【政治】 森鴎外はスパイだった?モラルに欠けた軍医が権力の頂点に立てた理由 (現代ビジネス)

1
:2016/02/07(日) 06:32:05.06 ID:
2016年02月07日(日)

森鴎外=山県有朋の“スパイ”説の真相を追っている。

二人の交流が文献で確認できるのは、日露戦争後の明治39(1906)年6月、歌人としても知られた山県の肝いりで和歌研究会「常磐会」が結成されてからだ。

歌壇の重鎮4人が選者として招かれ、鴎外と、彼の盟友・賀古鶴所が幹事になった。それから鴎外は山県と親しくなり、山県のブレーンにるのだが、その経緯を述べる前に『軍醫森鴎外』(日本図書センター刊)という本にふれておきたい。

これは、鴎外直属の部下だった山田弘倫が、自らの見聞や先輩・同僚らの証言をもとに、軍医としての鴎外の足跡をたどった、貴重な記録である。そのなかに第二軍軍医部長として日露戦争に出征した鴎外の意外な素顔が描かれている。

第二軍は明治37年5月、中国の遼東半島に上陸。1日で4300人の死傷者をだす激戦のすえにロシア軍を撃退した。直後に問題となったのが、前線各地の野戦病院に収容された負傷兵の処置だった。

敵が反撃してくる前に、彼らを後方に運ぶ必要があった。だが、第二軍ではその後送体制が整備されておらず、担架や車両もわずかしかなかった。患者の後送をどうするかは、野戦病院ごとの判断に委ねられた。

そこで一計を案じたのが、七里庄の野戦病院を任されていた軍医・飯島茂である。彼は、軍の輸送船から陸揚げされた食糧を前線まで運んでくる中国人たちの荷馬車に目をつけた。

中国人は揚陸地から2日がかりで食糧を運んで9円の賃金を得るが、帰路は積み荷がないので一銭ももらえない。そのため途中で逃亡する車夫もいた。ならば、賃金を割り増しして帰路は患者を運ばせればいい。

飯島は食糧輸送の責任者に話をつけ、午前中に、中国人の馬車86台で患者300人を後送する準備万端を整えた。

次ページ 俺の面子を潰すな!
(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:現代ビジネス http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47703
5:2016/02/07(日) 06:49:57.96 ID:
>>1
読まずに書くが、モラルに満ちていた辻~んは問題なかったということか?ww
50:2016/02/07(日) 08:26:18.61 ID:
>>1
ベッキーが天使に見えるほどの

人間のくず餅が人外
88:2016/02/07(日) 09:18:44.07 ID:
>>1
医者としてヤブなだけじゃなくクズな人間
190:2016/02/07(日) 11:43:28.46 ID:
>>1
スパイって何の話だと思ったら、単に山県の派閥に繋がってたってだけじゃんかよ。
アホか。
4:2016/02/07(日) 06:48:07.08 ID:
舞姫を読んだだけでクズだとわかる鴎外。
13:2016/02/07(日) 07:11:02.08 ID:
>>4
ハゲ同
あれを文学とかさすがクズ教育
74:2016/02/07(日) 09:02:26.86 ID:
>>4
まあ昔のゲスの極み川谷だわな
76:2016/02/07(日) 09:06:01.01 ID:
>>4
舞姫を読み込めたあなたは優秀。

