OITA URBAN CLASSIC!

更新が遅くなってしまいました。
大分でのUCIレースのレポートです🚲

大分で開催されたUCIレース、大分アーバンクラシックへ参戦してきました!
received_186368282263198
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

このレースは、去年まではJPROツアーで使われていたコースで、今年からUCIレースとして開催される事になったレースです。
UCIレースとしては初開催❕
僕は、3年前に走った事がありますがその時とはかなりコースが変わっているので色が違うレースになりそう。

そして今回の不安要素。
感覚があまり良くない。
前の週に行われた南魚沼でのロードレース以降かなり調子を落としてしまった。
なので、そこを誤魔化しながら走ることに。


距離 10km×15周 150km
天気 晴れ

チームとしては、やはり、逃げに誰も乗せられていない状況を作らないの事が第一。
集団スプリントになればなかじーさん。
初開催のレースという事もあり、展開は読みづらいですが、去年の結果や試走で走った感じだとサバイバルになりそう。
後ろにいればいるほどキツいだろう事が予想できました。

received_244305422908986
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

約1kmのパレード走行を終え、スタート。
それと同時にアタック合戦開始!
僕らは後手を踏まないように、逃げを選別。今回は自らアタックというのは極力しないようにしました。
アタック合戦は続きますが、ペースは遅い。
各チーム手探りでアタックしてる感じかな?
1時間ほど続いたアタック合戦が終わったのは3周目に入る手前の登り。
アイサンのダミアン選手がアタック!
かなり勢いがある。
一瞬迷い、追っかける事に。

逃げを選別するに当たって一番重要なのが「メンバー」です。
今回僕は、上位に来ることが確信できるようなチーム以外は無視して、無駄足を使わない事に専念してました。
その次に重要なのが「人数」です。
良いメンバーが数人行ってしまえば、それはとても強力ですが、あまりマークしていないような選手、チームが数人行くようなのは後々捕まる可能性が高い。
しかし、そういうマークしていない選手でも数十人行ってしまえば脅威です。さらにそこに1チームでも有力所が乗っていれば更に危険。
アタックに反応する際はその両方に気を付けて逃げを選別します。

今回反応したダミアン選手は独走力はとても強い。が、もしついて行っても2人、というので反応を一緒に躊躇いました。
でも、今回は僕らのチームも見られているという事を前提に動きました。
逃げを選別する上で、動向をみて判断しなければいけないチームは沢山ありますが、また「見られている」というのも武器になります。

received_243550579668062
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

今回の感は運良く当たって、逃げが決まる。
ダミアン選手のアタックに反応した時に、オーストラリアの選手が後ろについていてその後ろは離れている。
ダミアン選手はかなり良い勢いで登ってくれているので一気に離れる。
ちょっとして、シマノの入部選手が追い付いてきた。
まぁ良い逃げ。
そこからは、本当は足を使いたくないけれど、決まるまではそんな事は言ってられない。
踏む‼

集団は離れてはいるが、まだ活発。

そのまま1周。
後ろは見えたり見えなかったり。

で、しばらくしてゴソッと追い付いてくる。
上↑↑の写真ですね。
4人だった逃げは結果的に10人に❕
しかもメンバーはかなり良い。
オーストラリアサイクリングアカデミー 2人、UKYO 2人、マトリックス 1人、ブリッツェン 1人、シマノ 1人、アイサン 1人、日本ナショナルチーム 1人、キナン 1人。

主要所のチームがしっかりのった逃げ。
2人乗せているオーストラリアとUKYOは脅威でしたが、とりあえずは逃げきりの可能性が大きい逃げが完成🚲🚲

そこからは特に何もなく割りと綺麗にローテーションは回っている。
チームの作戦としては、トマか元喜さんが乗っていればGOなのだが、僕単独でGOというにはまだ僕の力は弱い。
なので、逃げに乗った時は引くなと言われているのですが、、
性格的に完全に、サボるというのはプライドが……
千切れそうになったり、あきらかにチームの不利になりそうならサボりますけどね。

