ドイツ語マスター・前進と停滞

ドイツ語をやってみようと思い立った人は、中学校からの英語とは違い、何か自主的なキッカケがあるはずですよね。ドイツ語はドイツ本国だけでなく、隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

ドイツ語は英語との類似点は多数ありますが、実は日本語に似ていると感じる部分も多いのです。ドイツ語はある段階までは各変化や活用もわりと覚えやすいので進行も早く学習できると思います。

ドイツ語の学習が進んで行くと、ドイツ語は意外にも英語にはない日本語の仕組みに通ずるものがあることに気づきます。ドイツ語が日本語に通じると感じる点は、それはドイツ語の独特の倒置法が影響していると考えられます。

ドイツ語では動詞を否定する場合、否定語は文末に持ってゆくことが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語は外来語として定着しているものもありますが、日本独特の呼び方になってしまっているものもあります。もわりと多いですが日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベはドイツ語由来の言葉ですが、ドイツ語ではボンベは爆弾のことです。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。

ドイツ語の発音はカタカナ読みでほぼ完全と言っていいほどに対応できます。ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、若い人の間ではエるよりもエアと発音する傾向が強くなっています。

ドイツ語はサッカーファンの間ではバイエルン・ミュンヘンとか1FCケルン、シャルケ、ドルトムントなどのチーム名と関連して響きが魅力ある言語のようです。

趣味のドイツ語攻略

ドイツ語は英語にはない、日本語を使う私達には親しみやすい側面があります。ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。代表格がアルバイトというもともとはドイツ語の言葉、最近はバイトで定着していますが、アルバイトはドイツ語では「職業」「仕事」を意味するArbeitから派生した日本語の外来語です。ちなみにドイツ語ではバイトはアルバイトでは通じません。英語のpart-time jobを外来語として使っています。変な現象ですね!ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。

ドイツ語が話されているのはドイツと隣のオーストリアやスイスのドイツ語圏などの公用語でもあります。

初心者が素早くドイツ語に溶け込める学習教材として評判の高いのが
10倍速ドイツ語脳育成プログラム 革新的ドイツ語学習法という教材です。

ドイツ語では動詞の否定表現の場合、否定のnichtは文末に来ることが多く、これは英語のnotとドイツ語のnichtの使われる位置に明らかな相違が見られ、日本語に近くなります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定文では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が述べられるという共通点があります。

ドイツ語の発音で特徴的なのが、巻き舌のr(エる)の音ですが、最近ではあまり大げさにやらなくなってきています。

ドイツ語の学習を進めていくと、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な面があることに気づきます。

ドイツの都市というとすぐに思いつくのはどこでしょうか。ドルトムント、ウォルフスブルク、マインツ、デュッセルドルフですか、結構マニアックですね、ブンデスリーガ絡みですね。ドイツ語が日本語と似通っていると気づく点は、それはドイツ語の語順の自由性がその理由のように思います。

ドイツ語教材・継続と爆発

ドイツ語は英語との類似点はかなりありますが、実は日本語的な要素が多いと感じる部分も多いのです。ドイツ語では否定文を作る場合、否定詞は最後に来ることが多く、これは英語の否定形との語順とは明らかに異なり、日本語に近い感じになります。「私は行かない。」と言う場合、英語とドイツ語ではそれぞれ、"I don't go." "Ich gehe nicht." となり、「私は~しない。」という否定の文章では、ドイツ語と日本語では最後に否定の意味が表される共通点があります。

ドイツ語の発音はほぼローマ字読みで対応できます。発音もカタカナで表記できて、読み方も問題ありません。ドイツ語の発音で難しいのはö(オーウムラウト)ですが、これは「Oの変音」と言う名前の通り、オーと言った口の形でエーと発音するおとです。カタカナだと「エー」と表記します。Öl [エール] oil Vögel[フェーゲル] Vogel (鳥)の複数形などです。

ドイツ語マスターのための短期間学習法のヒント

ドイツ語学習の最後の砦は接続法の第1式です、第2式は英語の仮定法にあたり覚えやすいのですが、第1式はドイツ語独特の間接話法の表現でちょっと面倒です。

ドイツ語の学習を続けていると、ドイツ語には英語とは違う独特の日本語的な面があり、非常に親しみを感じてくるようになります。ドイツ語には日本語として独自の発展をして、元来の意味からはずれてしまっているものもリます。ガスボンベと言うのはもともとドイツ語ですが、本来はガス爆弾の意味で、この語の場合は間違って定着した言葉ですね。ドイツ語的に言えばカートリッジ式ガスタンクとなるでしょうか。外来語としては意味がずれて使われるようになってしまった例ですね。ドイツ語をはじめようと決心した人は、義務教育ではじめる英語学習とは根本的に異なる、なにかその人の思い入れみたいなものがあるはずですよね。

ドイツ語が日本語に通じると思う点は、それはドイツ語の独自の語順の原則が少なからず係りを持っていると考えられます。