結局、何だか分からないな。
143:2016/02/07(日) 10:55:38.50 ID:
>>4 実際は日本まで追っかけて来たのだよな
259:2016/02/07(日) 13:30:38.74 ID:
>>4
あんな感じのが台湾総督府にもいっぱいいて、それが霧社事件の原因の一つになってたんだろ。
9:2016/02/07(日) 06:59:44.85 ID:
前から無能な気はしていたがこれは決定的なほど無能だね
明治の先人から除外して抹消すべきだろう
10:2016/02/07(日) 06:59:49.67 ID:
元祖DQNネーム親
11:2016/02/07(日) 07:05:03.46 ID:
>>10
鴎外はペンネームだよ。
21:2016/02/07(日) 07:22:12.53 ID:
>>11
鴎外の子供たちのことだろ
12:2016/02/07(日) 07:05:36.62 ID:
ちなみに漱石も英語教授になったが教え方が下手で教え子
から総すかんを喰らい欝気味になって我輩は猫を書いた
文人というのは実生活ではただの無能が結構多い
18:2016/02/07(日) 07:17:47.59 ID:
スパイだったかどうかはともかく、脚気論争でも
負けてたし、軍医としての能力は低かったんだろ。
19:2016/02/07(日) 07:19:50.26 ID:
ひどいよね
貧乏な娘に結婚の約束して
娘がなけなしの金集めて日本にきたら家族総出でいびり出す
泣く泣くドイツに帰った娘は身をひさぐしかなかった
52:2016/02/07(日) 08:29:57.66 ID:
>>19
実はブルジョア婦人
85:2016/02/07(日) 09:13:32.10 ID:
>>19
>泣く泣くドイツに帰った娘は身をひさぐしかなかった

その森鴎外の子供を妊娠したドイツ女って結局どうなったの?
89:2016/02/07(日) 09:22:27.54 ID:
>>85
数年前日本の女性ジャーナリストがほぼエリスのモデルを特定した
とニュースになったね
それによると帰国後は帽子造り職人になり、普通に天寿を全うしたとか
98:2016/02/07(日) 09:40:29.19 ID:
>>89
「舞姫」だと、ドイツに帰ったあとに妊娠した鷗外の子の出産時に死んだ、と手紙が届く。
子どものその後は手紙に書いてない。

クソすぎ。
103:2016/02/07(日) 09:43:15.46 ID:
>>85
妊娠してない
舞姫は不真面目な日本の外交官がいる現実を書いたもので
自伝ではない
日本に追ってきた女性も相手の片思いっぽい
105:2016/02/07(日) 09:45:08.20 ID:
>>103
田舎の親戚のとこに逃げたのに?
110:2016/02/07(日) 09:50:20.12 ID:
>>103
『舞姫』は一人称小説だから、ついあれがすべて鴎外自身の事実だと
思いこんでしまいがちだね
主人公には部分的には鴎外が投影されているが、すべてではない
薄幸の恋人を立身出世のためにむごく捨てたひどい男と
いう部分にスポットが当たりがちだけど
エリスを捨てるようにと勧めた友人こそ鴎外が描きたかったテーマだと
思っている
鴎外の最期の言葉「ばかばかしい」もそれと大いに関係ありだろう
132:2016/02/07(日) 10:43:38.23 ID:
>>110
鴎外本人だろうとそうでなかろうとクズとしか思えないが

