本日で東日本大震災から丸10年となりました。
あっという間の10年間、もうなのか、まだなのか。
驚くのは丸9年のブログを書いてから丸1年過ぎている事・・

1年前の私はブログでこんな事を綴っていました。



東日本大震災で亡くなられてしまった方々のご冥福をお祈りするとともに一言!
コロナなんかに負けねーぞ!!



もうちょっとうまい事書けなかったのか?
それは横に置いときまして・・(笑

コロナなんかに負ける気がしない気持ちは現在も1个燭蠅箸睚僂錣辰討りませんが、それにしても予想外に長引いてしまっている気が致しますね。

これは完全的に個人的な意見、見解なのですが2011年と2021年の間に爆発的に普及したものの代表はスマートフォンと言って過言はないと思います。
2011年が所有率30%、2021年は所有率90%越えです。
これだけ便利なツールですので当たり前っちゃ当たり前なのですが、ふと2011年の3月を思い出しますと、私がはじめてスマートフォンを手に入れたのが2011年3月9日だったのですが、その頃は私の周りでスマートフォンの人はほとんどいませんでした。
2011年が所有率30%といっても1〜3月とかの前半は20%あるかないかじゃなかったのかな?と思ったりもします。

相変わらず支離滅裂な長い前置きになってしまっておりますが・・
何が言いたいかって単刀直入に2011年と2021年ではなんだか人情が薄くなったというか冷たい人が増えたというか・・

日本の、日本人の最大の良いところ、世界に誇れると思う良いところ、気持ち、気構えって



困った時はお互い様!

の精神だと私は思っているんですよね。

それがみんながみんなスマートフォンを手にしてからは、やれ自己責任だ、やれなんだと、どうしたらそこまで冷たい言葉を投げかけられるんだ?どうして人にそこまで厳しいんだ?って思ってしまう場面を幾度となく目の当たりにしております。
もちろんこれはネットという限られた空間の中の事ですので、全員が全員ってわけではないと思っておりますが・・

マザーテレサの有名な格言を引用しますと

1.思考に気をつけなさい。それはいつか言葉になるから。
2.言葉に気をつけなさい。それはいつか行動になるから。
3.行動に気をつけなさい。それはいつか習慣になるから。
4.習慣に気をつけなさい。それはいつか性格になるから。
5.性格に気をつけなさい。それはいつか運命になるから。

もう第4〜第5段階まで行ってしまっている人も少なくないんじゃないか?そんな危惧さえございます。

もう一度思い出しましょうよ「困った時はお互い様」の精神を。

日本に住んでいる限りまた大きな地震は必ず起こってしまうでしょう。
東日本大震災をも上回る大災害が起こってしまう可能性だってあると思います。
そんな時、希薄になり過ぎてしまっていては立ち向かえなくなってしまう気がする。
コロナだって災害だって我々日本人に乗り越えられないはずはないのですから!


では東日本大震災追悼の意を2021年バージョンで締めくくりたいと思います。


東日本大震災で亡くなられてしまった方々のご冥福をお祈りするとともに一言!



困った時はお互い様だぜ!