Cut The Tension

TwitterFacebook / Tumblr

Contact: cuthetension@gmail.com 

The Saddest Landscape - 15th Year Anniversary Shows Japan 2017 -

TSLPOSTER



The Saddest Landscape (Boston, US / Topshelf Records) 来日決定!
現行US激情/エモーティヴハードコアシーンの権威/最重要バンドのひとつ、The Saddest Landscapeを招聘して12月に2公演主催します。2002年結成、これまでリリースした作品は25作を優に越え、本国アメリカやカナダはもちろんのこと、ヨーロッパ各国やオーストラリアなどツアーした回数/土地は数知れず。FacebookでのLikeは30000弱を数え、名実ともに世界を代表する激情ハードコアバンドThe Saddest Landscapeが結成15周年を記念して 2017年、"15th Year Anniversary Shows" と題し世界を回ってきたツアーで遂に日本にもやってきます。
これがもちろんThe Saddest Landscapeにとって初来日、初のアジア圏進出で、日本で二公演行った後フィリピン・マレーシア・シンガポールと回るアジアツアーの一環で、日本がその一カ国目を担います。バンドのスケジュール上、東京二公演のみとなりますが間違いなくプレミア感溢れる公演になること必須なので、是が非でもチェックして遊びに来てください。

Cut The Tension presents
The Saddest Landscape - 15th Year Anniversary Shows Japan 2017 -

December 1st, Friday - Tokyo @ Shinjuku Nine Spices
w/ Special Guests (後日発表)
¥2,800/¥3,300 18:30/19:00
Tickets: eplus / Nine Spices

December 2nd, Saturday - Tokyo @ Shinjuku Antiknock (Matinee Show)
w/ Special Guests (後日発表)
¥2,800/¥3,300 11:30/12:00
Tickets: eplus / ぴあ / Antiknock

*両日とも以下にて予約も承っております。
Contact: cuthetension@gmail.com

The Saddest Landscape - Official Website / 
Facebook / Bandcamp

459784_10151918697777575_1665015259_o

絶望の中差し込む一握りの希望とその葛藤で足掻く人間模様を具現化、奈落の底へ突き落とすような至極繊細なメロディに、鬱屈した日常に一筋の光を差し込むかのごとく吐き出される悲痛でむきだしの感情の喚き。時に残忍なほど生々しく、不条理な世の中と明日の見えない未来の狭間で必死にもがく模様を痛々しいほどドラマティックに描く、悲哀で等身大なバンド、The Saddest Landscape。淀んだ感情のうねりとピュアであり続けようとする自我の鬩ぎ合い、呻くように訴えかける言葉と劈くような静寂の哀しみを紡ぎ、その息を呑むような殺伐とした緊張感を激烈にぶった斬る緩急の使い方と、溢れる感情の波を言葉で、音で創造し、壮麗かつ優美で胸が張り裂けそうになる瞬間が怒涛のように駆け巡る、衝動だけでは導き出せないものが彼らの音には詰まってます。

tsllive 

Topshelf Recordsリリース以降の作品は基本的にライセンスがついていますが、個人的にも特に好きな初期から中期にリリースしている大名盤3作品はBandcampでフリーダウンロードできるのでぜひチェックしてみてください。もちろん最近の作品からの楽曲も最高ですが、この辺の楽曲も交えたセットが見れたらいいなあと。リクエストし倒してみようと思います。







彼らのライブ映像で特に好きなのがSXSW 2011でのハウスショウの映像。1:53あたりで "...The Stars In January (Part 2)" の冒頭 "and how many wishes until the stars fall" とシンガロングの嵐が巻き起こるあたりは完全に至高でしかないです。