綺麗に回っているローテーションを乱すのもなので、サボりは最低限にする。

タイム差は1分30秒まで開き、逃げも一旦落ち着く。
リラックスして走っていると、一気にタイム差が50秒まで縮まった!
どこかのチームがコントロールを始めたか?
逃げは再びペースアップ。

直ぐに1分半まで開く。

しばらく走っていると、脅威だと思っていたUKYOの選手が1人ドロップ。
これで逃げは9人。


received_331888540701523
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

レースを進めているとチームカーが来る。
監督から「ここで戦えるか?」と聞かれてチャンスなので「このまま行けばいけます」と答えた。
強い選手はいるけど、やり方次第では倒せると思った。良くも悪くも、僕は、このメンバーの中ではマークされるような選手ではない。
だから、隙を付く事はできると思った。
すると監督が「じゃあ集団は引かせないから頑張れよ」との声を頂く。


レースが動いたのは残り5周かな?
オーストラリアがアタックをし始めた。
早くないっ⁉️
嫌な予感。
まだ50kmは残っている。
このタイミングで強調が乱れると集団に捕まってしまう。

タイム差は1分30秒。

その選手はローテーションをして回収。
したと思ったら、またまたアタックされる。
くそっ!早いって!!
オーストラリアのチームはエースを後ろに残したままだから逃げを潰したかったのかな??

逃げは徐々に統率が取れなくなってきた。
さっきのアタックにはブリッツェンの選手が反応している。
2人逃げ!と思ったら早々にオーストラリアは降ってきた。。
何がしたかったんだ(?_?)
ともあれ、ブリッツェンの選手が単独で抜け出す形になった。

がこれも間もなく捕まえる。

そのあとにマトリックスのホセ選手がアタックして単独逃げ開始。
ホセ選手は独走力もあり、下手するとそのまま行かれてしまう可能性もあるので若干焦る。
が、足を使いたくない、というのと調子が絶好調ではなくて動きのキレがあまり良くないので自分から動くのを躊躇う。
後手を踏んでしまうがまだ千切れる程ではない。

received_561333427650101

逃げは追走アタックがかかったりでペースは安定してないので、各選手ここから抜け出していく方向にシフトしたようだ。

僕はというと、、キツい。

逃げの人数は6人に減る。
僕の動きは誰かのアタックに反応する動きばかり。

残り3周。対面区間でトマが集団を引いているのが見える。

???

苦しいけれど、俺はまだ前で戦えているのにどういう状況だ!?

集団はまだ追い付いてこないけど、追い付かれるのも時間の問題。

逃げでのアタック合戦になんとかついていき、ラスト2周。
登りで千切れかかっていると集団が追い付きた。

残念。

集団は30人弱?
結構小さくなってた。

僕は少し集団で回復。

前ではアタック合戦している。
後から考えれば、この場面で回復とか言っている暇は無かった。

日本ナショナルチームの選手とブリッツェンの選手が先行するのが見えた。
これには反応せず、というかできず、あれよあれよと行かれてしまう。

勝ち逃げだ。

そのあと追走にチェックに入りますが決まらず、タイム差は開いていき、30秒。
ヤバイ。
残り1周入る前の登りで、ペースアップするも途中で激ダレ。
その後、集団を牽引して何とか差を縮めようとしましたがそれも叶わず、逃げ切られてしまう。

