いや〜忙しい!忙しいぞ!
どれくらい忙しいかって頭の毛が全部抜けてしまいそうな勢いですぞ!

という事でご無沙汰しております。

本日のお題は「プロ目線」とか「プロの視点」ですね。
これ、我々素人からすると全く別次元で真逆だったりするんですよね。
そんなお話です。

いよいよ梅雨の時期に突入し梅雨が明ければ夏本番ですね!
夏といえば海だったり山だったり川だったりラジバンダリ!(古
そして忘れちゃいけないのが肝試しですよね!
うん。肝試し。これやっぱり夏の風物詩ですわ。

そんな肝試しで連想する場所ってどこでしょう?
廃墟ですかね?心霊スポットですかね?お墓ですかね?

そんな肝試しの名所?を本物のプロが見るとその眼にはどう映るのか?
これ、テレビじゃ教えてくれない真実?かもしれませんよ!

実のところ何の縁あってか私の嫁のお母さんの弟さん。
この方、関東地方の某県でそれなりに歴史のあるお寺の住職さんなんです。
お会いしたのは5回だったかな6回だったかな?ってくらいのライトなお付き合いなのですが、お会いする機会が少ない分、お会いした際は結構な時間を過ごさせていただいたりしております。

そんな中、聞いたお話で「へぇ〜」と思ったプロならではのご意見があったわけです。

住職曰く、天変地異や何かが起こってしまって眠る場所に困った場合は墓を探して寝なさい。



は、墓ですか?



って一般人なら当然そう思いますよね?

私も当然そう思いましたので「マジっすか?」的な突っ込みは入れましたが・・
超ガチな感じで「Yes」って答えなんですよね。

でも、その理由を聞いてみると割と納得。
なるほどな。これがプロから見た視点なんだな!って思わず納得出来ちゃいました。


住職:いいかい?お墓ってのはね供養されている土地なんだよ。これほど安心な土地はないんだよ。供養されているかわからない、何が起こったか分からない土地で眠るのが一番危険なんだよ。


このお話を聞いて「なるほどな〜」って納得してしまいましたよ!(笑


だからこそ、そうした供養された土地を面白半分で肝試しに使っちゃうから・・
怖いことが起こるのかもしれませんけどね!(笑


という事でございまして「この話って前にも書かなかたっけ?」と思いつつもサイト記事からブログ、SNSまで忙しすぎて手付かずだったため・・



私、生きてますよ!



って報告代わりのブログでございました!(笑