tsl6



古くはあのThe PineやFuneral Diner、ここ数年でもSuis la lune、Pianos Become The Teeth、You Blew It!、Frameworks、Pet Symmetryなど名だたるバンドらと15枚を超えるSplitをリリース、活動の長さに比例する圧倒的な活動範囲と幅の広さ、単独作でも既に10作品以上、変わりゆくシーンの中でいつの時代も中心を担う渦の中にいるバンドであることがお分かり頂けるかなと思います (*過去のCut The Tensionツアーを振り返ってもNebraska, Shirokuma, Blind Girlsと共演経験あり)。いわゆるScreamoが日本で言う激情が多様化していく中で、バンドとしてキャリアを重ね、もちろん彼らもスタイルは少しずつ作品ごとに変化していますが、彼らが支持され続ける理由は変わらないアグレッシヴすぎる強烈な攻撃性と絶妙な緩急の出し引きに楽曲歌詞ともにソングライティングセンスに長けている点かなと認識しています。彼らに関して個人的に言及しておきたいのはそのバックグラウンド。前述のFrameworksとのSplitでUSユースクルーレジェンドInside Outをカバーしてて、しかもライブで披露することも少なくないらしくこれ彼らが生でカバーするところ見れたら完全にブチ上がり倒すこと請け合いです。個人的にもハードコアルーツでいろいろ扉を開けて来たタイプなのでハードコアに限らずですがルーツの色濃く見えるバンドは音にもそういうところが無意識に反映されるし何というかきちんと芯があって味が染みてて完全にグッとくるポイント多くて最高だと思ってます。


tsl5




The Saddest Landscapeで特に個人的に思い入れがある曲で「僕らがこういう悲しすぎる楽曲ばかり歌うのは、それが僕らに居場所を見つけてくれるような気がして居心地を良くしてくれるから」という歌い出しで始まる "The Sixth Golden Ticket” って曲があるのですが、これが等身大すぎる滲みすぎたいなたさと完璧な曲構成に美しい旋律と張り裂けそうな感情のぶつかり感がまさに彼らの特徴的なところを凝縮した感じが秀逸な曲なので、もしThe Saddest Landscape好きだけど近年の作品しか知らない方いたらぜひともチェックしてみてください。


9206423934_a004125116_b

 

改めて言及することでもないのは承知の上ですが、出演バンドがいて企画者がいてライブができるスペースがあって、好きなもの同士が集ってそれぞれにサポートしあう関係性があって、こういう小さな音楽コミュニティは成り立つものだと思います。もちろん特に何かあった訳ではありませんし、たかがライブを見に来ることに大逸れた言葉も意識もいらないですが、小さな小さなシーンだからこそ一人一人が認識を確かに各々が空間を環境をリスペクトしあう良いシーンを持続できれば良いなと思っています。The Saddest Landscape 超楽しみです。彼らもいつまで続くか分からないと思いますので日程こじ開けられる方タイミング合う方はぜひチャンスをものにして頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

FUCK HATE, NO RACISM, NO SEXISM, NO HOMOPHOBIA, NO TRANSPHOBIA, NO VIOLENCE, PLEASE DO LOOK AFTER EACH OTHER //  Cut The Tension

tsl4



TSL-alldatesUPDATED

Sport Japan Tour 2017

Sport_0001 Sport_0002































2017年7月来日決定!煌びやかで切なく渋み溢るる90年代エモ〜近年のエモリバイバルの系譜を着実に踏みトゥインクルエモとラフメロディック/イーストベイパンクとを絶妙な塩梅で調和させた、日本国内でも近年飛躍的に知名度を上げる現行エモ最高峰フランスのSportの来日ツアーを企画します。

Sport : bandcamp / facebook *全音源フリーダウンロード可*

10609598_788481267857932_2087355633526166856_n







Cut The Tension presents Sport Japan Tour 2017 * w/ falls
for more info and inquiry: cuthetension@gmail.com
*チケット予約も常時受け付けております。

7/21() 東京 / 新宿 Nine Spices*
Sport (France), falls, shipyards, uri gagarn 
19:00/19:20
¥2,500/¥3,000