僕は力を使い果たし、集団から少し遅れてゴール。


今回は捕まった後に油断してしまったのが最大の敗因です。

逃げきって、勝ったのは一緒に逃げていた石上選手。
強い選手だと思っていましたが、今回の彼は逃げでも積極的に引いていて、更にそこから抜け出して逃げきるなんて…

悔しいですな。


次頑張ります。


ネクストレースはJapanCUP クリテリウムです‼️
感覚戻ってきているので頑張ります💪💪

JPT経済産業大臣旗in南魚沼

J PRO TOUR最終戦の経済産業大臣旗に参戦してきました。
戦地は南魚沼❗

このコースは2015年の3年前に走った事があります。
色んな意味でかなり衝撃的な出来事があったのを覚えています笑

台風の影響でどうなるかと思われたレースも通常通り開催。
しかし、天気は雨。
記憶だと、下りが怖かったのを覚えています。晴れの記憶で怖かったて事は、今日はめちゃくちゃ怖いということになるな……

レース前に試走の時間があり、コースを見れましたが、下り、かな~り怖い(ノдヽ)
ブレーキ効きにくいし、路面滑るし。
雨の広島で転けてから、濡れてる路面に恐怖心が生まれてしまっていけないです。

そんな今回のレースは克服するつもりで挑む‼️

距離 12×10周=122km
天気 雨

我々の作戦。
正直、今回のチームのコンディションはかなり悪かったです。
今年はJPTのレースに初投入のトマさんはかなり強力な戦力ですが、インドネシア後風邪を引いてしまっていたので、今回は戦力には入れない。同じく、インドネシア帰りの元喜さんも風邪。
そして、なかじーさんは、南魚沼前に気合いを入れて練習しすぎて風邪。
6人中3人風邪。
椿さんは、鎖骨折ってからまだ完全復活とは言えず、戦力に数えられるかと言うと心許ない。
故に、レース前のミーティング時点でしっかり戦えると確証が持てたのが、健児さんと自分。

JPTでの最大出走人数は8人かな?
主要所のチームはMAXの人数で揃えてきているのに比べ6人で挑むのは全員が万全の状態でも楽にはレースを進められないのに、今回のこの状態はかなり苦戦することは予測できました。

動きとしては、健児さんを集団待機、レース中盤にトマさんのペースアップを使い、元喜さんと僕で抜け出せればと話し合う。
元喜さんも風邪とは言っていましたが一応、踏めるみたい。
元喜さんも僕も、インドネシアでレース強度は慣れているので2人で抜け出したとしても、ある程度行けるだろうという考え。

寒かったのでギリギリまでアップ。
そしてスタート。
パレードの時点でほぼ先頭まで出る。
直ぐに登りが来るので、前で入り、位置を下げながら登ってキツくなりすぎないようにを心掛ける。
するとその登りで元喜さんがペースアップしていく。
??アップかな?
そしてそのままぐんぐん上げていく⁉️
おいおいマジか。話と違い過ぎて焦る。
ここで迷ってしまう。集団に残るべきか、ついていくべきか。
しかし、キツさもあり後者を選択してしまった。当初の予定だと、中盤まで集団で貯めると話していたので甘えが出てしまった。
多分、全力で踏めばつけはしたと思うんですが、この時は一時の楽を選択してまった(´Д`)
散々経験してるはずなんですけれどね。
一時の楽を選択して良いことはあまりない。
たま~に、そのまま美味しい展開になることもありますがそんなことは稀だと思う。

守りの楽と、攻めの楽では、個人的には脚質的にも攻めの楽の方がいい結果になるんですよね。
攻めの楽は、一時はかなり足を使うが、総じてみると楽できる。と思う。

で、守りの楽を選択した僕は最初の逃げを見逃してしまう。
キナンからは元喜さんだけ。
自分か健児さんは乗った方が良いと思い、僕は悪い癖で焦ってアタックしまくる。
シマノの入部さんとかと抜け出して前を追うも下り区間で集団に吸収。
ヤバイぞ。キツい。
そのまま登りへ。
シマノの選手とブリッツェンの選手のアタックがある。
冷静に考えれば、この時に備えて足は残しておくべきだったが、反応できる足はない。
見送ってしまう。
結構行かれてしまった。
前は10人ちょいか?
良くない。

