カーテンズ

きのうのこと あしたのこと 〜カーテンの裏側〜

2017/05/27(土)、谷九OneDrop 『ワンドロップ11周年特別企画』



ワンドロップ11周年おめでとうございます!

ということで、お祝いしてきました。

お越し下さった皆さん、ありがとうございます。


決まった日から楽しみにしていた日でした。

周年に呼んでもらえることと

久しぶりにオガサワラさんと共演できること

あとツーマンなので、長く演奏できること。

我々も気合十分で臨みました。




セットリスト



1、あの人の手

2、カラーコンタクト
3、29才

4、Prey

5、海が見える部屋で
6、忙しなって

7、傘はいらない
8、エスプレッソのような恋
9、九条から大正まで
10、博士




昔の曲を引っ張り出してきて

少しだけアレンジをし直して演奏しました。

よかったよという声が聞けて嬉しかったし

僕たちとしても演奏できてよかった思いました。

10曲はあっという間。



オガサワラさんの演奏は以前に比べると優しく感じました。

それは、ただ丸くなったというのではなく

鋭さはしっかり内包されていて

そのせいかニヒルな部分がより顕著に感じられる気がしました。

オザサワラヒロユキ、立つ

という佇まいがカッコよかった。



ワンドロップでの演奏時は

写真を撮ることが少ない気がするのですが

それはただ音楽をしにきている、演奏をしにきている

というシンプルなことに立ち返ることができる場所なのかなと

そんなことを思いました。

写真を撮らなかった言い訳ではありませんよ、ホント。



マスターの森下さん、ありがとうございました。

今日を含めあと4日、周年のお祝いをされてくださいね。


7/16(日) 
今川 HONUCOFFEE 
『夏の夕暮れライブ』
開場 15:00
開演 16:00
前売り ¥1.500
当日 ¥1.800
出演:かんのめぐみ カーテンズ


次は少し先になるのですが

初めての場所で演奏させていただけることになりました。

是非お越しください。




ヨースケ

2017/05/03(水)、北浜 雲州堂 ヒトリバンケット 2nd ALBUM『ハローとグッバイ』発売記念ライブ





GWをいかがお過ごしでしょうか??
僕は特に目立った予定もなくほぼ家で過ごす予定ですが、一昨日は友人のシンガーソングライターヒトリバンケットの新しいCD発売記念ライブに出演させてもらってました♪

C-5EaE6XgAIwLEn

新しいCDというのは『ハローとグッバイ』という5年ぶりに発表された2nd ALBUMです。

C-5Ea2iXkAAj6qz

会場は僕らにとっても馴染みの雲州堂。夜の雲州堂もいいですが、昼のイベントも休日らしさが一層際立ち素敵でした。

DSC00289
ヒトリバンケットさん

彼との出会いはカーテンズが飛び入りライブに出始めた頃なので、もう7年くらい前になるのかな?気付けば長い付き合いになってきましたが、一緒に旅行や遠征ライブ、日帰りで友ヶ島に行ったりもして、振り返れば色んな時間を共に過ごしているなぁ。

音楽以外でも本の話や考え方についてなど興味深い話をすることが多く、飲み仲間でもあります。

201609261053037c0

トランペット(ほか)のいとうゆきこさんとヒトリバンケットのデュオによるオープニング演奏からライブがスタートしました。笑いを取るようなコミカルな歌を歌うワケではないけれど、ステージからは楽しい雰囲気が漂ってきます。ヒトリさんやいとうさんの空気というのはそれだけでなんか楽しい。

オープニング演奏が終わり本編1番はカーテンズ。

C-4-iRyXUAAiA_4

MCでは失礼なことをたくさん述べすみませんでしたが、、ここにいられて嬉しかった。

-セットリスト-

1.傘いらない
2.博士
3.29才
4.pray
5.海が見える部屋で
6.カラーコンタクト
7.4月1日
8.エスプレッソのような恋

C-5oy-7W0AEM4rF

『ハローとグッバイ』というタイトルが今の自分にもぴったり。
来てくれた方、この日もありがとうございました!


続いて2番目はdracaena(ドラセナ)

DSC00288

4人編成のバンドとはいえ小さな音量で、その中には民族性や祈りのようなものが込められている印象を僕は持っていて、そういうものが聴き手の記憶内の何かに訴えてくるのか、不思議と涙腺に触れてくる音だなぁと。

カーテンの匂いという歌は聴いていてリアリティーある情景が浮かんでくる。それをシンプルな音で見事に表現されていて素晴らしい。4人が並んでいる姿には多くは語らない気高さと絆の深さを感じます。自然で美しい、バンドって(に限らず)こうありたい。


そして3番目はヒトリバンケットといとうゆきこの登場。

DSC00290

ヒトリバンケットさんの歌にも何かが籠っているような、惹かれるものを感じます。それは実は初めて会った頃から感じていたもので、明るく楽しそうな印象の中にチラッと見える仄暗い影のようなもの。

彼はいつか『自分は音楽が好きなのかがよく分からない』というようなことを言っていたけれど、ほんとに音楽が大好きなんだなぁと時々感じます。

7年という時間の中で彼の色んな歌を聴いてきましたが、冴えないというか、ブルースというか、根底にそういうものを感じてきました。

でもここ数年の歌は丁寧に優しく作られている気がして、気がつけばブルースのようだったものが優しく細やかなものへと移り変わってきた気がします。(※あくまで私見ですが、)もちろん芯の部分はこれからも変わらないかもしれないし、そうであっても欲しいが。

