CVNひきこもり支援の集いのお知らせ

立ち寄ってくださってどうもありがとうございます。CVN(コミュニケーション・ボランティア・ネットワーク)という、主に長期ひきこもりの当事者や家族の支援の集いを埼玉県朝霞市で毎月開いています。2003年頃から活動しており、訪問サポートや個別相談、カウンセリング、若者の集い、家族教室などを催しています。主宰は石川清で、近著に「ドキュメント 長期ひきこもりの現場から」(洋泉社)などがあります。

CVNでは不定期ですが、毎月1度の家族教室や若者の集い。毎月2度の個別面談を催しています。また訪問サポートやカウンセリングなどの受付も随時していますので、気軽にお問い合わせください。申し込みや問い合わせはメールアドレスや電話番号を記載のうえ、メッセージやコメント欄に書き込んでいただけると連絡を取りやすいです。混み合う時は時間がかかることもありますが、ご理解いただければ幸いです。

noteに掲載している有償のレポートやコンテンツ、CVNちゃんねる(動画)については、以下のURLをご覧ください。
https://note.com/ishikiyo/m/me662aab9f4d5

9月26日の家族教室の中止と10月2日の会場変更についてのお知らせ

みなさん、こんにちは。石川です。

9月26日には家族教室を予定していましたが、埼玉県に緊急事態宣言が出ていることもあり、中止させていただきます。コロナの感染者は減少傾向にあるようですが、まだ数字は高いところもありますので。僕の方は2回の予防接種を終えています。

9月26日の個別面談については予定通り弁財市民センターの会議室で実施する予定です。また訪問やリモートの面談も予定通り実施しています。

おそらく若者の集いはまたリモートで夜でしょうか。

10月2日(土)の個別面談は弁財市民センターの2階和室で行えることになりました。朝志ヶ丘市民センターと前に案内しましたが、弁財市民センターですので、お間違えのないように修正していただければと思います。(10月の第一週の土日については、総選挙はないとして、ようやく予約できるようになりました)なお、キャンセルで若干の空きができています。

10月31日の家族教室の会場は朝霞市の朝志ヶ丘市民センター(朝霞市朝志ヶ丘3-8-16 電話048-476-5755)の第二会議室の予定です。参加費は1家族1000円です。今のところ時間は午後1時半から4時までの予定です。狭い場所なので、全部で合計8人としたいと思います。1家族2人まで大丈夫としますが、事前にメールか掲示板で予約いただければと思います。2人参加のご家族の場合、2家族4人として、1人参加のご家族は4家族を受け付けたいと思います。

可能であれば、リモートでのオンライン配信も考えていますが、まだ決定はしていません。Skypeを使用して、費用は600円程度。noteの方で費用を支払った上で、参加方法を説明したいと思います。

朝志ヶ丘市民センターは、朝霞台駅、北朝霞駅から徒歩15〜20分ほど。車で来られる方は、駐車場はないので、付近のコインパーキングにお停めください。まだ総選挙の日程が定まっていないため、大部分の朝霞市の市民センターの予約ができない状況なため、朝志ヶ丘市民センターを今は予約していますが、もしいつもの弁財市民センターや、比較的会議室が広い溝沼市民センターの会議室などが予約できれば、10月31日の会場も変更となるかもしれません。掲示板やメールの方をご確認ください。

https://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/12/asashigaokacenter.html

11月以降の予定ですが、以下の通りです
11月3日(祝、水)個別面談 弁財市民センター2階会議室(決定)
11月23日(祝、火)個別面談、家族教室、若者の集い 溝沼市民センター会議室(決定)
12月4日(土)個別面談 弁財市民センター2階和室(決定)
12月26日(日)個別面談、家族教室、若者の集い 弁財市民センター2階会議室(決定)
※12月26日の家族教室については、弁財市民センターの1階ホールになる可能性もあります。

この日程での個別面談は有償ボランティア面談ですので、参加費は3000円です。今のところ、10月2日、11月3日、11月23日の個別面談に若干の空きがあります。12月の分についても空きはあります。

CVNちゃんねる⑨ 自ら孤立に走る若者の“心の地図”から考える

こんにちは。コロナ感染者が激増していて、また気候の変化もあわただしく、ひきこもりの若者の多くが強い不安をつのらせたり、気分の変調が激しくなったり、倦怠感や疲労感が大いに増していたりするようです。