>エリスを捨てるようにと勧めた友人こそ鴎外が描きたかったテーマだと
>思っている

このあたり、どういうこと?
148:2016/02/07(日) 11:04:32.37 ID:
>>132
オレが悪いんじゃない
国家や時代が悪いんだ
96:2016/02/07(日) 09:39:21.03 ID:
>>19
モデルの人?
キャリアウーマンでドイツに帰ってからも仕事続けたんじゃなかったけ
いびり出すも何も船から降りなかったし
107:2016/02/07(日) 09:46:07.17 ID:
>>19
「泣く泣く」ってのは実は事実じゃなくて、
たんまり銭貰って喜々として帰っていったらしいw
22:2016/02/07(日) 07:22:21.39 ID:
こいつのせいで日本の陸軍兵士は無意味に死んだからな。海軍のようにパン食べていれば今と少しは違う日本だったことは間違いない。
25:2016/02/07(日) 07:28:41.17 ID:
日本に船旅で来たのは本当らしいね
そこまでドイツ娘を本気にさせて捨てるのだから
日本男児の恥ではないかと思うが・・
ロンドン留学で欝になって学友に助け出された漱石もひどい
なぜこんなのばかり明治の文豪なのか
40:2016/02/07(日) 08:07:22.85 ID:
>>25
傑出した能力と人格とが逆相関というのは良くある話
51:2016/02/07(日) 08:26:31.37 ID:
>>25
金があっていまほどメディアが発展してなかったら
こんなことしかしないだろう
28:2016/02/07(日) 07:36:25.42 ID:
鴎外はさすがに評判悪くて結局、公爵になれなかったしね
34:2016/02/07(日) 07:53:17.20 ID:
>>28
公爵なんて成れるわけないだろw
五摂家とか徳川宗家並みだぞ
43:2016/02/07(日) 08:11:06.24 ID:
>>34
ただの士族から一代で公爵まで成り上がったのって桂太郎くらいのもんか
78:2016/02/07(日) 09:07:54.91 ID:
>>43
山県、伊藤、松方。
279:2016/02/07(日) 15:38:55.18 ID:
>>43
桂家は毛利家と同族の大江氏だからまだいいけど、山縣と伊藤は、、、
239:2016/02/07(日) 12:35:10.35 ID:
>>28
>鴎外はさすがに評判悪くて結局、公爵になれなかったしね

まずは男爵を目指せってレベル
爵位のランクは上から公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵
292:2016/02/07(日) 16:53:19.87 ID:
>>28
アホバカ無知。
公爵になったのは徳川御三家や15万石以上の大名。

勝海舟が伯爵。
海舟は子爵(ししゃく)を打診されたが「オレの身長は五尺ある、
四尺(ししゃく)以上だ」という趣旨の歌を詠んで
子爵の上の伯爵になったとか。

森鴎外は成れたとしても男爵だろ。
医学医療関係では
東京帝国医科大学校長の青山胤通が男爵。
小池正直。陸軍軍医総監。男爵。
高木兼寛、海軍軍医総監、男爵。
北里柴三郎。男爵。
30:2016/02/07(日) 07:40:37.70 ID:
鴎外は屑だけれど
自国の女達をアメリカ軍に売り飛ばした男の娘が大統領をしている国なんていうのもありまして
54:2016/02/07(日) 08:32:17.59 ID:
>>30
どこっすか
75:2016/02/07(日) 09:03:41.95 ID:
>>30
どこかの国の首相も同レベルに屑だぞw
慰安婦ってのは現場にいた一般国民の父祖たちが勝手にレイプした問題、
自分の爺さんは戦争指導者として戦犯にされたけど、慰安婦関しては
国家が直接関与した証拠がないとから爺さんは無罪w
慰安婦=性奴隷説を肯定して、戦地にいた一般人は強姦魔扱い。
で自分の爺さんは正義の解放戦争を行い、現地の強姦魔に頭を悩ましていただけとかw
59:2016/02/07(日) 08:47:57.79 ID:
日清戦争中の日本軍脚気死亡者数:陸軍3944人、海軍0人

日露戦争中の日本軍脚気死亡者数:陸軍27800人、海軍0人

海軍では海軍軍医総監高木兼寛が先頭に立って脚気退治に努め、
麦が効果があるということで最初はパン食、後に麦飯を食事に
多く取り入れることで脚気患者を0にすることに成功。

陸軍では「脚気は細菌が原因。食事療法では治らない」とし、
陸軍軍医総監森鴎外が先頭に立って陸軍に麦飯を取り入れる
ことを妨害。地方の軍医が独自判断で兵に麦飯を食わせて
脚気退治に大いに効果を上げるも、戦争中は軍中央から配給
されたもののみしか兵に食わせることが出来ず、戦地からの
要求を握りつぶして麦を支給せず、一個師団を丸々つぶした。

