Tour du Loir-et-Cher 最終日!

第5ステージ。最終日!
第4ステージまでのレースは、183.5km、200km、178km、183km。
で、最終日は7.5kmの周回を13周の97.5km。
最終日こそ短いですが、連日175km以上のステージレースを走ったのは始めて。
更にヨーロッパツアーはレベルが高いので少しビビってましたが、何とか走りきりました。




received_1666920383344218
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【最終日 集団は伸びきってキツい区間】
received_1666920380010885
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【Powerberでエネルギー補給】
received_1666920710010852
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1666920293344227
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

最終日は、周回コース。
ゴール前に一ヵ所登り区間があり、それ以外はほぼ平坦。
しかし、コーナーが多く、ペースの加減速があり集団は伸びるのでいる位置が悪いとかなり苦しめられるコース。

今回KINANは雨乞さんのスプリントで行く。という事でしたが、僕は良い印象を残せてないこのレースで少しでも目立とうという思惑から逃げる気満々でスタート位置に並びました。

1周目からスプリントポイントがされていることから逃げを許さないペースで進む。
僕は登り区間もかなり前で入れましたが、10人弱が割れた形で先行した所にいて、アタックして合流を試みますが失敗。
その後ふたたび一列棒状。
数ヶ所集団が緩む区間がありそこでアタックがかかりますが、前に出れないの+ペースが速いのでアタックできない。。
それで気が付いたら逃げは決まっていた。

received_1666920770010846
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【スタート】
received_1666920413344215
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1666920376677552
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【健児さんと位置取りをする】
received_1666920730010850
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【雨乞さんを引き上げる】
received_1666920916677498
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【雨乞さんを引き上げる】
received_1666920890010834
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

そこからは当初のプラン通り雨乞さんのスプリントに切り替える。
僕は集団中腹から前で位置取れていたのでここに合流して貰うのを待つ。
でもスタートから一度も雨乞さんの存在を確認できていなかったから、大丈夫か?と思いながらレースを進める。
これがミスでした。この段階で迎えに行くべきでした。
前にいる選手の所に集合という話をしていたので、来るだろうと思っていましたがあのハイペースではかなり足を使うことを考えてなかったです。

そしてラスト4周。
流石に集団後方まで下がり迎えに行く。
「大丈夫ですか!?」と聞くと、「結構キツイ!」と言っていましたが、スプリンターだから最後まで連れていけばもがけるだろう!!と思い引き上げ開始。
ラスト2周では前に上げきるつもりで引く。
雨乞さんは少しキツそうだったので、保険をかけて自分がメインで引き上げて、何かあれば健児さんに少しでも前でゴールして貰おうと思っていた。2人したしいて共倒れしたらもったいない。

そしてラスト2周に入る登りで後ろから健児さんが、「雨乞さん遅れてる!」と声が聞こえましたが、ここから更に上がるであろう事を考えるともう無理だと思い、健児さんに行くぞ!!と合図を送る。でも健児さんはこれが見えていなかったようで、いなくなっちゃった。
僕も足を消耗してしまったいたのでどうしようと少し後ろを伺い位置を下げたしまいますが、健児さん姿は見えないので一人で行くことに。
でも、ペースが上がりきった集団で位置を下げてしまったのは致命的。
少し苦しんでいると後ろから健児さんが来る。
最後に一仕事!!と引き上げようとしますが、コーナーのゴタゴタでまたまた位置を下げてしまい前に健児さんを残し、集団後方で苦しんでレースを終えました。


received_1666920600010863
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【ゴール】

最後ステージは何ともモヤモヤするレースになってしまいました。

なにはともあれこれで、「Tour du Loir-et-Cher」全日程終了!
無事怪我も無く走りきれました。

チームとしても個人的にも存在感を残す事ができなかったのは悔しい所ですが、これから精度を上げていけば勝負に絡めると思える場面もあったので収穫のあるレースではありました。

調子は良いので、次のレースでまたトライして結果に繋げて行きます。

応援ありがとうございました‼


今日、日本へ発ち到着は日本時間で17日の20時頃です!

Tour du Loir-et-Cher 第4ステージ

IMG_20180414_202441_740
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【フェアプレー賞なる賞を頂いた】

距離 183km 最後に7km強の周回を3周。
天気 曇りのち雨
風 中くらい

received_1666049586764631
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【レース会場出発前】
received_1666049843431272
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_1666049536764636
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【アスリチューン 美味しいし、エネルギー変換効率も良くとても良い補給食】


前日のレースで総合からも遅れてしまったので、今日はスタートから逃げる気満々。
スタートアタックに健児さんが反応するが直ぐに吸収。その後直ぐに登りが始まり、その区間のアタックに僕が反応するが切れが無く、ペースを上げて前に追い付いた奴みたいになってしまった。その登りからの平坦区間で10名程先行するが、活性化したままの集団に間も無く吸収。
その後何回か出入りがあるが決まらず、集団が一瞬緩んだ時にアタック。若干先行するが直ぐに吸収。そのカウンターで行った数名が逃げになる。
…今回も乗れなかった。。

今後もっと体力と精度を上げていきます。

そこからは集団でレースを消化。

received_1666050166764573
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【激坂①】
received_1666050226764567
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【激坂②】
received_1666049766764613
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【激坂③】