僕の方も気温の変化のせいか、ちょっと腰の調子が…(笑)。

さて、CVNちゃんねるでは、前回に続いて頑なに孤立する若者の胸のうちを考えたいと思います。より具体的なケーススタディ風になっています。

具体的にはタイプ3、4、1の特徴を兼ね備える、かなり困難なケースを想定しています。なかなか助けを求めようとせず、時には家族との交流も絶ち、しかも言動にかなり波があるタイプです。

こういうタイプの若者の心の中には、時には無意識のうちに、あえて自らチャンスを逃したり、自分の人生を壊してもプライドを保とうとしたり、恥をかくくらいならあえて何もしないでその場しのぎをする、心の“装置”みたいなものがつくられていたりします。

ひきこもりの中では、なかなか医療機関や支援機関とかかわろうとせず、かなり長期化してしまうことが少なくなりません。頑固な孤立に走りながら、同時に同居する家族などに強く依存してしまうこともあります。

当事者は周囲からの干渉も嫌うことが多いため、本人のみならず、家族全体が孤立化してしまうことがあります。

そんな困難事例の当事者のケアについて、心の地図を描きながら、具体的に検証していきたいと思います。どんなところが改善にいたるポイントなのでしょうか。


これまでのCVNちゃんねるよりも、ちょっと具体性のある内容でもあるので、視聴に500円必要となりますが、ご理解いただければ幸いです。明らかに異なるタイプの場合、あまり参考にならないかもしれません。



https://note.com/ishikiyo/n/nc95c944b0693 

8月22日の家族教室は中止です&10月の家族教室と個別面談の会場について

みなさん、こんにちは。

コロナの感染が広がっています。天気も不安定なせいか、ストレスを抱える人も多くなっています。問い合わせ件数もかなり増えており、無理はされませぬように。

8月22日には家族教室を予定していましたが、埼玉県にも緊急事態宣言が出ていることもあり、中止させていただきます。どうもすみません。

9月26日は実施したいところですが、コロナ感染が落ち着くかどうかですね…。

8月22日の個別面談については予定通り実施する予定です。また訪問やリモートの面談も予定通り実施しています。

僕の方は8月3日に一回目のコロナワクチンの接種をして、24日に二回目の接種を予定しています。

10月の個別面談や家族教室ですが、まだ衆院選(総選挙)の日程が決まっていないことから、投票所にもなる予定の弁財市民センターについては、いまだに10月、11月の土日の予約ができません。

今のところ、10月2日に個別面談を予定していますが、会場は朝霞市の朝志ヶ丘市民センター(朝霞市朝志ヶ丘3-8-16 電話048-476-5755)の第一和室を仮に押さえています。(朝霞台駅、北朝霞駅から徒歩15〜20分ほど。車で来られる方は、駐車場はないので、付近のコインパーキングにお停めください)

また、10月31日の個別面談・家族教室についても朝志ヶ丘市民センターの第二会議室を仮に押さえています。

朝志ヶ丘市民センターは近郊で唯一投票所に使用されていないので、予約できたわけです。もし弁財市民センターを使用できるようになりましたら、10月の個別面談や家族教室の場所を弁財市民センターに変更したいところですが、どうなるかまだわかりません。当面は10月については朝志ヶ丘市民センターということですのでよろしくお願いします。

9月、11月の会場は弁財市民センターを予定しています。

https://www.city.asaka.lg.jp/soshiki/12/asashigaokacenter.html
ギャラリー
  • ひきこもりサブカルちゅあ⑤ いざVR(仮想世界)の中へ!
  • ひきこもりサブカルちゅあ④ ひきこもり、VRアバターTシャツをつくってもらう!?
  • ひきこもりサブカルちゅあ④ ひきこもり、VRアバターTシャツをつくってもらう!?
  • 「ひきこもり、コロナに翻弄される」をコミキャン文庫⑤に掲載しました
  • 「ひきこもり、コロナに翻弄される」をコミキャン文庫⑤に掲載しました
  • ひきこもり・サブカルちゅあ① ガルパンおじさん
  • 「親子の孤立死2」(毎日新聞)
  • 「親子の孤立死広がる」(毎日新聞)
  • 「親子の孤立死広がる」(毎日新聞)
メッセージ

名前
メール
本文