森鴎外は日本軍から見れば有害なる無能、ロシア軍から見れば
特別優秀な将軍。

もしかしたら森鴎外は本当にスパイだったのかもしれない。
61:2016/02/07(日) 08:50:40.33 ID:
鴎外は軍人としては最低だろな
白米でかっけを大量に出して、すごい数の兵隊が死んだ
64:2016/02/07(日) 08:54:36.82 ID:
>>61
乃木希典を無能扱いして叩きまくりながら、森鴎外を教科書に載せる現状こそが社会全体に反日が根付いている証拠
72:2016/02/07(日) 09:00:56.65 ID:
鴎外は俳句で出世したんだ、そしてメンツで見殺し、日本軍ぽいな
やはり日本軍てどうしようもない、日露戦争て本体が来る前に
講和しただけだし、革命対応で遅れただけ、来てたら日本の敵じゃない
79:2016/02/07(日) 09:09:11.34 ID:
>>72
日露はゴールドマンサックスが融資してたり主に英米の思惑があったりしたわけでしょ?
ロシアにアジア全体の権益を取られたら困ると。
92:2016/02/07(日) 09:27:58.62 ID:
公的には立派だったが私的には屑だったりその逆の有名人は多くいるが、
こいつのように私的公的ともに極めて屑というのは稀
99:2016/02/07(日) 09:40:36.51 ID:
皇軍兵士をてめーのプライド優先で多人数脚気で死に追いやったクズ
118:2016/02/07(日) 10:15:12.78 ID:
>>99
鈴木梅太郎は百姓呼ばわりされた挙句、オリザニンをインチキ薬と決め付けられて潰される寸前までいった
ビタミン学説のおかげで、オリザニンの有効性は証明されたものの、普及はかなり阻害された
(オリザニンは米糠抽出成分で、世界初のビタミンB群のサプリメント)
北里柴三郎も恩師の学説を否定する発見をしたせいで、鴎外から
「恩知らずの鬼畜外道」
呼ばわりされ、就職妨害を始めありとあらゆる嫌がらせをされ続けた
127:2016/02/07(日) 10:37:54.51 ID:
>>118
栄光なき天才たち
と言う漫画でちらっとその話が出てたな

青山とか言う東京帝大医学部教授が極悪人みたいに描かれて・・
128:2016/02/07(日) 10:39:45.59 ID:
>>118
まさに清々しいまでの屑だな
海軍の脚気対策の効果を聞いた陸軍の現場からも麦飯導入の要請があったのに
それを聞き入れず三万人無駄死にさせた糞野郎なだけある
こいつのように、自国の若者たちの命より己の体面、メンツを優先する屑どもが
後々の戦争まで軍組織の上層部を占め続けた結果、大日本帝国は滅亡に至るわけだ
こういう屑中の屑が決して出世出来ない世の中にしないとこの国は再び道を誤る
135:2016/02/07(日) 10:45:26.45 ID:
>>118
北里が日本に帰国していじめを受けた理由はそれだったんだな
可哀想すぎる
137:2016/02/07(日) 10:49:17.44 ID:
>>118
そして、研究を続ける為に、自分で「北里研究所」を作ったが、
作っていく途中から作った後まで、
延々と執拗な鷗外のあからさまま妨害を受け続ける。
そうして難産極まりない経緯を経て存続してきた「北里研究所」の後輩が
この前ノーベル賞を受賞する研究成果を挙げている。

鷗外は自己中の権化。
鷗外が産まれてこなかったら、万単位で日本人はもっと幸せな人生が送れただろう。
146:2016/02/07(日) 11:00:21.80 ID:
>>137
明治村には北里の研究室と森の住居が保存されている。
あそこを訪れる度に当時の事を色々想像してしまう。
296:2016/02/07(日) 17:05:50.80 ID:
>>118