ツアー初日は、平日には豪華すぎるこれしかない感すごい濃厚なメンツが揃いました。いわゆるSportの特色とも言えるエモと渋メロディック的なところの架け橋になるバンドを思い浮かべた時に即座に浮かんだ組み合わせ。元々個人的にshipyardsもuri gagarnも兼ねてから繋がりあったりしながらも、この3バンド揃い踏みってありそうで多分今までなかったし、去年の終わりから今年の頭ぐらいまで期せずして誰の意図も介入しない中で、ありとあらゆる企画にfallsとshipyardsがセットで各地呼ばれまくって、ブチかまし"経た"ライブをしまくるって流れがあって、それをどうしても今ツアーに持ち込みたいって思惑があって、且つそこにuri gagarnを当て込むって贅沢すぎる組み合わせだなって感じで、Sportとの相性も客層もばっちりだと思うので個人的にも決まった時点から非常にアガってます。どのバンドもいつ見たって最高なライブしかしてないし、どこまでSportのファンとユーリのファンが共通してるか分からないけどこれ本当に垂涎もので手前味噌すぎるけどツアーの初日をこのメンツで迎えられるの堪らないですね。
歌詞適当で良いので皆さん曲聴きこんでぜひ歌い狂いましょう。


DDutFZ3VoAIBYPR




















7/22(土) 岡山 / 津山 K2*
Sport (France), falls, diskover, thinkabout, My Own Change, 水色 on the Sun
20:00 
¥2,000

二日目は東京から岡山へ。岡山・津山と言えばってぐらいシーンの中枢を担うショウキさん (津山K2 / Stand For Unity)による企画。
この人がいるから津山でたくさんアツい企画があって、バンドがライブできる場所があって、海外からも津山にツアーが回ってくる、そんな日本のDIYなパンクシーンの影の力持ちな人の企画です。ツアーに来たバンドへの献身的なサポートともてなしの力ホスピタリティが最強で、みんなに愛されるリスペクトされる最高の存在で、序盤から移動距離バグってますが、岡山も本ツアー決まった時点からこの日程に組み込むのは早い段階で決めていたので意図して組んでいます。メンツに関しても地元のthinkaboutとMy own changeは相当前から本当よく名前見かけていたバンドでずっと気になっていて、いずれもそれこそずっと津山周辺のシーン支えてる重要なバンドだと思うので今回こういうタイミングあって最高だし、大阪で企画してもらうyellowknifeなおさんのバンドdiskoverに水色 on the Sunなるインパクト大な名前のバンドまでかなり彩り豊かな感じで長閑な景色広がる津山にfallsとSportと乗り込む二日目。特にthinkaboutなんて夏のこの時期に見たら涙腺刺激系でやばい説すごいです。K2はあえて箱の方ではなく狭いスタジオでのライブになるので多分相当むさ苦しい感じになる展開必須です。

DDutGNjUQAE2lAI






















7/23(日) 福岡 Kieth Flack*
Sport (France), falls, Navel, Joharry's Window, Jim Abbott, Pear of the West
18:00/¥2,000

三日目は福岡へ。このメンツがまあ本当に最高で。まさか自分が企画をやっててこんな素晴らしいメンツと相見えるなんて夢にも思わずな個人的なルーツに触れすぎる最高の日本のメロディックオールスターなラインナップ。元々同時期に来日予定だったUKメロディックSkimmerがドッキングする予定だった日程で、無念にも彼らの来日は叶わずとなりましたが、本当こんなに素晴らしいメンツを揃えて頂いたthe PRACTICEのカーターさんありがとうございます。NavelにPear Of The West、Jim Abbott、Joharry's Windowってやっぱ何回見てもアガりすぎるし、ベタな表現を恐れず使えばかつて擦り切れるほど聴いたバンドが自分のツアーの一日程に関わって頂ける流れ、どう考えても最高です。何よりここにSportとfallsが交わる感じも完全にフィットしすぎてて本当もう感涙もの。どれもアツいけど個人的には新作リリース直後のこのタイミングでペアオブを見れるのは歓喜以外に語彙が見つからないほど嬉しいです。本当もう福岡でこのメンツが集まること多分もう金輪際ないほど貴重だと思うのでメロディック狂のみなさん筆頭に各地からぜひ集ってください。

