トップ>治らない

治らない

原因不明の痛みや症状が治らない大きな原因となるものとは?

原因不明の痛みや症状が治らない理由の
大きな原因の中に、


『情報の受け取り方』


があります。


あなたは、
どちらの受け取り方になっている
でしょうか?






続きを読む

肩の痛みが2年以上も整形外科で治らない理由

病院は体の最高峰の治療所。


と、多くの人が信じています。


もちろん、私も大学生までは
そう信じて生きてきました。


けれど、信じて通院しても
なかなか治らないことって
意外と多いですよね?


そういう時には、
違う視点で見ていかないと、
治るものも治らず、
手遅れになることもあるのです。


  • 病院であらゆる検査を受け
  • 肩の専門医にも見せて
  • 指示されるがままに鎮痛剤を飲み
  • 注射を何度もうち
  • 毎日のようにリハビリに通い

でも、なかなか治らないことで
苦しんでいる場合には、
非常にヒントになるないようになっています。

続きを読む

何かにつまずき先が見通せなくなった時に

病院や治療院へいくら通っても治らない。

健康情報でいいと思えるものは片っ端から試しているのに、一向に効果が現れない。

治療を受けるときのタイミングや心構えによって、治りにくい環境を自ら作っている。

日本人らしく、少しのがまんで後々治ってくると思っている。

人によって、痛みや症状、病気などに行うアプローチは違うものです。

続きを読む

風邪改善講座

風邪を自己解決するための記事を集めています。

一般論はとりあえず頭から外して、上から一つずつ読み込んでみてください。

あなたが見えていなかった風邪の世界が広がってきます。

そして、あなたの風邪の根本原因が理解され、改善策が手に入るようになります。


続きを読む

首と左腕の痛みが半年前から治らない

首から腕の痛みに対する鍼治療

半年前から首が痛く、いろいろ治療を受けている間に、肩から腕にかけても痛くなったという患者さん。

実は、この首の痛み、首が原因ではなかったんです。

このような痛みで苦しんでいる方は、まずコチラから
痛みが腕全体に起きたら



症状40代 男性

半年前に首が痛み動かなくなる。

その後、整形外科や整骨院を渡り歩くも、首だけでなく肩から左腕にかけても痛みが出るようになる。

今では、何もやっていなくても常に腕の痛みがあるとのこと。


診断

まず、うつ伏せになってもらい、身体全体のチェックを行っていくと、首や肩よりも腰の少し上の固さが気になる。

ここは、胃のツボに当たるところ。

念のため、脈を診ると、肝臓と胃に反応が出ている。


さらに、足にある胃の診断ポイントをチェックしてみると、明らかに胃の問題がある。

そこで、「食べ過ぎることや飲みすぎることってありますか?」と聞くと、「えっ!ああ、あるよ。」との答え。


これで、ほぼ原因は確定。


原因

この首や腕の痛みは、食べ過ぎ飲み過ぎの影響みたいですね!」と私。

患者さんが反論する間も置かず、

「暴飲暴食で胃を荒らしてしまうと、まず、ここからこのように筋肉の緊張か現れ、こんな感じの痛みが出ます。すると、この筋肉の下にここからここにつながっている筋肉が圧迫され、首の動きに制限が現れるんです。さらに、ひどくなると、この筋肉の下に通っている神経や血管を圧迫することで、背中や腕にしびれや痛み、さらにひどくなると栄養失調が起こり、筋肉がやせ細ることもあるんです。」

と、首や肩を触ったり押したりしながら説明を行った。

この説明で、かなり納得するところがあったようだ。


鍼治療

そして、治療内容の方は、肩や首を触って、その固さをほぐすポイントとなり、なおかつ胃や肝臓に関連のあるツボに反応がある場所を探し、鍼を刺していく。

すると、一本鍼を刺すごとに、ことごとく肩や首の緊張感が抜けていく。

このような鍼治療を、うつ伏せと横向きで行い、立ち上がってもらう。


首や肩には、ほとんど刺激を入れない状態で、「首や肩、腕などの痛みに変化はありますか?」と聞くと、「楽!軽くなった。」と、不思議そうに首や腕を動かしたり、触ったりしていた。


このブログを初めて読んだり、当院へ来院したことのない人には、この内容に首をかしげてしまうことだろう。

しかし、実際、このような症状や原因の人がたくさん来院している。

しかも、そのほとんどが、何年も前からの症状であり、あらゆる治療を受けてきたにもかかわらず、治らなかったという人に多く現れているのも共通している。

今回の症状からは、頸椎椎間板ヘルニアや頚肩腕症候群の疑いで診ていくのが一般的だろう。


ところが、今回も半年前からの症状である。

病院や接骨院へ行って、診断を受けているにもかかわらず、治してもらえていない。

ということは、始めから、そのような診断名を鵜呑みにすることはできないのだ。


東洋医学ならではの、全体治療。

痛むところだけでなく、身体全体のバランスを診ていくことで、意外なところに原因が隠れていることが多い。

本当に人間の身体は不思議であり、面白い!!

 


院長のプロフィール

キュアハウス院長 中村幸生

原因不明の皮膚疾患
全身性じんましん
アレルギー性鼻炎
頚椎すべり症
腰椎すべり症
頚椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア
右鎖骨骨折
右橈骨骨折
左足小指基節骨骨折
両足首捻挫
両脚シンスプリント
両足親指化膿性爪囲炎(ひょうそう)
両膝内外半月板損傷
両膝内外側側副靭帯損傷
左股関節脱臼
左手小指脱臼
左手薬指剥離骨折
熱中症からの熱痙攣
過労
上顎洞炎など、
様々な痛みや症状を経験してきました。
しかし、これらは、単なる私が経験してきた疾患の極わずかです。
そして、この経験は、私が治療家を目指した一つの理由でもあります。
詳しい私の半生はこちら。
院長のプロフィール

身体や心の悩みを相談したい人もしくは記事内容に関する質問はこちらから

悩み相談&質問
悩み相談の詳しい内容はこちら

キュアハウス鍼灸治療院
病院や治療院を何軒も回って様々な検査や治療を受けていながら、未だに症状が改善できない。

もういい加減、病気や症状の原因を知りたい。

病気や症状に不安を抱えることなく、普通に生活できるようになりたい。

この様な願いを叶える専門治療院です。

とにかく病院での処置に不満を感じているのであれば、
今すぐご予約を!!


TEL03-5641-6656
東京都中央区日本橋兜町16−2
         MICビル4階
↓↓↓
キュアハウスの記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
QRコード
QRコード
腰痛や痛みなどの悩みを改善したいならキュアハウス>治らない