理研、北里研
いまやオボコと大村で有名な
104:2016/02/07(日) 09:43:49.46 ID:
このクズがいなければ、ビタミンB1は現在オリザニンと呼ばれていただろう
109:2016/02/07(日) 09:48:06.39 ID:
>>104
「世田谷健康食品!」
119:2016/02/07(日) 10:18:21.51 ID:
鴎外でも漱石でも今の基準で見て「クズ」だの「馬鹿」だの「無能」だの言ってる奴って何なの?
どうせ作品もまともに読んでないだろうし、東大どころか並以上の高校さえ行ってないんだろうけどw
121:2016/02/07(日) 10:25:03.96 ID:
>>119
あと二葉亭四迷って小説の才能あんま無いよな
本人にも自覚があったんじゃないかなあ、浮雲の以後は
ぱっとしないじゃない
はっきりいって浮雲は小説としてあんまり面白くない
言文一致の一点で名前が残ってる、というレベル
125:2016/02/07(日) 10:28:44.55 ID:
>>121コロンブスの卵
130:2016/02/07(日) 10:41:13.40 ID:
>>121
まあ文学史に名前が残るには、

1、名文を書く
2、革新的なことをする

の2パターンあるからね。二葉亭は後者だな。
139:2016/02/07(日) 10:52:40.93 ID:
>>121
二葉亭四迷(ペンネーム)の由来は、くたばってしまえ
140:2016/02/07(日) 10:53:30.82 ID:
>>119
オレは少なくとも表立った作品は軒並み読んでるし、
Sランクの大学を卒業して大学院も出た修士持ちだから、
中卒(というか、小学生の頃から虐められて不登校の引き篭もり無職ニート)のお前よりも
学歴も学識も有るが。
160:2016/02/07(日) 11:15:04.40 ID:
>>140
S「しょーもない」ランクがどうしたって?

まぁ煽りはほどほどにして2chでムキなってもいいことないぞ
173:2016/02/07(日) 11:26:01.49 ID:
>>160
中卒でさえない低学歴の馬鹿が、
今度は携帯から書き込みかw
無様で惨めだねえw
お前は遺伝子が穢れた下等遺伝子民族朝鮮人の成分100%だろw
196:2016/02/07(日) 11:46:47.66 ID:
>>140
>>173
お前いとも簡単に釣られてるけど、本当はすっごく馬鹿なんじゃないか?
144:2016/02/07(日) 10:56:16.54 ID:
>>119
馬鹿や無能はともかく
小説なんていいのが書けてもクズはクズじゃんか
151:2016/02/07(日) 11:06:39.51 ID:
>>144
特に壇ふみの親父あたりまで小説家は家庭破たん者でなければおかしいみたいに誤解されてた。
普通にいい家庭を築いている小説家もいるんだが作品的には地味だったりするからなおさら。
203:2016/02/07(日) 11:55:45.37 ID:
>>151
他の文人は被害が身内だけだが、鴎外の場合は数万人希望。
201:2016/02/07(日) 11:54:05.57 ID:
>>144
社会的人格と作家としての価値は別物として扱わんと損するよ。
当代でも、あの大江健三郎は人格としてはまっことクズ野郎だが、小説家としての力量は一流だから。
鴎外でも漱石でも太宰でも芥川でも、当人がどれほど駄目人間でも作品の価値は事実としてある。

…まあ、何よりそんなクズたちでも当時の「東京帝国大学」に合格したってだけで
2ちゃん名物の自称高学歴のはるか上だけどねww
205:2016/02/07(日) 11:56:34.86 ID:
>>201
多少売文の才能があろうが、だからクズでもよいなどという理屈はあり得ない
まず国民としての正しい倫理が一番であって、売文なんてのは次の次のそのまた次だ
213:2016/02/07(日) 12:04:01.62 ID:
>>205
それ以前に自分の職務すらまともに遂行できていない。
麦飯を食っている香具師は脚気になりにくい&白米を食っている香具師は脚気になりやすい
ということは経験則で知られていた。
209:2016/02/07(日) 12:00:47.11 ID:
>>201
だからさ
別物と扱って、
小説を認めたとしても人格クズだって言うのはかまわないだろ?って話

>>119のレスの方が作家としての価値と人格をごっちゃにして
人格への批判を許してないと思うんだが?