そしてこの激坂☝
まじカオスでしたw
かなり狭めの道に一気に130人が殺到するこの区間。
先頭で誰かが足をついてしまったのか、分かりませんが、一旦前がストップしてしまうと芋づる式に皆が足を付き始める笑
というか、付かざるをえなくなる。
この道は泥が苔かでかなりツルツルしていてダンシングすると後輪がスリップ。
それでバランスを崩して足をついてしまうのも原因かな。
18%以上の勾配なので一旦クリートを外してしまうと走るしかない┐(´~`;)┌
【激坂②】の写真は「あ~これ、前はどこまで行ってしもうたんだろう。。追い付けんのか??」
という絶望の中、自転車を押してました笑

取り残されたメンバーとローテを回して何とか前に合流。ここは展開に救われました。

そしてまた集団で距離を消化していく。
今回のコースの特性は3stよりキツいアップダウンに加減速が激しいコーナーの多発。
少しずつ足を消耗していく。

received_1666050353431221
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

前にいようと、無理に位置取りしてしまったのも足を消耗していく要因の一つ。
それで、最後のKOMの登りで遅れてしまう。
3つに別れた集団の3つ目。第3集団だ。
第2集団は第1集団と合流しているのが見える。
自分はこの集団でローテーションを回す。
何とか前に追い付いた時にはまた第2集団になっていて、グルペットな雰囲気。
僕の足もこの時かなり終わりに近かった。
そのまま周回へ入り、明日の最終日に備えてなるべく回復させながらゴールを目指す。

received_1666050413431215
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【ゴール。途中雨に降られてキツかった…】

逃げの技術と集団で休む技術の精度をもっと上げて、勝負に絡めるように努力します。

received_1907393365972703
Photo:Amiさん

そして一番最初の写真。
今日は「フェアプレー賞」なるものを頂きました。
僕のどのプレーが審判の方の琴線に触れたのかは良く分かりませんが、どんな形であれポディウムでチームをアピールできたのは良かったです。

明日は最終日!
最後まで頑張りますよ🚲🚲

Tour du Loir-et-Cher 第3ステージ

距離 178kmアップダウン。最後5kmの周回を2周。周回は、1周の距離は短いながらも激坂とダート(未舗装路)の登りがあり結構ハード。

天気 曇り
風 微風

received_1665007266868863
Photo:Syunsuke FUKUMITSU 【レース前のアップ】
received_1665009023535354
Photo:Syunsuke FUKUMITSU 【レース前の談笑】
received_1665008656868724
Photo:Syunsuke FUKUMITSU 

今日は前半は動かずに、後半のアップダウンで勝負していく作戦。
前半のアタック合戦では集団の前方で様子を見ながら走る。
逃げが決まってからはチームで纏まって、リラックスして走る。

received_1665009336868656
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

今回のコースは、コースプロフィールにない登りが多数出てくると聞いていたから、何もない時でもなるべく前に位置取る。
レース後半は、勾配が15%以上の登りが出るので健児さんと連携して前でレースを展開。
何度かある登りもしっかり前で入れたので特に問題もなくクリア。
レースも終盤。
周回コースへ向けてペースは上がり、それと共に位置取りが激しくなる。
前日のミーティングで、周回コースへは前で入れないとそれだけでレースが終わると聞いていて、僕自身も最終局面で勝負するつもりだったので、周りの選手とぶつかりながら位置取りをする。
集団前方から若干後ろの悪くは無い位置にいれはしたけど、ここは選手同士がかなり接近している危険地帯。
各チーム、各選手がここを狙って位置取りをしていて、その位置を守るためにトレインを組んだり、体をぶつけたりしている。
リスクを承知で僕もその位置で前に上がって行ったが、街中の左コーナーで落車。避けて、前に合流。
そして、周回コース入る少し前の激坂区間手前でまた落車、、
ギリギリ避けて前を追い何とか追い付くが位置をかなり下げてしまった。
で、、また落車。。。
その前の落車に一緒に巻き込まれて焦っていたのか、溝に車輪を取られて転けた。目の前の落車で完全に足止めをくらい、直ぐに前を追っかけるが結構離れている。更に横風で集団は一列棒状になっているのが見える。
この落車で遅れた何人かと前を追っかけますが見えているのに全く追い付けず、更には見えなくなってしまったのでここで終了。
このグルペットで残りを消化してゴール。

received_1665007306868859
Photo:Syunsuke FUKUMITSU 【グルペット】
received_1665007726868817
Photo:Syunsuke FUKUMITSU 【グルペット】
received_1665007806868809
Photo:Syunsuke FUKUMITSU 【ゴール】

言い訳みたいになってしまうんですが、落車に巻き込まれて集団から遅れたグループでゴールとなりました。
その位置にいてしまった事が一番の反省点です。あそこより前にいないと勝負できないです。あの場面で足を使ってしまうのにビビって先頭まで出る事ができませんでした。

今回でタイム差がついてしまったので、明日はこれまで以上に積極的に動いていきます。

明日は今日以上に激しいアップダウンと登りが登場。
ここまで良い所がないKINAN。逃げてアピールしたいです。