朝食を食べてから、ぼんやりとしていると、

「ねぇ、昨日録画した小三治さんの、観る?」
「小三治?そりゃ観るよ。」

録画されていたのは11月9日放映の「日本の話芸」(NHK教育)、演目は「甲府い」

「甲府い」って噺は初めてでした。
なんだか変な題ですね(笑)
息子がこれどういう意味?なんて聞いてきましたが、分かりません(笑)
「あの「い」になんか意味あるのかな?」

まあ、最後まで聞くと分かるわけですが(笑)
って言うか・・・、それが落ちかい?(爆)

なんて言うか、すごくさりげない人情話、って感じですが、
それにしてもさすが小三治師匠。
飄々としながら笑わせてくれ、最後まで引きつけられました。
味わい、ていうのかな。芸の品格とでも言うのかな。

今日は朝から良い気分、です。