こっちに文句つけるあたり、あんたも>>119の同類かな?
最後の行あたり読んだら実に怪しいねwww
122:2016/02/07(日) 10:26:37.90 ID:
スパイかどうか知らんけど、山県に頼んで偉くなったのは常識だろ
今更何言ってんの?
124:2016/02/07(日) 10:28:33.21 ID:
昔の価値観でも硬直化した判断して失策してるから
オウガイはゴミだと思うが
141:2016/02/07(日) 10:54:05.63 ID:
森?外かっけー
159:2016/02/07(日) 11:14:51.97 ID:
今思うと
エリート留学生が現地の女をやり捨てする話を
よく教科書に載せられるなと思う・・
175:2016/02/07(日) 11:27:43.35 ID:
>>159
やり捨てした上に
「友達がそうしろと言ったからだもん、僕悪くないもん」
そういう話と思った
237:2016/02/07(日) 12:29:28.60 ID:
>>159
同意。子供の養育義務はあったと思うのだが、金銭とは別に
164:2016/02/07(日) 11:19:38.84 ID:
というか、
本文には「スパイ」という言葉すらないよ。

タイトル付けてるヤツと記者が別人で釣りやすいタイトルにしてるんだろ
ネットニュースによくある話
174:2016/02/07(日) 11:27:19.54 ID:
小説家がクズでも大してどうとも思わんが、軍医での所業は軍法会議にかけて処断すべき行為。
180:2016/02/07(日) 11:30:38.61 ID:
そりゃ当たり前だろ。
林太郎の育てられ方を見たら、超ワガママ鼻持ちならない孤立人間か、引きこもりニートにならなかったのが不思議なくらい。
地頭が良かったから、文学という逃げ場を得られて、それなりに社会適応できたんだろう。
187:2016/02/07(日) 11:39:06.69 ID:
今でいえば、代々続いていた落ちぶれ病院の息子が、幼稚園から母親に付き添われて学習塾に通い、同年代の友達からも遠ざけられて、母親と二人三脚で東大医学部まっしぐらて感じだもの。年齢ごまかして東大に入ったから、実質19歳で大学卒業してるんだよ。
ただ、幼稚園から学んだ漢学が彼の文学のベースになってるんだよな。
育ちは金之助のほうが健全だな。
192:2016/02/07(日) 11:45:32.14 ID:
昔の文豪ってクズ揃いだよね。
鴎外もそうだが、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治・・・
昔は賤業扱いされてたのもわかる気がする。
197:2016/02/07(日) 11:46:53.64 ID:
>>192
売文業なんて言われてた時代だもん
198:2016/02/07(日) 11:51:20.59 ID:
>>192
漱石や芥川龍之介はグズじゃないだろ。
漱石はたくさんの人に慕われていて、亡くなったあとも、彼の家には弟子孫弟子がたくさん来てたというし。鴎外と対照的。
DV男だったらしいけど、それも病気によるものだと奥さんは言い張っているし、ほんとに愛し合ってた夫婦だなあと思わせるエピソードもたくさんある。
202:2016/02/07(日) 11:55:06.03 ID:
>>192
我が国では今だって物書きなんて左巻きのクズばっかだよ
まっとうな市民が関わるべき仕事ではない

