が限界に達したとき痛みを発するのです。

後ろ側の筋肉であれば、どこでも痛む可能性があります。

例え、首の後ろや後頭部であっても、可能性は十分にあります。

また、この患者さんのように、かかとの一点に体重がかかり続けると、
炎症を起こす恐れもあります。


ハイヒールを履きたければ、履き続けても問題ない筋肉が十分にあり、
柔軟性の高い身体を作ることです。

それが嫌であれば、痛みが出ても、それは自己責任です。

痛みが出たときだけ身体をいたわるのではなく、痛みが出る前の
日常から、身体をいたわりましょう。

身体は、唯一自分自身と一生ともにいてくれる友達なのですから。


生理痛 かかとの痛みを取るための治療が生理痛を改善

かかとの痛みが主訴であったのに、伝えていなかった生理痛が、どんどん緩和し、最終的には全く症状がなくなったという症例


主訴

右のかかとが、身体を前屈したりすると痛む。

原因は、全くわからないが、最近始めたラジオ体操中に、よく感じるようになったとのこと。

ラジオ体操で痛めたのか心配している様子。


診断と整体治療

まず、うつ伏せで身体全体のチェックを行っていくと、全体的に締まったいい身体ではあるが、骨盤がかなり固まっていて動かない状態にあった。

この状態であれば、身体を動かす時に、身体の中心部分である骨盤が動かないため、手足に負担がかかってしまう。

従って、この骨盤の固さを取り除き、脚本来の動きを取り戻すことが必要と考え、整体で全体調整を行う事にした。

足の裏をほぐし、足首を動かそうとしても、足から骨盤にかけて、かなりぎこちない動きしかできない。

この固さを慎重に整体で取り除いていった。


生理痛の緩和

うつ伏せでの整体が終わり、横向きになってもらったところで、

「先生、言ってなかったんですけど、実は今生理直前なんです。
いつも、生理前には、お腹が張ってすごく痛くなるんですけど、
さっき、うつ伏せで整体をしてもらっている時に、
どんどん痛みが取れていったのにビックリしました。」

「骨盤があれだけ、固まっていれば、生理痛があっても、当然という感じですよね!
そして、固まっているという事は血液の流れが悪く、冷えているという事。
整体で、骨盤の固さを取り除くことで、血液循環が良くなり、生理痛の原因となる血行障害が改善されたことで、生理痛が和らいだんですね。」


治療が全て終了し、この患者さんが帰る直前に、もう一度、

「お腹の状態はどうですか?」

「軽いです。
全然痛くないです。
頭痛もあったんですけど、頭もお腹もスッキリしました。」

と、笑顔で帰られた。


私が男性という事もあってか、意外と生理に関して伝えづらい部分もあるのでしょう。

今回のケースのように、治療中の変化を切っ掛けに、語り始める人が意外と多いんです。

これは、良い悪いという事でなく、しっかり身体全体を診て、全体を調整するような治療を心掛けてさえいれば、当然の流れであり、伝えていない症状が緩和するというのも、サプライズ的要素があり、患者さんのウケもよいのではないでしょうか?


かかと痛 ━ 問題は逆の脚にあった

かかと痛 ━ 問題は逆の脚にあった


30代 女性

3週間前から右のかかとが痛み出す。

整形外科を受診し、足底板と湿布で対応も何も変化せず。

自分で、足首を少し動かすようにし始めたら、少し楽にはなってきたが…ということで来院。


足の左右差を慎重に確認すると、足首は両側共に可動域が狭く筋肉が硬い。

そして、痛くない方の足(左側)に、悪い反応が多く診られる。

◎左膝の動きが悪い。(痛みなし)
◎左膝から足首にかけての筋肉が固まっている。(自覚なし)
◎上記の筋肉から、胃腸肝臓の異常を発見。(自覚あり)

この方は、便秘があり、お酒やコーヒーが飲めないという。

便秘は、筋肉の固さからも腸の冷えであることが分かる。

また、お酒やコーヒーが飲めないということは、かなり昔から肝臓の弱さがあるという証拠。


便秘で出そうで出ない理由はストレスが原因?


これらの内臓異常により、下腿部(膝から足首にかけての範囲)が固まり、膝の動きを制限し始めたのだろう。

すると、左脚をしっかり動かすことができなくなるため、負担が右脚にかかり、かかと痛が発症したと思われる。

そこで、右側は、足首をゆるめるだけで、残りの治療時間を、たっぷり使って、左側の筋肉をゆるめることと、胃腸肝臓を調整するようにを行った。


これで、立ち上がってもらうと、体重を乗せるだけで痛かったかかとに、痛みがなくなっていることを確認できた。

あとは、左脚の問題である。

もし、長年、今回のような固さを持っていたとしたら、固いなりの動きの癖ができてしまっているはず。

そうだとしたら、いくら筋肉をゆるめ、関節が動くようになったとしても、癖のままに動いてしまい、また固まってしまうだろう。

このまま痛みが出なければ、胃腸肝臓も落ち着くはず。


しばらく様子を診る必要があるだろう。




院長のプロフィール

キュアハウス院長 中村幸生

原因不明の皮膚疾患
全身性じんましん
アレルギー性鼻炎
頚椎すべり症
腰椎すべり症
頚椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア
右鎖骨骨折
右橈骨骨折
左足小指基節骨骨折
両足首捻挫
両脚シンスプリント
両足親指化膿性爪囲炎(ひょうそう)
両膝内外半月板損傷
両膝内外側側副靭帯損傷
左股関節脱臼
左手小指脱臼
左手薬指剥離骨折
熱中症からの熱痙攣
過労
上顎洞炎など、
様々な痛みや症状を経験してきました。
しかし、これらは、単なる私が経験してきた疾患の極わずかです。
そして、この経験は、私が治療家を目指した一つの理由でもあります。
詳しい私の半生はこちら。
院長のプロフィール

身体や心の悩みを相談したい人もしくは記事内容に関する質問はこちらから

悩み相談&質問
悩み相談の詳しい内容はこちら

キュアハウス鍼灸治療院
病院や治療院を何軒も回って様々な検査や治療を受けていながら、未だに症状が改善できない。

もういい加減、病気や症状の原因を知りたい。

病気や症状に不安を抱えることなく、普通に生活できるようになりたい。

この様な願いを叶える専門治療院です。

とにかく病院での処置に不満を感じているのであれば、
今すぐご予約を!!


TEL03-5641-6656
東京都中央区日本橋兜町16−2
         MICビル4階
↓↓↓
キュアハウスの記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
QRコード
QRコード
腰痛や痛みなどの悩みを改善したいならキュアハウス>かかとの痛み