Tour de siak st2

今日もセントジョージに勝たれてしまった…
残り65kmくらいで抜け出したセントジョージの選手とセブンイレブンの選手の2人逃げが決まり、残り30km程でセブンイレブンの選手が降って来て、単独逃げで勝たれた(´Д`)

received_543682499423319
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【巨大なトカゲ🦎を目撃して興奮してる様子】
received_242507279759259
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_342665553136713
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【アスリチューン】
received_2125913147674828
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【スタート5分前】
received_548060522302718
Photo:Syunsuke FUKUMITSU【スタート】



今日は総合を上げる為に中間スプリントを狙うのとやはり逃げてあわよくばを狙う。
このレースは2クラスなので総合のUCIポイントは10位まで。
タイム差はまだ接戦なので逆転はできる。

例によってアタック合戦。
我々も逃げを狙って動くがやはり決まらない。
何よりセントジョージのコントロールが強い。
逃がす気ないんじゃないのか?というくらい回収してくる。
一旦落ち着いて様子をみると、俺らマークされてる??
後ろから元喜さん、サルバとかの動きをみてるとかならずセントジョージも動いているように見えた。
確かにアタックした時後ろにセントジョージいる率高かったような…
俺らマークする意味あるか??
と気のせいかな~とも思いつつもアタック合戦は続く。

狙っていたスプリントポイントは55km地点。
この前に2人の逃げを許してしまう。
ここにセントジョージの選手もいて、そのままいってしまう。
スプリントポイント3位争いでは雨のコーナーを攻めきれずに着には絡めない。

一旦集団は落ち着く。

サルバが「一緒にアタックするぞ」というからサルバと共に抜け出す。
一旦離れるもセントジョージの猛追によって一瞬で吸収。。笑
そのカウンターで、トマとトレンガヌの選手かな?がアタックしてそのまま見えなくなる。
しかしそれもしばらくして吸収。
サルバが「ユウダイアタック!」というので、抜け出しを試みる。
しばらくかなり踏んでみるも、セントジョージのコントロールによって集団が離れる気配はゼロ。
追走で誰か追い付いて来るのを期待するがそれもないので集団に戻る。

この時に逃げていたセブンイレブンの選手も回収。

多分、残り30kmくらいかな?
前はまたセントジョージの選手。

マジか…

そして残り20kmくらいから再びアタック合戦が始まる。
とりあえず待ちで、良さそうなタイミングを探す。
ラスト10kmを切ってから自らアタックして、4名で先行する。
お!集団離れてる!
と残りの事を考えず踏みまくる。

…残り7km程を残した吸収。
一瞬だった。。

ここで一旦キツくなってしまい、集団での位置をだいぶ下げてしまう。
集団は活性化してペースは上がる。
残り2km。
やばい。前に行けない。

残り1km。

残り500m。
横から一気に上がる。

残り200m。
先頭付近までこれたが、足がない。笑

で、全くスプリントできずにゴール。

何とかスプリントに参加しようともがきましたがダメでした。


received_308947353214685
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

昨日、今日とかなり苦戦していますが、チャンスを手繰り寄せるために明日ももがきます。

Tour de siak st1

今日は惨敗。
ST.Georgeが強すぎた。

received_2379250808969247
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_242336103291984
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

第一ステージは平坦。
第一ステージはというか、明日も明後日も明明後日も平坦なんですけれどね。
なかなかみないコースプロフィールですよ笑↓↓↓
20180918_201600
め~ちゃ長い直線。
直線区間は片道20kmくらい。往復40km+グネグネしてる所の10kmくらいで1周51.7km。
総距離155kmのステージ。

received_2165665560426691
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_477916286024715
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

スタートからしばらくは良かった。
散発するアタックに反応してKINANが乗れていない状況は作らないで進められていた。
しかしなかなか決まらない。決まりそうと思っても一列棒状で追い付いてくる。

スタートから感じてはいましたが、セントジョージの選手が絶妙にコントロールしてくる。
更に、彼らのアタックは強烈。
一度先行すれば、追い付くのになかなか苦労する。
この繰り返しでしたが、何回目かの少し抜け出してる時にセントジョージの選手が一人先行。
足を使っていたので直ぐには反応できず、ワンテンポ遅れてアタックして追う。
が、あと少しで追い付くって時に後ろを確認するとかなりついてきていたので、先頭を交代。
すると一斉に止める。。何故⁉️
このレースはこれが多い…
アタックにはついてくるくせに、先頭にはでずに逃げを止める。。
自分がキツかったのもあり、詰めきれなかったのもいけないんですがね。

