PC-take店長のブログ

PC-take店長のブログです。仕事の事からプライベートな事まで不定期にアップしております。

2016年11月

面白い会社


一見何の変哲もない組み立て前の風景

DSC08777




でも少し角度を変えてみると・・



DSC08780




まさかのケースインケース



いや〜我ながら面白い会社に育ったもんだなぁと思いましたね(笑
発売直後のIN WIN 303 NVIDIA EDITIONでの作成依頼をいただいたと思ったら
IN WIN 303にすっぽり入ってしまうNCASE M1での作成依頼をいただき
この写真を撮った日にはIN WIN 303がすっぽり入ってしまいそうなCOSMOS2の出荷・・
昨日は昨日で64个稜型CPUクーラーをもってしても干渉してしまって
34丱ーラーに変更しての再トライ(笑

多分これだけ幅広く色々なパソコンに携わっている人はそんなに多くはいないんじゃないかな?
何て思えるほど極少〜特大までの日々を過ごさせていただいております(笑

マイノリティ

ちょっと前ですが「好きか嫌いか言う時間」なる番組を見たのです。
番組では色々なお題があって個人的には面白かったのですが
お題の一つに「性的マイノリティ」なるものがございました。

性的マイノリティ、LGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)といった
性的少数者の方々に対する理解や配慮について語られておりました。

私自身はノーマルなため今すぐLGBTを理解する事は難しくても
世界、先進国などではLGBTに対する理解や認知度が広がっており
近い将来日本もそうなるのかな?
と、理解は出来ずとも否定はせずの精神で真剣な議論を眺めておりました。

そして次だったかその次だったかお題が流れまして
今度は「若者が消費しない」「若者が結婚しない出産しない」みたいな流れで
このままでは日本が・・的なカットが入ってからお題突入だったのですが
そこで登場した若者は「二次元しか愛せない男」みたいな方だったのです。

その瞬間「えーやだ〜うっそー」といった悲鳴に近いような
とにかく「信じられない」的な映像が映し出されておりました。

ちょっと待てよ。

二次元しか愛せない事だって性的マイノリティなんじゃないの?

LGBTへの理解は広げてもオタクへの理解は広げないのは不公平なんじゃないか?
そう感じずにはいられませんでした。

欧米では広がってるらしいぜ→かっけー!的な(笑

なんというか日本の悪しき習慣になりつつありますよね。
欧米を見習えって考え方は。

もちろん見習うべきところは見習うのは良い心構えなのですが
Aを見習えばBを修正する必要がある事案でも日本の場合って
BはBのままでAだけ見習おうとしちゃうからおかしなことになっちゃう。
結果、悪いところと悪いところの組み合わせになっちゃってることも
少なからずありますからね・・

なかなか難しい時代でございますね。


違和感?

私もフェイスブックなんてナウでヤングなSNSを嗜んでおりましてね。
日々友人の近況やら情報やらが飛び交っているのを眺めているのですが
月1〜2回、必ずと言っていいほど特定の情報が表示されるんですよね。
特定の情報とはいわゆる「殺処分0」的な情報なわけですが
そりゃ何の罪もない動物が捨てられて新たな飼い主も見つからず
毎日のように殺処分されているのが現実なのですから
怒りや憤りを覚え情報が発信されるのも当然の状況だと思います。

でもなんというか違和感あるんですよね。発信の内容によっては。

「殺処分の現実を知らずにペットショップで買う事は罪」

「罪」

ですよ。


うーん・・
怒り心頭なのは分かりますが「罪」とまで言い切ってしまうのは
少々穏やかではないですよね。

何ていうのかな?
言われている事は超正論。何一つ間違っていないと思うんですよ。

でもね。

自分の中の正義ってのはかざすものであって振りかざすものではない。
正義を振りかざしてしまってはそれは時として暴力と変わらなくなってしまう。

これが私の思うところだったりするのです。


アメリカ大統領選の行方

いよいよ次期アメリカ大統領選の投票日ですね。
猛追を見せるトランプ氏に大逆転はあるのか。
終始リードを保っているヒラリー氏がそのまま勝利するのか。
開票は明日のようなのでどちらの候補者が勝つのか気になるところでございます。

さて、そんな大統領選を占う?いや、予言する?に近いのかな。
とある映画の1シーンで非常に気になる一面がございました。

その映画とは1996年に大ヒットしたインデペンデンス・デイの続編
インデペンデンス・デイ:リサージェンスでの一場面ですが
リサージェンスでのアメリカ大統領は女性に設定されております。
これだけならヒラリー人気にあやかってかと想像も出来るのですが
非常に気になる一場面では女性大統領が各国首脳とモニター会議を行う場面で
各国首脳と国旗がディスプレイに映し出されており
その中、日本の国旗が映し出されているディスプレイ、日本の首脳(総理?)は
なんと女性の方が映し出されているのですよね!
セリフがあるわけでもアップになるわけでもなく、ほんの一瞬の流れなのですが
私の脳裏に過ったのはヒラリークリントン大統領と小池百合子総理大臣の図でした(笑

んま〜どちらが勝つのかは分かりませんが行く末を見守りたいと思います。

IN WIN 805の裏側

IN WIN 805組み立て画像はギャラリーの方でご紹介させていただこうと思っていたのですが
ギャラリー掲載だと結構先になってしまう見通しでしたので
805など最近流行り?の両面クリアタイプ組み立て真骨頂の裏配線を
ブログの方でご紹介(自画自賛)させていただこうと思います!

裏配線は普段から結構気を使っている自負があるのですが
やはり見えなくなる場合と見える場合では気分的に違うんですよね〜
両面クリアでご依頼=到着後真っ先にご確認されるのも裏側でしょうし(笑

私的にも普段見られないところが「見られる!」って感覚が
ちょっぴり刺激的だったりして気合も入ったり致します(笑

いきなりお披露目!じゃちょっと面白くないので
このブログ作成に合わせてどこぞの外人さん?が公開していた
IN WIN 805の裏配線画像を拾ってきましたので
見られる事に興奮を覚えた男の仕事をご確認ください。

どこぞの外人さん
805ura


どこぞの外人さん
805ura2


日本の変態さん
DSC08583


こんな感じでございます(笑

見えない場合でも大体これくらいの仕上がりまでは持って行っているつもりですが
さすがに増設の際には結構なきつさを感じたのでオーナーへの確認は行いましたが(笑

という事でございまして本日よりIN WIN系のケースも少しカートから選べるようになりましたので
裏側を見てニヤニヤしたい方は是非ご検討ください!

Archives
最新コメント