DDutG32VwAAfaqS





















7/24(月) 沖縄 / 那覇 Loveball 
Sport (France), offseason, unripe
19:30/20:00 ¥2,000

四日目は沖縄へ。実は沖縄はツアー工程がほぼ全確定していた段階で急遽組み込むことになった日程です。というのも今年初め2月のとある日にツアーをまだ世に公表する前の段階でSportが先走って日本に行くことをFacebook上で急に宣言し始めたタイミングがありまして、彼らとしてはいつも自分たちでブッキングしてるのもあってどこまでツアーのアナウンスが重要なものか理解できていなかっただけだったのですが。まあそのタイミングで異常なほどの熱でその来日に反応していたのが今回企画してくれるSouth Nerd Filmを冠したビデオを撮っている輿那覇さんで、そのフライングに関してはバンドにも輿那覇さんにも説明し沈静化しましたが、結果としてその連絡がキッカケで企画組んで頂くことになり突如この日程でまさかの沖縄へ行く運びに
。初企画ながらいろんな媒体を巻き込んだり自発的にいろんな発信を行ったり果敢に動いてくれていて沖縄へツアー廻る稀有さも最高ながら既にソールド目前らしくその点も完全にアツいと思います。メンツがoffseason x unripeというのもドンピシャな感じで最高にアガるラインナップ。亜熱帯な沖縄に夏に乗り込む感じとそのロケーション諸々込みで良くないわけがない組み合わせ。翌日がオフなのでSportとともにいろいろ観光し倒します。

IMG_6259





















7/26(水) 大阪 / 心斎橋 Hokage
18:30/19:00
¥2,300/¥2,800

オフの五日目を挟んで六日目。大阪は岡山編にdiskoverとしてご出演頂くYellowknifeことなおさんによる企画。これまでも火影で何度も何度も最高の企画を打ち続けている方に自分のツアーの一端を担って頂けるのはただ光栄で、メンツもかなりグッとくる組み合わせ。シーンに突如姿を表して以来巷で良い噂の絶えないFireplayに、過去のツアーでもお世話になっている安心安定の京都のバイサマ、噂に聞くJoyce Manor狂の方のいる個人的にも念願なレボハーという感じで、どのバンドを取ってもメロディックとエモにかなりアツいルーツを持ちながらそれぞれのスタイルで昇華させた最高のバンドたちの共演。少しベクトルは違いますが個人的には初日のfalls / shipyards / uri gagarnに匹敵する並びで、ありそうでなかった針に糸を通すような痒い所に手が届くような超沁みる組み合わせだと思ってます。特に大阪ではここまでこうしたバンド達がギュッと4バンドでコンパクトに揃うライブは少なくとも自分の印象では錚々ない印象なので、
Sport来日キッカケで大阪でこういう形でできるのは僭越ながらとても良いなあと思います。ステージのない箱、火影ってのも込みで絶対楽しい。

DDutNnYV0AAiYa5





















7/27(水) 名古屋 / 鶴舞 Daytrip
Sport (France), Emitation , 4Brothers, doesn't, good luck with your fun 
18:30/19:00
¥2,300/¥2,800

七日目は名古屋。こちらは過去のツアーに引き続いてCut The Tension企画。正直もう名古屋はツアーのたびに苦戦苦戦でブッキング今回も我ながら直前も直前まで時間かかりすぎましたが笑、名古屋で企画を組もうと思って真っ先に頭にイメージした名古屋のショートチューンxトゥインクルエモEmitationに、メンバーの方にLatterman狂がいると噂の超キャッチーな男女混声メロディック4Brothers、名古屋近辺の界隈でエモといえば忘れてはならない若手インストマスロックdoesn't、そしてこちらもトゥインクルなキラキラしたエモにメロディックなエッセンス振りかけた感じが堪らないgood luck with your funという感じの5バンド。これが平日の名古屋で何よりSportと一緒って考えたら来ない手はないはずです。ぜひ各県周辺から駆けつけて頂けたら嬉しいです。広いステージのある箱ですが、よりSportのスタイルに近い形でライブを行うため他数会場と同様にフロアライブとなります。
IMG_6261
















7/28(金) 静岡 / 三島 Studio O&K
Sport (France), And Protector, Hollow Suns, The Restaurant, ヒガラ
18:45/19:00 ¥1,500

