ドイツ語マスター・覚醒と拡散



ドイツ語の学習を続けていると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な面があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はタバコを吸わない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't smoke." "Ich rauche nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語マスターのための短期間学習法のヒント

ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとかヘルダーベルリン、シャルケ、ハンブルガーFCなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語は英語にはない、日本語を使う私達には理解しやすい一面があります。ドイツ語を話す地域はドイツ本国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどの共通語でもあります。

ドイツ語が日本語と似通っていると思ってしまうところは、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語をはじめようと思うに至るには、中学校で強制的に始める英語とはちがって、なにかその人の自主性が感じられますよね。

簡単なドイツ語習得

ドイツ語の発音は日本人に取っては簡単で、カタカナ表記をそのまま読んでも楽に通じます。ドイツ語には日本語として定着しているけど本来の意味はちょっとずれてしまっているものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語が使われているのはドイツ本国だけでなく、ウィーンのあるオーストリアや首都ベルンを含むスイスなどで公用語となっています。

ドイツ語を短期間でマスターする

ドイツ語の第一歩を踏み出すのは大体において英語の後だと思います。どんなタイミングなのでしょうか・ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。

ドイツ語は英語と近いと感じる部分は多くありますが、実は日本語に似ていると考えられる部分もかなりあります。

ドイツ語が日本語と似通っていると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語征服・速習と効率

ドイツ語をはじめようと思う理由は、誰でも中学校で学ぶ英語の場合とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語が使われているのはドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの共通語でもあります。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは多数ありますが、実は日本語との類似もかなりあると考えられる部分もかなりあります。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語にだいぶ慣れてくると、結構ドイツ語は英語とは違い日本語的な思考回路の作用があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語が日本語に似ていると感じる点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則がおおいに影響していると思われます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はそれが好きではない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't like it." "Ich mag es nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、ドイツ語の名詞 Arbeit(仕事)、動詞ではarbeiten(働く)が日本語化したものです。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!

ドイツ語の発音もとてもカンタンです。覚えるに要する時間は2時間くらいで十分です。フランス語の発音は20時間かけても一気に覚えるのは難しいですので、ドイツ語は日本人に向いていると言えます。ドイツ語で難しいのは変母音äöüですがエ、エ、ユで間に合いますので面白いくらい簡単です。