Windows8を導入したり、これを機にPCを新調したはいいけど
肝心のベンチマークソフトが動かない・・って人も結構いるのかな?

3DMark11をインストールしたけどベンチマークが開始されない・・
DirectXとか色々更新したけど全く動作しない・・
11-1

Windows7の時と同様に、この画面が表示されたまま先に進まない現象ですね。
これは7の時に対応した人なら分かる事なのですが、原因は言語バーの表示方法(場所)にあり
タスクバーに言語バーを格納すれば正常に動作するようになるのですが・・

Windows8の言語バーってどこにあるのさ?といった方向けの説明を行いたいと思います。

1.まずは標準の状態での言語バーを確認してみましょう。
赤枠で囲ってある部分がWindows8標準状態?の言語バーになっております。
このままでは3DMark11が正常に行えない可能性がありますので、以前の様な言語バーの状態にする必要があります。
11-2



2.ホーム画面の適当な場所で右クリックして下記画像の「すべてのアプリ」を表示させます。
11-3



3.すべてのアプリからコントロールパネルを開きます。
11-4



4.コントロールパネルを開いたら「時計、言語、および地域」の「言語の追加」をクリックします。
11-5



5.言語の追加に進んだら左側にある「詳細設定」をクリックします。
11-6



6.詳細設定に進んだら「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」の項目にチェックを入れます。
チェックを入れると、少し右側にある「オプション」が使用可能になるので「オプション」をクリックします。
オプションに進むと別ウインドで「テキスト サービスと入力言語」といったウインドが表示されるので
「タスクバーに固定する」と「言語バーアイコンをタスクバーに表示する」を選択しましょう。
この状態を保存します。
11-7



7.上記全ての作業が無事完了しますとタスクバーに見慣れた言語バーが表示されます。
11-8



8.上記画像の様な状態になったら再度3DMark11を行ってみましょう。
11-1



9.無事完走できましたね。
11-9