八日目の静岡は、今回のツアーの中でも少し異質な一日。このツアー、他日程はどことなく共通項を感じる流れですが、この日は若干雰囲気違って静岡が誇る至極のメロディックAnd Protectorに企画をお願いしました。実は彼ら来月には新作リリースにツアーなど控えていて、そもそもスケジュール常にパンパンなバンドがこうして超忙しい合間を縫って企画を打ってくれるのが最高に嬉しいし、最高なAPを彼らの生まれ育った土地で見れるのも絶対に最高。引っ張りだこという言葉は彼らに使うのがぴったりなほど各地ジャンルやシーンの垣根ブチ超えてライブし倒している最高にイケてるバンドです。個人的には2014年に企画をお願いして以来にまたこうして繋がれるのも嬉しい。メンツは最近癒着が激しすぎるでおなじみ笑APの盟友Hollow Sunsが東京からレコ発も兼ね駆けつけてくれる他、Further Platonicから音源を出したばかりの蒼さ光る甘酢なThe Restaurantにヒガラという感じです。あとこれに関して言及せねばならないのがフライヤー。数ヶ月前のある夜、APの鬼才つとむさんから”今フライヤー作ってます”的な話をもらって普通に数日後とかにまた連絡あるかなと構えてたところ、速攻でこれ送られてきてまたとんでもなく狂ったやつ作ったなあと見た目だけで一発衝撃受けたのも束の間、すごい何食わぬ感じで自然に「さっき紙粘土で作ったんだよ!」って言ってて笑、夜な夜な紙粘土ぶち叩いてまあ醜いミッキー作ってスキャンしてフライヤーできたって完全に狂ってるしアーティスト性が爆発しすぎてて頭の回転の仕方最高すぎてるなあと笑。このメンツ集まってスタジオライブで40名キャパなのも完全におかしい。最高です。

IMG_4543















7/29(土) 東京 / 下北沢 Basement Bar* eplus
Sport (France), falls, and protector, hue, offseason, salt of life
17:00/17:30
¥2,500/¥3,000

ツアー千秋楽。九日間の過去最長規模で過去最大規模のバンドを招聘するツアーを締めくくる一日。この日はファイナルなので当然力を入れた日程ですが、手前味噌ながら各地から最高の役者達が揃う完全に粒揃いすぎてるメンツで最高。昨年リリースしたアルバムが完全に最高な日本のこの辺のエモシーンでは過小評価されすぎてる説がすごいトゥインクルエモにメロディックと叫びが調和がイケてるhueに、京都メロディック御大みんな大好きsalt of life、沖縄を日本を代表するエモoffseasonがおよそ2年以上ぶりに東京に襲来、そしてfallsがツアー三日目以来にツアーに再び合流、何よりこのいわゆるエモ/渋メロディック界隈なバンドの集結した組み合わせに前日も出演してくれる静岡のand protectorが交わる渾身のラインナップ。Sportに匹敵する太刀打ちできるバンドを日本で各地から本当に寄せ集めた形ですが、絶妙にメンツの均整も取れつつこれしかないメンツ感も我ながら完全に最高だと思ってます。一般的にSportのファンの方にどこまでビビッと来て頂けてるかわからないですが、手放しで絶賛できるほど至極の組み合わせで、期待は絶対裏切らないので騙されたと思ってぜひ足を運んでもらえたらなあと思います。Sportも来日は恐らく二度ないと思うので最終日ってことで絶対脂乗りまくってるはず+全バンドロングセット予定なのでバチバチやりあってもらう予定です。繰り返しすぎるけどこれがダメならもうダメなんじゃないかぐらい完璧なメンツだと自負しているので
地から集って頂いて最高のラスト迎えられたら本望です。


IMG_4908







*ツアーには最初の三日間とファイナルに現在最もシーンから支持を集めるバンドのひとつ、fallsが出演します!2016年末頃からライブ本数重ねて"経た経験値"の数から脂乗りすぎてライブでブチカマす率がまあ高いバンドを"経てる"という言葉で表現する風潮が一部であったのですが、まさに彼らfallsは経すぎてて、もう暫くやばいライブしかしてないと思います。個人的にはSport呼ぶなら絶対fallsと思っていたので理想的な形で開催できて嬉しい限り。各地最高の匂いしか感じない組み合わせになってると思うので、少しでも興味あれば是非足を運んで頂けたらと思います。いよいよSportが日本で観れるって最高ですね。 


