簡単なドイツ語

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な面があり、感覚的な近さを感じます。ドイツ語を最速短期間で効率的に学習するための画期的なメソッド



ドイツ語の母音もアイウエオが基本なので英語と違って楽勝です。

ドイツ語を母国語としているのはドイツではもちろんですが、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの共通語でもあります。

ドイツ語の学習の第一の壁は冠詞、名詞、形容詞で起こる格変化かも知れません。慣れてくれば語感で判断できるようになるのですが...

ドイツ語が日本語に通じると思う点は、それはドイツ語独特の定動詞第二位の原則が影響していると考えられます。

ドイツ語は英語と比較すると、日本人にとっては親しみやすいところがあります。ドイツ語をはじめようと思う理由は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。有名なのがアルバイトという言葉、最近は略してバイトが普通ですが、ドイツ語の「仕事 Arbeit」 「働く arbeiten」が日本語になったものです。ではドイツ語ではアルバイトの意味の単語はあるのでしょうか、バイトに当たるドイツ語はありません。英語式にパートタイム・ジョブと呼んでいます。なんだかややこしいですね!ドイツ語では動詞の否定を表す場合、否定形は文末に置かれることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定の言葉がドイツ語と日本語では最後になると云う共通点があります。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

最新ドイツ語マスター情報

ドイツ語には日本語になった時にもともとの意味とずれてしまったものもあります。ガス爆弾、これをドイツ語ではガスボンベと言いますが、この意味だと日本ではスーパーで爆弾が売られていることになります。ドイツ語では、ガスタンクがこれにあたります。この語の場合は間違って定着した言葉ですね。

ドイツ語は最近若い人の間でもプチブームが起きているようです。ドイツのブンデスリーガに移籍するJリーガーファンにもドイツ語を勉強している人がいるようです。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私はその本を読まない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't read the book." "Ich lese das Buch nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語を話す地域はドイツ本家のほかに、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの共通語でもあります。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは根本的に異なる日本語の漢字・かな的な発想が存在していることに驚きます。ドイツ語をはじめようと決心した人は、中学校で学び始める英語とは違い、何か自主的なものがありますよね。ドイツ語を短期間でマスターする

ドイツ語が日本語に近いと気づく点は、それはドイツ語の独特の倒置法が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語は英語と構造的に共通しているところは沢山ありますが、実は日本語的な要素が多いと改めて感じることも少なくありません。ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。しかしドイツ語には英語では簡略化されている格変化というややこしい活用形がありますから、ちょっと面倒ですよね。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語習得・簡易さと困難

ドイツ語は英語と近いと感じる部分はかなりありますが、実は日本語ともかなり近いと思われることも多いですね。ドイツ語では否定表現の場合、否定を表す言葉は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の枠構造が、ドイツ語と日本語では同じ語順になると云う共通点があります。

ドイツ語はドイツ連邦共和国だけでなく、オーストリア全土、スイスの一部地域、リヒテンシュタインなどの公用語でもあります。

ドイツ語を学習して、ドイツ語になれてくると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語の仕組みに通ずるものがあり、感覚的な近さを感じます。2年はかかるドイツ語の習得が、たった76日、それも1日15分という
驚くべき効率的な学習法革新的ドイツ語攻略法



ドイツ語はメルセデス・ベンツ、BMV、フォルクス・ワーゲン、オペルなど高級外車のイメージにも関連して、モータースポーツなどでも主流の言語ですね。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語が日本語に通じると思ってしまうところは、それはドイツ語の独特の倒置法が日本語に通じるものがあると捉えられるからです。

ドイツ語には日本語になっているけど元の意味はちょっと違うというものもあります。代表選手がアルバイトというドイツ語、この頃ではバイトというのが普通ですが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ドイツ語圏でもアルバイト、いわゆるバイトはあります。ではどういう風に呼ばれているかというと、part-time jobと英語を使っているんです。なんかおかしいですね。ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校で強制的に始める英語とはちがって、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語の学習の第一の壁は名詞の性かも知れません。男性、女性に加えて中性名詞というのもありますが、かえって中性名詞があることでフランス語にはない合理性も感じるはずです。

ドイツ語はまた発音も日本語に近い母音なので、響きも日本語的に感じる場合も多いです。