いや〜またまた更新が滞ってしまっておりましたorz

最近はブログの更新は可能な限り全ての返信が終わっていて、納期の遅延とかもなく、輸送事故も不具合も無く誰にも迷惑を掛けていない時って考えてましたが中々そんな日は訪れそうもないので久々に更新しちゃいます!

今日は珍しく?パソコン関連のお話になりますが、最近のパーツは細かいところが進化しておりますね。
進化といっても単純にCPUが速くなったりGPUが速くなったりだけなら大歓迎なのですが規格関係の進化は考え物の部分もございますね。
例えば最近流行りのUSB-C付のPCケースなんてありますが、これはマザーボードが対応している必要があるんですよね。
この進化に関しては新規構築時に対応製品で固めれば問題ないのでいいのですが困るのは旧規格の削除ですね。
マザーボードでは慣れ親しんだUSB2.0ピンヘッダ。
最近これがないマザーボードもあるのですね・・
「USB2.0ピンヘッダ増設」で調べても内部USB2.0ピンヘッダから分岐する必要がある増設パーツだったり、拡張カードは外部ポートしかなかったりで意外と物が無いんですよね。

そんな時は無いなら無いなりに増やせばいいじゃない!って方法をご案内でございます!
方法といっても簡単な事なんですけどね(笑

用意するものは3つです。
‘睇USB3.0拡張カード
USB2.0アダプタ(Ainex USB-011Aなど)
Internal USB HUB

DSC09478


このように画像の3つを組み合わせれば内部USB2.0ピンヘッダがないマザーボードでも簡単に内部USB2.0ピンヘッダを用意する事が可能になります。

DSC09479


メーカーさんはあれですね。
SLIブリッジとかCFブリッジとか付属品にしないでいいので、USB2.0とか3.0の増設用カードを付属品にしてほしいものですね!
だってこの先この手の問題が増えてきそうなんですもん!(笑