Sportの持つエモみ渋みは、それ単体でピックアップすればオールドスクールでクラシックな形だけど、そのどちらにもセンスがあって且つその展開まとめ方凝縮具合いが秀逸。時に感情的でありながら優しく温かい、非常に味わい深くノスタルジックな楽曲の多いバンドで、胸の奥を熱くさせる情に訴える力を持った素晴らしいバンドです。多分な熱量と渋みとでエネルギッシュかつ魂満ちすぎなボーカルワークに、繊細で柔軟性あるメロディが重なり互いが程よく中和され上手く統制を取り、USエモやラフメロディックをヨーロッパ仕立てに仕上げ、綺麗なだけじゃなくて泥臭さ見え隠れする不器用で等身大なあいくるしさを孕む最高のバンド。終始シンガロング然とした展開と、ひたすらにキャッチーで至極いなたい様が完全にドツボです。何と言っても洗練されすぎてない感じが満点です。個人的には、Latterman + Algernon Cadwallader または Snowing + Hot Water Music とでも形容したいバンドです。鬼のようなキャッチーさとかイーストベイパンク感で言えばDear Landlordな雰囲気もガンガンあります。



彼らのこれまでのリリースは、リリース毎に異なりますが多い時には20を超えるレーベルからリリースされています。フランスはもちろん、ヨーロッパという土地はブラッケンドハードコアや激情、モダンハードコアが絶えず活発で、未だに高速メロディックバンドが息長く活動している土地って印象で、ここ数年でこそ少しずつ増えては来ましたが、正直エモバンドはその存在自体が皆無に等しいくらいに稀有な存在になっていると思います。例えこうしてインターネットが当たり前に浸透した状況においても、自国に大きなシーンやムーブメントなきところに新しく作り出していくことと言うのはかなり難しいことで、決して大きくはないレーベルばかりだけど、多くのレーベルに打ち出してもらうことで、あらゆる方向から小さなきっかけを少しずつ掴んで行こうというのが恐らく狙いなんだと思ってます。我々からするとヨーロッパはヨーロッパって大きなくくりで何なら羨望の眼差しすらあるけど、国ごとに見たら日本の方が盛り上がってる可能性すらあります。
 


一般的に知名度があるかはわかりませんが、個人的に一番大好きな曲"Sydney, 2000"の歌詞を以下に全文訳しておきます。この溢れんばかりの鬱屈感、鬱蒼とした日々の煮え切らない感情を歌った内容に相反する飛びぬけて明るい曲調に疾走感抜群な展開が最高な曲です。 
「友達で変わっていってしまった人、自分が嫌いだった人、"自分が変わった"と思って疎遠になった友達など、若いときのことを思い出して、そういう全てのストーリーを自分がまだ鮮明に覚えているか時々確かめたりする。絶対に忘れない過去の話。でも過去も未来もひっくるめて"今"があって、日常は日々あっという間に流れゆくけど、良き思い出もたくさんあって、今日もそんな思い出たちに生かされている。自分なりにいろんな経験を経た今も、結局自分が何を求めて何をしたいのかなんて分からないけど、雨の後の晴れ間にしか虹が現れないように、きっと人生だってそういうことなんだ。問題なんていつだって山積みで、感情も常に謎めいて憂鬱だけど、今日も何とか元気にやってるし、波風立てず模索して生きれている今を幸せに思おう。」 