>>198
芥川は矮小な自我に拘泥した挙句に自殺した無責任なクズ
195:2016/02/07(日) 11:46:46.57 ID:
乃木希典はまだ旅順で坑道掘ったり合理的に動けてたからな
犠牲者が多過ぎるように見えて、当時の技術で見ればあれでも恐ろしく犠牲者は少ない方
乃木が銃剣突撃しか出来ない無能と言ってる奴は、司馬遼太郎の創作に騙されてる
軍神扱いされるほどずば抜けて優秀だった訳ではないけど、無能扱いは明らかに間違い
250:2016/02/07(日) 13:18:23.46 ID:
>>195
あの戦いをちゃんと研究できていれば第一次世界大戦はだいぶ違っただろうね
結局、乃木のやった大変さを一から始めちゃうんだから
200:2016/02/07(日) 11:53:15.28 ID:
やっぱり我が国の文学も一度総点検する必要があるよな
道徳と倫理を基準に残すべきものと排除すべきものを徹底的に整理した方が良い
文学に限らず文化全般に関して。クールジャパンだなんて言ってるが現代大衆文化の退廃も酷すぎる
204:2016/02/07(日) 11:56:21.78 ID:
ただなぁ、まだ日清日露の頃は脚気の発生機序が完全解明されてなかった時代だしなあ…
森がクズなのは確かにそうなんだろうけど、ただ一方的に後知恵で悪し様に貶すのもなんか違う気がするゾ
脚気の件でまず責められるべきは、森の諸行を抑えられなかった当時の陸軍上層部ではなかろうかと。
207:2016/02/07(日) 11:58:16.99 ID:
>>204
馬鹿な奴はみんな「後付けの結果論」で自分の賢さをアピールしたがるのさ。
208:2016/02/07(日) 11:59:56.10 ID:
>>207
3.11の津波なんて、その最たるものだよな。
214:2016/02/07(日) 12:04:14.86 ID:
>>208
そうそうw
事為りし後ならば、誰だって万全の策が出せる。
今の時代にいるからプラトンより賢い事が言えるだけなのにねw
212:2016/02/07(日) 12:03:07.06 ID:
>>204
よくわからなかった時点なら仕方ない面もあるが、対応策もわかって
実証データも出た後でもなお頑迷に受け入れなかったから非難されてる
211:2016/02/07(日) 12:01:56.30 ID:
何か最近いやなことでもあったのか、おまえら。
218:2016/02/07(日) 12:07:48.54 ID:
>>211
「正義の怒り」は大衆の安価な娯楽なんだよ
ベッキーの件とか見ても解るべ?w
229:2016/02/07(日) 12:18:34.59 ID:
>>218
「茶の間の正義」は明治このかたネット時代になっても変わらないのか。
そうなんだろうな。
219:2016/02/07(日) 12:07:48.70 ID:
薬害エイズで悪役だった帝京大の安部英より分かりやすい悪だな
人間として悪なだけでなく、エゴで社会に実害もたらした真性の悪人だこいつ
220:2016/02/07(日) 12:07:58.37 ID:
鴎外が軍医としてダメだった理由は、本から得た知識しか活用出来なかったからだよ。実際に観察して考察ってのができない。
鴎外の文学を読むと、そう感じるんだよね。本の世界だけから得た知識を組み合わせて自分を表現してるような気がする。
漱石のように、実際の人間や社会を自分の目で観察して書いたような表現が無い。
223:2016/02/07(日) 12:12:30.64 ID:
>>220
確かに実証研究軽視の傾向は酷すぎる。麦飯の事例もそう。
1000円札を見習えといいたい。
242:2016/02/07(日) 12:49:49.55 ID:
>>220
理屈が勝ちすぎてるってことかな?

娘の森茉莉が、森鴎外と三島由紀夫の小説は、理屈が勝ちすぎてるところが共通してる(故に、三島の自決を止めることができたのは鴎外ではないか)という内容のエッセイを書いてたように記憶してる。
222:2016/02/07(日) 12:10:52.11 ID:
もうね。

