CVNひきこもり支援の集いのお知らせ

立ち寄ってくださってどうもありがとうございます。CVN(コミュニケーション・ボランティア・ネットワーク)という、主に長期ひきこもりの当事者や家族の支援の集いを埼玉県朝霞市で毎月開いています。2003年頃から活動しており、訪問サポートや個別相談、カウンセリング、若者の集い、家族教室などを催しています。主宰は石川清で、近著に「ドキュメント 長期ひきこもりの現場から」(洋泉社)などがあります。

出版などの御案内

ひきこもりが元気で幸せになる道をいろいろ考えてみました②をnoteで公開しました

ひきこもりが元気で幸せになる道をいろいろ考えてみました②

2020/02/26 10:42
¥500

 僕は2000年頃からひきこもり支援にたずさわっています。主に訪問支援や家族教室、若者の集いなどを埼玉県朝霞市で行っています。訪問支援の範囲はほぼ関東全域となっており、またひきこもりの当事者と一緒に、国内各地や海外へ一緒に旅行に出かけたりしています(というか、趣味や仕事が旅だったりします)。

 僕はNGOのピースボートが実施している洋上フリースクール「グローバルスクール(Global School)」の活動に協力していて、よくナビゲーター役として10日〜4週間ほど、旅の初めに乗船しています。

 さて、そんなピースボートに乗っている時、僕はほぼ毎回「ヒキコモリ大国ニッポン」という講演をしています。このタイトルはもう10年前についたもので、果たして今の時代に適したものかどうかはわかりませんが、ただ10年前にはこういう認識だったということを忘れないという意味では、思い入れのあるタイトルの講演となっています。

 さて、2018年以降、ピースボートも海外の旅客が多くなり、講演で話す内容を事前に原稿でまとめて、事前に数カ国語に翻訳しておかなければいけなくなりました。そこで、2019年12月〜2020年1月に僕が乗船している期間に講演した内容の要旨を、せっかくですので、noteで発表したいと思います。

 僕のひきこもり支援について考えている要旨や一部をまとめてありますので、何かの参考にしていただければ幸いです。

 この②と次の③では、実際に僕個人が具体的に実践していることや、現場での体験から自分なりに見えてきたものなどを記してあります。実際にアウトリーチの現場にいる方には、ほんの少しくらいは参考になるかと思っています。

 3)支援の問題点では、暴力的な支援のもたらした深刻な二次問題についても、具体的に記しています。もちろん、プライバシーにはきちんと配慮したものとしています。この具体例の部分以降から有償の範囲とさせていただいています。ご理解いただければ幸いです。

 4)20年の小さな支援で見えてきた多様なタイプでは、これまで僕のアウトリーチの現場での活動の中で、ひきこもりの当事者のタイプをおおまかに5つに分けて対応しているので、そのことが簡単に書かれています。僕はひきこもりの当事者を最初から“病理”や“障害”で分類することはしません。というか、それは極めて失礼な(個人的には人権侵害のレベルとも考えています。ですが、実際に本人や家族との面談の中では、わかる範囲内での“見立て”はさせていただきます。この“見立て”の中に、たまに病理や障害の言葉が出てくることはありますが、これはあくまで傾向を言っているだけで、現状の理解を進めるためのもので、“診断”のたぐいではありません。もちろん、誤っていればすぐに修正します)ことですから。

 一口に“ひきこもり”と言っても、同居する家族とさえ10年以上顔を合わせていない人もいれば、毎日外出したり、元気な時は積極的に社会活動に参加できる人もいます(ただし、かなりの、ムラがあるため、持続的に活動できないため、問題だったりします)。“ひきこもり”は多様で豊かな状態の様々な人たちでもあります。また、苦痛の大きさは、強いひきこもり状態にある人よりも、よく外出する人のほうが大きいこともあります。見かけや状態で軽率にその葛藤や苦しみを判断してはいけません。

 とはいえ、いずれも主宰している家族教室では、5年以上前から幾度も話しあっていることで、家族教室に頻繁に出られている方にとってはおさらい程度にしかならないかもしれません。

 また、トータルの分量が原稿用紙で50枚近くのため、3つに分けて、発表する予定です。(というか、つい加筆しまくって、この記事だけで8500字を越えてしまいました。どうもすみません)

               2020年2月26日 石川清


全体の目次
1)ひきこもりとは何か?
2)ひきこもりは日本にどれくらいいるの?
(以下は今回掲載されている部分です)
3)ひきこもり支援の問題点
4)20年の小さな支援で見えてきた多様なタイプ
(以上は今回掲載されている部分です)
5)ひきこもりの早期回復や改善のこつ
6)アジアを歩いたひきこもり