どの作品もリリースのたび結構突発的にサプライズ的にfacebookでリリースを発表をするんですが、リリース毎にネットが間違いなくその話題で騒然とするような凄まじいバンドで、ヨーロッパという土地柄か彼らのスタイルからか、チェコの激情/ハードコアのDIYフェスの祭典Fluff Festへも異色ながらこれまでに二度出演を果たし、バンク/メロディック/エモの現行のトレンドとレジェンド的なクラシックなバンドを網羅するアメリカの大規模DIYサーキットフェスThe Festへの出演経験もあり、その他にも常にかなり雑多にジャンルを問わず共演もしていて、バンドの規模が世界に及ぶ現在もアメリカ/南米/ヨーロッパ各国を至極DIYなスタイルにこだわってツアーを回っていたりと、現在のいわゆるDIYでエモなシーンで最も果敢にトライしているバンドのひとつと言っても良いと思います。2012年にはLattermanリユニオンユーロツアーでオープニング務めた経験もあり、間違いなく日本をも巻き込む魅力を孕むバンドだと思います。
 


前述のFluff Festには、フェス側がブッキングしたバンド以外でライブしたいバンドがいればマイク以外の機材を全部持ち込み先着順でライブできる、Open Stageなるものがあって、当時ファーストアルバムを出して間もない頃でシーンでもまだまだ無名だったSportがOpen Stageで演奏することになった際、そこにいた誰もが当日始まるまで彼らがライブすることを知らなかったにも関わらず、凄まじい盛り上がりを見せた、ちょっとした伝説的なセットがあります。初見の人でもあっという間に魅了する圧倒的なキャッチーさが最高だと思います。
 



この翌年のFluff Festには、正式にフェス側からオファーを受け大きなステージで出演。普段小さな箱でばっかりライブしていて、「今日のこのステージはちょっと大きすぎるから、みんなでステージダイブしたり歌ったりダンスして小さな箱だと思って騒いでね!」って言ってて、夢を一つ叶えつつ等身大であり続ける姿勢含め心底最高なバンドだなと思います。 




個人的には、2014年頃アメリカのThe Festの前夜祭的なライブで一度Sportのライブを見たことがあって、Sport, Self Defense Family, Hit List, Prayer Chainみたいな感じの、とある木曜日のハロウィンの夜とかでツアーバンド+当日ローカルでグイグイ来てたフロリダのバンド的な、なかなかメンツのぶつけ方凄まじいライブだったけど、彼らにとっても初めてのアメリカツアーながらハロウィンなのも加味されローカル感アツすぎてトータルかなり面白いライブだったのを今も思い出します。その翌日からThe Fest 13が始まり、自分は来日ツアーをしたYou'll Liveや友達のNai Harvestの面々とともにとある友達の家に泊まったのですが、そこになぜかSportのみんながいてめちゃめちゃパーティし狂ってたのを今も超鮮明に覚えてます笑。そんな出会いから3年、元々大好きだったけど、こんな最高にかっこいいバンドと一緒に日本ツアー出来るのが本当に楽しみです。みんなでシンガロングしすぎたいし、極力ダイブしやすい会場選んだつもりなのでダイブし狂いましょう。お互いがお互いを助け合って、ただ楽しいだけじゃなく安全にみんなで最高の空間を作れたらなと思います。きっとこの音楽まで辿り着いた人はある程度のモラルを持っていると信じていますが、ここ最近、世界でも日本でもシーンについて考えさせられることが多かったので、特に安全なスペースを守ることだけは、ぜひともご協力ください。その上で全力でぶち上がって行きましょう。聴きたい曲ありすぎて本当楽しみです。よろしくお願いします! 

