DSC09012
“S&W model2 army”は坂本龍馬の拳銃として有名だ。それがマルシンから発売に、と謂うか
当初はアメリカン コレクターズ グループでのリリースだったが、それを手にしたときに
こんなに小っちゃいんだと感じたのは私だけでないのでは?

それはまるでワイルド7でウッズマンのイメージを刷り込まれていた私が初めてMGCの
ウッズマンスポーツを入手した時のようだった。

龍馬の拳銃の場合も入手以前に何らかの時代劇で巨大なモデル2を見ていたのかもしれない。
割と最近の坂本龍馬を題材にした映像作品に登場するプロップガンも見栄えを優先してか、
多少デフォルメされ大きいような気がする。

そこで望月三起也先生の作品に登場する拳銃ばりにマルシンのモデルガンをマッチョ化してみました。
DSC09013
主だった改良点はバレルは太く長く、リアサイト周辺を肉盛りしてボリューム感を出しました。
DSC09022
当然、上が作例下がノーマルです。
DSC09021
DSC09019
DSC09018
DSC090133
これなら当時としては偉丈夫だったとされる龍馬が持ってもバランスが良いのでは?(笑)