ひきこもりが元気で幸せになる道をいろいろ考えてみました①をnoteで公開しました

ひきこもりが元気で幸せになる道をいろいろ考えてみました①

 僕はNGOのピースボートが実施している洋上フリースクール「グローバルスクール(Global School)」の活動に協力していて、よくナビゲーター役として10日〜4週間ほど、旅の初めに乗船しています。

 グローバルスクールでは、不登校やひきこもり経験者をはじめ、広く生きづらさを抱えて悩む人たちが参加して、いろいろな人たちと一緒に旅をしながら、何かを探したり、仲間とのんびりしたり、異国の路地裏をぶらぶらしたりします。世界一周の場合、3ヶ月余りの期間がかかります。その間に、多くの長期ひきこもり状態に陥った人が獲得できなかった、仲間や親友といった存在を自然に獲得できることがあります。

 こうしてそれまでの人生と違う自分に変わることができた人もいます。まあ、そういった成果を保証できるわけでもないのですけれど(笑)。でも、大勢が変わっています。

 さて、そんなピースボートに乗っている時、僕はほぼ毎回「ヒキコモリ大国ニッポン」という講演をしています。このタイトルはもう10年前についたもので、果たして今の時代に適したものかどうかはわかりませんが、ただ10年前にはこういう認識だったということを忘れないという意味では、思い入れのあるタイトルの講演となっています。

 さて、2018年以降、ピースボートも海外の旅客が多くなり、講演で話す内容を事前に原稿でまとめて、事前に数カ国語に翻訳しておかなければいけなくなりました。そこで、2019年12月〜2020年1月に僕が乗船している期間に講演した内容の要旨を、せっかくですので、noteで発表したいと思います。

 僕のひきこもり支援について考えている要旨や一部をまとめてありますので、何かの参考にしていただければ幸いです。(ただこれは有償のもので、200円かかります。最近の他のつぶやきはもちろん無料ですので)

               2020年2月25日 石川清



2月27日の午後1時半から毛呂山で講演させていただきます

2月27日の午後1時半に埼玉県の毛呂山町で、まろうどの会主催の講演会をさせていただきます。時間は午後1時半から4時くらいまでの間です。坂戸や狭山の保健所も後援してくださるかと思います。

これが一般参加できるのか、まろうどの会のメンバーの方々の勉強会なのかは、詳しく知りませんので、主催者に問い合わせていただければ幸いです。

内容は、長期ひきこもりの困難な事例の改善などへ至る道程を具体例を交えて考察する予定です。(もちろん、個人情報などは一切公開しません)

参考までに一昨年の秋にまろうどの会で講演した際のちらし(今回のものではありませんので、念のため。問い合わせ先などは参考になるかと思います)を添付させていただきます。場所や問い合わせ先は同じかと思います。

181028まろうどの会1
 

「長期ひきこもり解決のヒントに〜アウトリーチの“今”と“危うさ”〜」をnoteに掲載

問い合わせや激励などどうもありがとうございます。

現在、そのペースに追いついていかない状況で、返事や対応が十分にできずに申し訳ありません。追って対応をしていますので、今しばらくお待ち下さい。

ところで、またnoteで
「長期ひきこもり解決のヒントに〜アウトリーチの“今”と“危うさ”〜」
という記事をアップしました。これも有料で完読には200円必要となってしまうのですが、半分以上は無料で購読できます。

もしよければ参考にしてください。以下がURLです。

 https://note.com/ishikiyo/n/nf47c2ed40f09

OUTREACH(アウトリーチ) 〜ひきこもり訪問記①〜 脱ひきこもり三つの壁

noteの方でアップしてみました。これは原稿用紙で20枚以上の分量があるものです。僕なりのアウトリーチの試行錯誤や支援論みたいなものを、気軽に書いています。やはり2018年11月に書いたものです。そのまま中断していたので、復活してみたいと思っています。(有料です。活動費用ですね、笑)

https://note.com/ishikiyo/n/nf32ed1ec0019 
ギャラリー
  • 2月27日の午後1時半から毛呂山で講演させていただきます
  • 2月2日に茨城県の鉾田市で「公開面接」に出向きます
  • 9月14日に茨城県鉾田市で講演をします
  • 「ドキュメント・長期ひきこもりの現場から」(洋泉社)の重版が決まりました
  • 6月6日の東京新聞朝刊の記事です
  • 6月6日の東京新聞朝刊の記事です
  • 6月6日の東京新聞朝刊の記事です
  • 「ひきこもり回復への3つの壁 〜2つの毒親とゆがんだトラウマ〜」2月24日愛媛県松山市で講演します
  • 「OUTREACH〜ひきこもり訪問記〜」と「ひきこもり世界を架ける」(コミキャン文庫4「まなぶ」所収)
メッセージ

名前
メール
本文