FUCK HATE, NO RACISM, NO SEXISM, NO HOMOPHOBIA, NO TRANSPHOBIA, NO VIOLENCE, RESPECT EACH OTHER - Cut The Tension 2017 



Sport band

Best Albums of 2016

IMG_8445

aoty 2016 *in no particular order*

mitski - puberty 2
daughter - not to dissapear
angel olsen - my woman
big thief - masterpiece
wet - don't you
tenement - tenement
told slant - going by
florist - the birds outside sang
tegan and sara - love you to death
crystal castles - amnesty (I)
japanese breakfast - psychopomp
frankie cosmos - next thing
camp cope - camp cope
warehouse - super low
whitney - light upon the lake
diiv - is the is are
crying - beyond the fleeting gales
sad13 - slugger
tancred - out of the garden
free cake for every creature - taking quietly of anything with you
the sun days - album
oshwa - i we you me
bon iver - 22 a million
melt - riffer 
martha - bitters in the pit of my heart 
joy sam - turn into
white lung - paradise
izzy true - nope
muncie girls - from casplan to belsize
paws - no grace
mother evergreen - mother evergreen
dowsing - okay
oathbreaker - rhela
la luna - always already
temper & hold - the speed of travel
gouge away - .dies
mannequin pussy - romantic
forests - sun eat moon grave party
sport - slow
i love your lifestyle - we go way back
human hands / the blue period - split
praise - leave it all behind
arkless - arkless
old gray - slow burn
drawstring - cool
tiny moving parts - celebrate
signals midwest - at this age
posture & the grizzly - i am satan
fury - paramount
free at last - embrace you
true love - heaven's too good for us
renounced - theories of despair
fox wound - in passing, you too faded
joyce manor - cody
modern baseball - holy ghost
prince daddy & the hyena - i thought you didn't even like leaving
masada - masada
youth funeral - heavenward
tapestry - i hope you never find me
algae bloom - i am everyone i've ever met
mom jeans - best buds
i'm glad it's you - the things i never say
pup - the dream is over

*こちらでも上記から3枚ピックアップしてベスト寄稿しています。
よろしければ併せてチェックしてみてください。

Nebraska Japan Tour 2016

14215737_1391102747586173_519616783_o



Nebraska Japan Tour 2016
チケット予約/お問い合わせ: cuthetension@gmail.com

October 5th - Shinjuku Hillvalley Studio / Tokyo (Cut The Tension)
Nebraska, Goodbye Gangsters, Capelight
20:30 / ¥1000
ctkr2wcvmaa4nfd
October 6th - Rinky Dink Studio / Kyoto (with one accord)
with one accord presents "the light at split second vol.18"
Nebraska, buoy, tweez
19:30/20:00
¥1,500
ctksgegueaa9tbp



October 7th - Sinsakae Reflect Studio / Nagoya (quiqui)
Nebraska, quiqui, fish, yep
19:00/19:30
¥1,500
nebqui



October 8th - Art Space Casa / Fukushima (Rebel One Excalibur)
Nebraska, Asthenia, Rebel One Excalibur, thepath, 沖は確かな
Nebraska, Asthenia, The Blue Leeching Ambulance Song, Rebel One Excalibur, salt of life, Young Lizard
17:30 / 18:00
¥1,800 / ¥2,300
14442601_1086127008142521_1557839685_n


2016年10月にオーストラリアはアデレードのエモバンドNebraskaの来日ツアーを東京のAstheniaメンバー運営のBlue. September. Blue.*と共同で開催します。No Actionのメンバー含むNebraskaは現在メンバーの多くがアデレードから離れて生活している関係でバンドとしてうまく活動できない状況が続いていたため今回の日本でのツアーがバンドとして最後のツアーとなります。いわゆる90年代スタイルのロウな音を出し続けてきたバンドとあって界隈では根強いファンの多いバンドで、Indian Summer, Portraits of Past, Moss Icon, Yaphet Kotto, Shotmakerあたりからのインフルエンスを感じさせながら現行ではAsthenia, Human Handsあたりと完全に共鳴しすぎるDIY精神と間を巧みに操りすぎる隠微で狂気的な鬱屈性と突発的に暴発する感情の高鳴りとのバランス感が痺れすぎるバンド。ツアーには今回共催を担って頂いていて2014年にNebraskaと5way SplitをリリースしているAstheniaがラスト2公演に出演します。 
Asthenia / Blue September. Blue. 

5way Split - Nebraska, Asthenia, Duct Hearts, Manku Kapak, Human Hands


“Follow the Rules” comp cassette tape

本来日に伴いCut The Tensionリリース第一弾として彼らの音源全て網羅したディスコグラフィカセットをリリース予定。Astheniaによる自主レーベルForge Recordsとの共同リリース。
CTT-001 Nebraska - Complete Twin Earth Recordings Cassette (w/ download code)
既発の6曲にSquirrel Baitのカバー含む未発表曲5曲を加えた全11曲収録。100個限定プレス。

IMG_5334



tumblr_mitg70CNW11qe6hdno1_1280 
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