働き方改革で、過労死を防ぐべく、サービス残業を規制したり、残業がこれ以上増えないように、いろいろ議論されています。

残業を増やさないようにしようというあまりに、かえって有効な策が封じ込まれてしまっているような気がします。

個人的には、まず残業代を青天井でつけられるようにして、そのうえで残業時間が増えないように、制度的対応をしていくべきかと考えていたりします。

今は中途半端な残業規制があるため、一定の時間以上の残業については、残業代をつけられなくなっています。このため、日本の多くの企業は、残業を減らすのではなく、残業代を払わないでしのいでいるわけです。

残業はけっこうお金を稼げます。時間外労働になると、たしか25%くらい賃金を増やさなければいけないし、休日出勤の場合は、さらに25%増やさないといけません。休日に残業をすると、50%増やさないといけないわけです。深夜労働になると、さらにたしか賃金が増したような。。。

労働者が過労死する最大の理由は、ストレスがたまって、しかも自分でコントロールできない状況に置かれてしまうからです。

せめて、サービス残業がなくなって、残業代全てが賃金として認められ、労働者の収入が増えれば、少なくとも「働いても収入につながらない」という奴隷労働的ストレスからは解放されます。最低限、賃金という見返りがあれば、過労死まで至らないで済む人も多いかもしれません。ストレスとは、単純に労働時間と比例しているわけではないからです。

また残業代が青天井になれば、企業の負担する賃金総額がおそらく激増するため、残業を無制限に認めていては、企業経営が成り立たなくなるでしょう。案外、ようやく企業が残業を少なくするために本腰を入れるようになるかもしれません。

もちろん、だからといって残業フリーになってしまってはもたない人も多いのも事実です。残業代を正当に保証したうえで、残業を減らす枠組みを議論した方が、少なくともサービス残業の大量の負のストレスにさらされることはなくなるので、この方がいいかも。。。