アップダウン区間で、トマさん、なかじーさん、椿さんが差が広がらないように引いてくれて、更に差を縮めてくれた。ありがとうございます。前は見えている。
足を貯めて来る登りで下からモガク。
集団は離れますが、しばらくしてブリッツェンの選手が追い付いてくる。
彼らは3名前に行ってるから前に出ないので、そのまま踏み続ける。
そして、頂上手前でキャッチ。その先頭で再びアタックがかかる。おっふ。。
マトリックスのマンセボ選手。ツール・ド・フランス4位になった事もある超実力者。
追い付いたばかりで流石に反応できず、また先行されてしまう。
でも、元喜さんが反応してくれている。
最悪の結果ではないけれど、ブリッツェン3人、マトリックス2人、キナン1人。最悪ではないけれどその一歩手前。

IMG_20181008_154809
IMG_20181008_154814


アップダウン区間でアタック。
シマノの選手と先行。
前はまだ見えてるし、追い付ける!
と一気に加速。
…………コースアウト。。
スピード出しすぎて、コーナーを曲がりきれずに危うく転けかける。
マジで。やらかし。
シマノの選手は前に合流できたっぽい。
ホントに、コーナー下手なのどうにかしないとな……

そこからは集団で走る。
キナンは僕と健児さん。
集団はシマノがコントロール開始。
やはり1人しか乗せられていないのは分が悪いのかな。
キナンも選手出して欲しいと言われたけど、申し訳ないけどこっちはもう2人しかいないから無理です。と断る。

寒いぞ。
更にイメージ、視界は通常の50%減。笑
雨と前の選手の水の巻き上げでかなり視界は悪く、感で走ってました~笑
この辺コーナーじゃね?みたいな。

寒い+視界悪い+キツいコーナー沢山、で意識がそっちに振られて補給食を食べるという行為を忘れてしまう。
寒さで体が動かなくなってきた。とその時は思っていましたが、多分7割りはハンガーノック。残り3割が寒さ。

逃げからはブリッツェンが全員降ってきて、コントロールにはブリッツェンも加わり、一気にペースアップ。
そのままラスト1周の登りへ。
粘りますが、力が入らず遅れてしまう。。
遅れてから気づく。
めっちゃ腹へった。
素人かというレベルのミス。

残りはヘロヘロになりながらゴール。

振り返ると、個人的には後手後手で最悪な展開にしてしまいました。が、踏んでる感覚は良かったです。

細かいミスを減らしていって、しっかり上位で戦えるように頑張ります。


そして、今日はお休み‼️
雨のレースは消耗が激しくて、動くのしんどいけど、映画でも観に行くか。

Tour de Banyuwangi Ijen 最終日

ツールドバニュワンギ イジェン 終了。
最終日が終わり、気が抜けてレポートが遅くなってしまいました。

最終日は100kmほど平坦でそこから登り始めて、最後は激坂を登ってゴール。
距離は127kmだから、20km以上も登る…

我々は総合3位のトマさんの総合アップ、元喜さんの総合5位を落とさない事を目標にレーススタート

received_492614884568443
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【アスリチューン】
received_577427986024141
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

レーススタート。
アタックがかかる。
今日の僕の仕事は逃げに乗ることではないので無視して集団前方で走る。
コーナー が多発する道で集団は伸び伸び~
10数名が抜け出す。
多いと思ったのか、セントジョージとサプラの選手が引く。
再び集団は伸びる。で、丘登場。
平坦だと思っていたので少し焦りました。コーナー多発+ペースはかなり上がっていて、その勢いのままで丘に突入したので集団は伸びきっていて、中切れしているのがみえる。
僕は集団前方にいたので被害は少なくてすみましたが、後ろはキツそう。。笑
今回の僕のお仕事は他の4選手がストレス無く走る事のサポートだったので、迎えに行こうと思いましたが、その後の平坦で落ち着くと思ったのでほっとく👍👍