支那人朝鮮人を使ってる時点で、日本軍の体制はダメダメなんだよ。

読んでてなさけなくなる。
230:2016/02/07(日) 12:20:27.80 ID:
舞姫しか読んでない人も多そうだな。
雁に高瀬舟
233:2016/02/07(日) 12:24:58.04 ID:
>>230
高瀬舟もひどいぞ
鴎外は実生活での悪い行為を美化して文学にするからな
妹殺しを止められた実話を美化した話だし
273:2016/02/07(日) 14:39:22.11 ID:
>>233
妹ではなく娘(森茉莉)
娘が幼児の頃、百日咳をわずらい
医師にあと一日ももたないでしょうと宣告された
鴎外の母がそれとなく安楽死を奨め
鴎外夫妻も娘の病苦を正視できずついに安楽死に同意した
医師が注射しようとする寸前、鴎外の岳父が入ってきて
安楽死を制止した
鴎外自身の書いているところでは以上なので
そのまま信じるとすれば鴎外の母が悪者になっている
実際これ以降、鴎外は母との関係が悪化した

しかし、この家庭内悲劇を人類普遍の積極的安楽死問題へと拡げて
作品を書いたのはやはり作家としての才能
234:2016/02/07(日) 12:25:04.29 ID:
職務において自分のメンツと感情を優先させた挙句犠牲者出しているんだもの
あのインパールで悪名高い愚将牟田口廉也ですら、森林太郎に比べたらまだ自分の職務に対しては忠実だったと言えるぐらい
240:2016/02/07(日) 12:37:24.63 ID:
>>234

牟田口が愚将なら、あの時代の日本の官僚すべてが馬鹿って事になるからね。

もう汚いクズばかり。

まだ最前線に出て一か八かの大逆転に賭けた牟田口の方がマシ。

作戦通りにいけばインドは陥落していただろうとイギリス軍も認めてるからな。

内部に足を引っ張る奴らがいなければ歴史は変わっていた。
268:2016/02/07(日) 14:31:39.79 ID:
>>240
計画通りにいけば北朝鮮が世界を征服するというのと
同レベルの話なんですが。無駄口はそう言われて
馬鹿みたいに喜んでいたんだよな。馬鹿みたいじゃなくて
馬鹿なんだけど。日本の足を引っ張った愚将。
290:2016/02/07(日) 16:44:35.01 ID:
>>240
ろくに助けも出してもらえないてあげくに
足を引っ張ったクズ呼ばわりされる前線の
将兵がかわいそうです。
241:2016/02/07(日) 12:37:56.54 ID:
舞姫を高校の教科書に載せた理由は、同じ頃に日本史を習うからだって聞いた事があるよ。
列強国に追い付こうと懸命な開国したばかりの日本~敗戦までの日本を象徴的に表しているから。
我が国の大義など、大きな目標のためなら、個人の幸せなど無視しなきゃならないってのがテーマ
258:2016/02/07(日) 13:29:06.90 ID:
第二次大戦での日本将兵の死因の6割は、餓死。

補給、兵站をしない国家によって日本将兵の6割が虐殺された。
260:2016/02/07(日) 13:30:49.39 ID:
>>258
そういうこと。

日清戦争の頃から補給のミスで日本軍は苦しんだ。

今もその悪い癖は治っていない。

上級国民どもの無能さ。
262:2016/02/07(日) 13:31:49.61 ID:
>>258
自己責任社会を徹底してますな
ブラック企業精神の根底は日本軍にあり
265:2016/02/07(日) 13:43:57.32 ID:
>>258
全く反省が無いなジヤップは
歴史に学ばず経験にすら学ばない(痛い目にあっても改めない)白痴
283:2016/02/07(日) 16:13:11.68 ID:
>>258
大体そんな余裕はないんだよ。そもそもが地域大国レベルで帝国を
自称してたんだから。
米中韓がでっかく言いすぎなんだよ。
269:2016/02/07(日) 14:35:48.59 ID:
鴎外て公務員の職は失いたくないが、文学は目いっぱいやりたい
だから専業の軍人に比べたら明らかに勉強不足
漱石はその点は潔い、作品の気合いにも現れてるな