ここで一旦下がってしまう。
次前を見ると、セントジョージが2人で逃げてる。
元喜さんが追走いってるけど厳しそう。
で、あれよあれよと離れて行き、あっという間にタイム差は2分。

その間もアタックはかかってましたが、集団に残っているセントジョージの選手達に抑えられる。

トマさんに話を聞くと、「サルバさんと元喜さんと自分で総合狙ってスプリントして」と。
トマさんはローテーションしにいく。
追っかけてる時のスピードは47~50km。
後ろについててもしんどいかなりのハイペース。
しかし、、タイム差は一向に2分を切らない。
なんだこれ!?!?

前は2人だぞ…?
そのまま2時間は経過。
タイム差は2分30秒。。

前の2人めちゃめちゃ速い。

集団では少しずつローテを回す要員がいなくなり、ラスト20kmを切るあたりでは集団もセントジョージが引く形に。。

サルバさんが来て、「最後の橋の登りでアタックするから元喜とスプリントして」といってきたので了解と伝える。
が、その橋へ向けてペースが上がってる。
これは余計なアタックをさせないためにペースを上げているのかと思っていたら、セントジョージがそのままアタック。

!?!?!?

僕は完全に気を抜いていました。
ここは元喜さんに本当に申し訳ない。
サルバさんがアタックするというのに頭がいっていたのと、まさか引いているセントジョージがアタックしてくるとは思ってもいなかったので反応にラグが生じ、少し遅れて追っかける。元喜さんはピッタリ着いていますが、自分は1車身ほど空けてしまい付ききれない。
なんとか粘って付こうとしますが、登りきってからの下りで一気に離される。

元喜さんは前で走っていましたが、若干遅れてそのまま吸収。
自分は後続にくっついて前を追うも届かず、6位集団でスプリント。
サルバさんが、残り1kmの所まで先頭で連れていってくれましたが、ゴールまでは少し遠く、埋もれてスプリント。。

received_934505570081413
Photo:Syunsuke FUKUMITSU
received_868177896720268
Photo:Syunsuke FUKUMITSU

明日また頑張ります。

初上陸。inインドネシア🇮🇩

24時間を越える移動を終え、昨夜インドネシアに入りました。
20180916_125548



初上陸です。

インドネシア。
ここでのレースを経験した事がある選手に話を聞くと、確実に言われるのが「飯に気を付けろ」
アジアでのレース経験は、昨年のカザフスタン🇰🇿、イラン🇮🇷、そして今年の始めの方にあったスリランカ🇱🇰です。
どの国も食に関して驚異を感じていませんでしたが、だいゆー史上初の食あたりをカザフスタンで経験して苦しんだのも記憶に新しいです。
しかして、この国インドネシアはそれを越える過酷さなようで。
お腹は強い方だと思ってはいますが、一度知ってしまった苦い想い出はなかなか拭い去れるものではなく、できれば経験したくない。

嬉しい事に?チームにとってはそれこそ苦い想い出だったでしょうが、インドネシアで選手が倒れていった経験があるらしく、その辺の対策はしっかりしてくれていて、今の所問題無く過ごせています。


さて、明日から始まるTour de siak。
UCIレースとしては初開催のようです。
今日はスタートゴール地点でのチーム紹介へ参加してきました。
received_1840263649373329

そのまま2hほど汗をかいて明日に備えました~👍

走りに行ったのはコースではないですけれど、かなり悪路でした笑
穴ばっか!
この感じだとレースで使うコースも要注意ですね。ただ塗装が剥がれてるだけかと思ったら結構深い穴だったり。ブラインドホールです。
集団にいたら見えないよ~
気を付けます。

ツールドシアックは全4ステージのステージレースですが、全ステージフラット。+すごく大回りな周回。
チャンスは沢山あると思うので、チャレンジしていきますよ➰‼️

頑張ります💪


20180916_142926
20180916_143859
インドネシア上陸後初の食事は吉野やでした笑