やはり落ち着いた。
4名かな?逃げが決まる。
細い道でセントジョージがしっかり蓋をして40km以上のスピードで走ってた所から一気に25kmまで落ちる。

ふ~と一息。

received_2206456152971674
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_472986176528320
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

ここから例によって、セントジョージのコントロール開始。
しかし、今回はいつもと少し違う。
マクドナルドの選手がコントロールに加わっているゾ。何故だ…??
マクドナルドは3名リタイアしているので、選手は2名。
その2名が先頭を引いている。なんのメリットもない。
これは………
奴ら!セントジョージに買収されたな!!!
これじゃセントジョージの面々が足を残したまま登りまで来てしまうじゃないか。

とはいってもこの段階では僕らにできる事は見守る事のみ。

僕はその間チームカーを行ったり来たり。
僕らはセントジョージの後ろの良い位置につけていたので集団のほぼ一番前。
で集団は一列。

100名近い選手が一列になると結構なが~いんですよ❗笑
だらだらと戻ると逆にキツいので一気に踏んで戻る。
この日は暑かったので多めに持っていったりしていたので重いし😂😂

そして登り区間突入。
もうボトル取りに行けないか?と思ったけど、下り区間があった。
戻る!
いつ次の登りが来るか分からないので、ビュッと下がり、パッと貰ってシュッと帰る。
最後の配達は我ながらかなりスピーディーだったよね✌

received_461914980984890
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

逃げとのタイム差は一時は6分まで開きましたが今は5分弱。

そして本格的に登り開始。
僕は割りと消耗が激しい。
あんなに何回も車と集団先頭までをもがいてたら足にくるよね。
しかし何とかついていく。
すると、マルコスが「トマが読んでる」と言ってくる。スペイン語だから感だけど笑
トマの所まで行くと、「先頭を引け」との指令が下る。
きたか。来ると思ってたよ。その為に残ってたから。
ゴールまでは17kmくらいか?
登りは始まっていて、勾配がかなりキツくなるのは10km切るあたりから。
逃げとの差は4分30秒。

だいゆー行きます👮

その時に出せる限界の値で踏む。
セントジョージに先頭に交代を頼むも全然出ないので一人で踏み続ける。

残り15kmの標示が見える。

タイム差
4分。

3分50秒。

この辺でサルバがアタックしていく。
流石にチェックに入られる。
僕はひたすら自分のペースで引き続けているので、それをかわして再び先頭で踏む。

3分30秒。

3分20秒。

ちょっとずつ縮まっているがキツい。

3分15秒。

残り10kmの標示。

そこからちょっとして元喜さんがペースを上げる。

そこで僕はドロップ。

received_529701370803324
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

集団をみるとめっちゃ小さくなってた。

ここからゴールまで9km。
でもこの9kmめちゃくちゃ遠いですよ。
場所によってはひっくり返るんじゃないかってくらいの勾配。

車も煙噴いて止まるレベルですよ😱笑
道も悪い。
ダンシングしたいけど、砂利とかで後輪スリップするからできない❗
足をついたら、勾配キツすぎて乗れなくなるので細心の注意を払いながらこなしていく。

最後の1kmはこれまでに比べたら緩くなっていたのでリラックスしてゴール。


received_1992685460789255
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1413259678776935
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1596240930481924
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

結果。

ステージでトマが3位。
総合は同じくトマが3位。元喜さんが5位。
チーム総合2位。

悔しい結果になってしまった。。

個人的な目標でも、UCIポイント獲得が成せなかったのも悔しい所です。
足的にはポイントをとれる力はあったと思いますが、第一ステージで焦ってレースを進めたのが一番の敗因です。
良い経験ができました。
ああいう場面で自分の展開にできるようなレースお運びをします。

ハマったら勝てる選手ではなくて、自分からハマる展開に持っていけるように頑張ります💪


IMG_20180929_182332_606


ネクストレースはJPT経済産業大臣旗‼️
感覚は良いので頑張りますよ~~✴️