過ぎた時間の長さや人の移ろいを感じ、そして長くヒトリバンケットと関わってきたdracaenaやいとうゆきこさんや受付の西村勇気くん↓

20090308144642この日の写真ではないのですが、、

を見ていて、いいなぁと。

C-5EaE6XgAIwLEn

2nd ALBUM『ハローとグッバイ』、完成おめでとう!
色んな場所へ届きますように。

DSC00291

dracaenaのカーテンの匂いや、ヒトリバンケットのカーテンの唄、"カーテン"というワードに引っかかった日。

カーテンズのヨースケ(田中陽介)もCDの中の"さいごの朝"という曲でギターを弾いていて、ライブでも披露してくれたけどそれも素晴らしかった。

雑貨、チャイを出店されていたnyau。気が付けばお店が片付け始めていてチャイを飲み損ねましたが、、GW中に必ずお店にいくと約束をしたので近々行ってみようと思います♪

では、皆さんも引き続き良いGWを◯



尾崎

2017/04/09(日)、阿倍野 流流 カーテンズ企画『流れ流れて丸山通 7回目』



朝起きた時はすごい雨で、今年は雨のイベントになるかと思ったのですが


流流へ到着してみると雨はすっかりあがっていて


さぁ、と自然に後押しされるように気持ちが切り替わった


そんなスタートでした。


2017-04-09-13-27-022017-04-09-13-27-10








 




「流れ流れて丸山通」は今年で7回目になります。


毎年、年末頃からこの日のことを考えて動いています。


今年は音楽以外の試みはなく、出演者も我々を含めて3組のみと


7回目にして一番シンプルな構成となりました。


そしてこれも毎年のことなのですが


桜が見頃を迎えるであろうタイミングの日曜日を開催日としていて


今年は曇天ながらも

ほぼ満開の桜を流流の周りで見ることができました。


2017-04-09-13-27-472017-04-09-13-29-01







 





さらに、今年はありがたいことにたくさんの御予約をいただき


当日は満席となりました。


続けてきてよかったと思える瞬間です、ありがとうございます。





良元優作
2017-04-09-14-29-122017-04-09-14-30-05





 

初めて観たのは6年前にあったライブサーキットでした。


その時から得体の知れない鋭利な何かを感じていたけれど


今はそれを内包しつつ必要に応じて出し入れしているように見えました。


隠し持っている分、抜いた時の鋭さが目立つ短刀のような。


良元さんのギターはマーチンの66年製だそうで


枯れっ枯れの音がして

良元さんにぴったりやなぁと思い楽屋で話を聞いてみると


でもギブソンが欲しいねん、とのこと。


やっぱりなぁとも思ったけれど、良元さんのギター


不思議とギブソンみたな音していましたよ。




折坂悠太
2017-04-09-15-23-502017-04-09-15-25-00 







前回会ったのは去年の9月。


折坂悠太という表現の濃度のようなものが

一段と増していたように思う。


懐かしいような、日本の原風景のような


というだけのものにはなっていない


古風な言葉選びや表現の中に、ものすごく尖ったものを感じる


それがとても心地よいです。


良元さんにも言えることだけれど


お二人からは声が持っている圧倒的な力とを感じます。


折坂くんの咆哮は

反響のある生音の空間の全てを味方につけたかのような音でした。




カーテンズ

2017-04-11-00-29-302017-04-11-00-29-16







意識はするし、負けたくない気持ちもある。


でも無理して同じ土俵に上がる必要もない。


自分たちが持っている物を十分理解して使いこなすことができれば


自分たちにしか届かな場所がきっとあると思って演奏しました。




セットリスト

op、傘はいらない

1、4月1日

2、Mail
3、29才

4、Prey

5、おはよう
6、灰色room

7、キャラメルコーン
8、カラーコンタクト(新曲)
9、エスプレッソのような恋

enc、風をあつめて




2017-04-11-00-26-10








アンコールは、はっぴいえんどの「風をあつめて」でした。


2017-04-11-00-26-10








急遽決まったのですが、皆んなで楽しく演奏できたように思います。


良元さんが ♪人気のない 朝の珈琲屋で~


という部分を歌った時に、折坂くんがクスクス笑っていたので


打ち上げの席でなんで笑っていたのかの聞くと


良元さんが歌うと ♪人気のない 朝の珈琲やで~


と、関西弁の語尾みたいに聞こえて面白かったと言って


それがとても面白くて皆んなでゲラゲラ笑いました、いい思い出。



2017-04-10-20-53-51









ということで、最後に話が少し前後しましたが


「流れ流れて丸山通 7回目」無事に終えることができました。


関わってくださった皆さん、本当にありがとうございました。


たくさんの方に来ていただけて、とても幸せでした。


2017-04-11-00-10-15

こんな素敵な差し入れもいただきました



 


また来年、こういう日を作ることができたらなと思います。



2017-04-11-00-16-59



 


感謝!










ヨースケ 

プロフィール
Live Information
7/16(日)
今川 HONUCOFFEE
『夏の夕暮れライブ』
開場 15:00
開演 16:00
前売り ¥1.500
当日 ¥1.800
出演:かんのめぐみ
/ カーテンズ


8/16(水)
北堀江 FUTURO
dodo(東京) / カーテンズ
その他詳細未定
カーテンズ音源
エスプレッソのような / 博士


1,エスプレッソのような恋
2,博士
3,おはよう
4,ダッフルコート (live)
5,アクセスお待ちしています (ボーナストラック)

¥1,200で販売中



1,傘はいらない
2,水を汲みにいく
3,キャラメルコーン
4,夕立
5,九条から大正まで
6,映し鏡
7,君への憧れ

¥1,500で販売中


のちくもり


1,傘はいらない
2,灰色room
3,黄色い糸
4,海が見える部屋で
5,もうやめだ

¥1,000で販売中

メール
こちらから
カーテンズLINK

MySpace Japan

尾崎康平Twitter
田中陽介Twitter
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