2011年07月13日

レコード寄席 vol.2@社長室

第二弾!

レコード寄席のお知らせです!

7月17日(日)15:00〜17:00

終了後打ち上げ飲み会あり?!(※参加費には含まれてませんので…笑)

今回の案内人は鈴木慎一郎さんです!

参加費は千円(飲食持込可)

場所は鉄道広告社ビル2階社長室
大阪市北区天満3-6-3

ご予約はi_keiongakubu_2f@i.softbank.jp 井上まで。


↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


『レゲエ・アンド・ビヨンド』

レゲエをホーム、その他をアウェイとする音楽文化研究者の鈴木慎一郎が
「音楽不況」以来これまでしばらく溜めていた言葉と音盤を少し解き放つ。
境界線上を行ったり来たりしつつ、彼がいま夢想する脱DQN・ネオDQNな
レゲエやダブは、いったいどんな音がするのか? 

鈴木慎一郎(すずき しんいちろう)
90年代半ばから音楽雑誌等に文章を書きつつ、大学で人類学やポピュラー
音楽研究について講じてきた。 著書に『レゲエ・トレイン』、共訳書に
ポール・ギルロイ『ブラック・アトランティック』他に映画『ジャマイカ
楽園の真実』の字幕監修なども。今年は授業でウッドストックのジミヘン
や中津川フォークジャンボリーやパンクやサウンドデモの話をした結果、
学生に「中二病」と冷笑されているらしい。

スタジオボイス

curry3 at 00:05│Comments(0)軽音楽部 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字