フリーライター石川清のblog

ライターの石川清のブログです。アジアや沖縄をまったり歩くのが好きなほか、最近は長期ひきこもり問題や、八つ墓村のモデルにもなった大量殺人事件などの書籍なども上梓しています。よろしくお願いします。

1964年埼玉県生まれ。NHK記者を経てフリーに。主な共著作に「ドキュメント 長期ひきこもりの現場から」(洋泉社)、「津山三十人殺し 七十六年目の真実」(学研)、「元報道記者が見た昭和事件史」(洋泉社)、「ヤシの実のアジア学」(コモンズ)、「津山三十人殺し 最後の真相」(ミリオン出版)、「危ないカギ屋の事件ファイル」(三才)など

最低賃金の賃上げと新しい貧困

東京都の最低賃金が27円上がって、時給985円になるという。10月をめどにそうなる。

東京都の最低賃金の金額は全国では最高額のものとなる(なんかややっこしい表現)。全国の平均額はだいたい時給870円台になるようだ。ちなみに最低は沖縄や鹿児島などで、時給760円程度だ。僕の住んでいる埼玉県では871円から898円程度まで引き上げられることになる。

ところで、障害者手帳を利用して就労する障害者枠での就労というものがある。障害者枠を活用しての就労は、比較的一般就労に比べて平易なのだが、その中でも精神障害者の人が障害者枠で働くと、どうしても多くの場合、最低賃金程度(若干プラスアルファが多いが)となってしまう。5年、10年継続して働いても、時給がアップすることがほとんどない。もしくは賃金のアップ率が極端に超鈍い。

あまりにも低賃金が続くので、途中で一生懸命に働く気をなくしてしまう人もいる。

ちなみに時給985円で計算すると、フルタイム(週40時間)働いたとして、その月収は総額で16万円強となる。税金や健康保険、年金などを引かれると、だいたい月の手取りは14万円ちょっとであろうか。決して高くはない 。我が埼玉だと、フルタイムで月の手取りが13万円弱。沖縄だと、せいぜい11万円程度となるだろうか。

決して十分な金額とは言えない。これでは結婚したり、子供を産んだりするのに、どうしても尻込みしてしまっても仕方ない。

最低賃金の金額を時給1500円程度まで引き上げてほしいという話もあるという。そうなると、月の手取りはだいたい22万円程度になる。確かにそれならなんとかなるかもしれない。

しかし、国の財政事情は決して明るくはない。すぐに時給を1500円に上げるのは厳しそうだ。

だとすると、補助的な財源として、例えば少額のベイシックインカム(例えば月に5万円程度)でも実施することはできないだろうか。そうすると、多少最低賃金レベルでも収入はそれなりの金額にアップするし、その人の状態(例えば障害の状態など)に応じて、多様な選択肢を得ることも可能だから。多様な生き方を選べるとなると、ちょっと人間らしくなるのではないか。 

残業代をまず青天井にしたら?

働き方改革で、過労死を防ぐべく、サービス残業を規制したり、残業がこれ以上増えないように、いろいろ議論されています。

残業を増やさないようにしようというあまりに、かえって有効な策が封じ込まれてしまっているような気がします。

個人的には、まず残業代を青天井でつけられるようにして、そのうえで残業時間が増えないように、制度的対応をしていくべきかと考えていたりします。

今は中途半端な残業規制があるため、一定の時間以上の残業については、残業代をつけられなくなっています。このため、日本の多くの企業は、残業を減らすのではなく、残業代を払わないでしのいでいるわけです。

残業はけっこうお金を稼げます。時間外労働になると、たしか25%くらい賃金を増やさなければいけないし、休日出勤の場合は、さらに25%増やさないといけません。休日に残業をすると、50%増やさないといけないわけです。深夜労働になると、さらにたしか賃金が増したような。。。

労働者が過労死する最大の理由は、ストレスがたまって、しかも自分でコントロールできない状況に置かれてしまうからです。

せめて、サービス残業がなくなって、残業代全てが賃金として認められ、労働者の収入が増えれば、少なくとも「働いても収入につながらない」という奴隷労働的ストレスからは解放されます。最低限、賃金という見返りがあれば、過労死まで至らないで済む人も多いかもしれません。ストレスとは、単純に労働時間と比例しているわけではないからです。

また残業代が青天井になれば、企業の負担する賃金総額がおそらく激増するため、残業を無制限に認めていては、企業経営が成り立たなくなるでしょう。案外、ようやく企業が残業を少なくするために本腰を入れるようになるかもしれません。

もちろん、だからといって残業フリーになってしまってはもたない人も多いのも事実です。残業代を正当に保証したうえで、残業を減らす枠組みを議論した方が、少なくともサービス残業の大量の負のストレスにさらされることはなくなるので、この方がいいかも。。。

薬物の副作用報告の動きが出てくるも…

 厚生労働省では、去年、薬局や薬剤部だけでなく、医薬関係者にも薬物について副作用報告をしてくれるよう、ガイダンスなど定めました。主に多剤併用(日本は複数の薬物を同時に摂取することがよくあります。例えば、精神疾患の患者が、向精神薬、抗うつ剤、睡眠導入剤(安定剤)などを同時に服用しています)による複合的な副作用対策なのですが、これが果たしてその後どうなっているのか、ちょっと気になるところです。

 現場での処方のシステムは、あまり大きく変わっていないようなので…。 
ギャラリー
  • 「こころの不安がわかる 精神医学入門」洋泉社 が出版されました
  • マナガツオの刺身
  • マナガツオの刺身
  • マナガツオの刺身
  • マナガツオの刺身
  • マナガツオの刺身
  • 「茨城県・祝町の仇討ち騒動」(歴女の大洗幕末史レポート)
  • 「元報道記者が見た昭和事件史」洋泉社
  • 「津山三十人殺し 七十六年目の真実」学研
メッセージ

名前
メール
本文